お悩み

退職代行を利用して後悔することはある?注意点やポイントあり

退職代行サービスを利用することで、上司や職場の人と顔を合わせず退職が可能ですし、言い出しにくい場合でも退職が可能なので、利用を考えている人も多いでしょう。

退職を考えている人にとって退職代行サービスは非常にありがたいものですが、退職代行を実際に使った人がどう感じているのか気になりますよね。

なので、今回は実際に退職代行を利用して後悔している人の例や、退職代行を使って後悔しなかった人の例をご紹介していきます。

どんな人が退職代行を使って後悔しているのか、後悔しない人と何が違うのかなどが分かるため、退職代行を使うか迷っている人は参考にしてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標。自身の退職時の経験から退職希望者の悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

退職代行を利用して後悔する例

早速、退職代行を実際に使って後悔しているという例をご紹介していきます。

罪悪感や後ろめたさが残る

上記の人は、退職代行サービスを利用して退職したものの、罪悪感に苛まれているようです。こちらの人は会社に対しての不満はあったものの、良くしてくれていた上司か同僚がいたようなので罪悪感があると考えられます。

退職代行サービスを利用して退職する場合、上司や同僚と顔を合わすことなく退職が可能なため、良くしてくれていた人がいる場合は罪悪感を感じることがあります。

高額な費用がかかり退職できなかった

上記の人は、退職代行サービスを利用して退職しようと思ったものの、詐欺会社に騙されてしまって退職ができなかった人を知っているようです。退職代行業者は数も増えてきていて、信頼できる業者を見つけにくくなっています。

詐欺業者の場合は、退職もできませんし、お金だけが無駄にかかってしまうことになります。また、退職だけを伝えている可能性もあり、気まずい空気になったり、無駄に会社側に怒られるため業者選びは慎重に行いましょう。

業者選びに失敗した

上記の人は、会社の後輩が退職代行サービスを利用したものの、出社させられてきたようです。交渉などができない退職代行業者の場合は、このようなケースも考えられます。

退職代行サービスには、一般企業が運営するもの、弁護士や労働組合法人が運営するものとあり、それぞれできることが変わってきます。弁護士や労働組合法人が運営する退職代行サービスの方ができることが多いため、できるだけこれらを選びましょう。

退職代行を利用して後悔していない人の例

ここからは、先ほどとは反対に退職代行を利用して、後悔していない人の例をご紹介していきます。

精神的な負担がなかった

上記の人は退職代行を利用するか迷っていたものの、依頼して良かったと納得しているようです。特に会社側や上司側に何度も退職希望を伝えているのにも関わらず、話が進まないときなどは退職代行を使うとスムーズに進みます。

何度も会社側や上司などと話すことになると、精神的に追い詰められることも多く、自分が悪いのではないかと思わされてしまうこともあるため、なかなか辞めさせてくれない職場の場合は退職代行を使った方がスムーズに進むでしょう。

円満に退職できた

上記の人は、退職代行サービスを利用して円満に退職できたようです。退職代行サービスを利用して退職する場合は、会社側が引き止めてくることなどもほとんどないため、円満に辞められることがほとんどです。

言い出せない雰囲気だったけど簡単に辞められた

上記の人は、職場の雰囲気的に退職を言い出せなかったものの、退職代行サービスを利用したら簡単に退職できたようです。職場によっては、退職したいと言ってしまうと、退職時までパワハラを受けたり雑な扱いをされることがあります。

退職代行サービスを利用して、すぐに退職することで嫌な雰囲気のまま働かなくて済むため、職場によっては退職代行サービスを利用したほうが良い気分で辞められるでしょう。

退職代行を利用して後悔しないための業者選び

ここからは退職代行を利用して後悔しないための業者選びについて説明していきます。退職代行の利用を考えている人や、退職時に後悔したくない人は参考にしてください。

弁護士や労働組合が運営する退職代行業者を選ぶ

退職代行を利用して後悔した人の中に業者選びに失敗してしまったという人がいました。退職代行業者は、一般企業が運営、弁護士が運営、労働組合法人が運営する3つに分けられます。

この中で弁護士や労働組合が運営する退職代行業者であれば、有給取得や退職日の交渉などが行えるため、退職代行を考えている人はこれらから選びましょう。

具体的な説明は上記のページで行っているので一度ご確認ください。

利用料金が安すぎるときは注意する

退職代行業者の料金や費用の相場は、およそ3万~10万円程度です。この相場より安い退職代行業者の場合は、詐欺の可能性も考えられるため、できるだけ使わないようにしましょう。

退職代行業者が対応できる業務を確認する

退職代行業者によって対応できる業務や扱う業務内容は変わってくるため、事前に確認しておくことが大切です。例えば、書類の提出と退職の意思を伝えるだけの業者もありますし、会社側と交渉も行ってくれる業者もあります。

特に有給取得の交渉や退職日時の交渉などは、弁護士運営や労働組合法人が運営する退職代行業者でしか行えないため、確認を忘れないようにしましょう。

退職代行を利用して後悔しないための注意点

退職代行を利用するときには、以下の2点を忘れないようにしましょう。

打ち合わせで隠し事せずに伝える

退職代行業者の基本的な業務内容は、会社側に退職の意思を伝えるだけです。会社側がなぜ辞めたいのか、などを聞いてくることもあるため、事前に退職代行業者に理由も説明しておきましょう。

また、理由を説明するときに嘘をついてしまうと、話が食い違ってしまうこともあるため、隠し事をせずに伝えるようにしてください。

他にも引き継ぎや退職時に対応してもらいたいことなども、事前に相談しておくことでトラブルは避けられます。

会社への返却物や私物の整理は事前に行う

退職代行を使って、即日退職を希望している場合や、退職代行を使ってから会社に行きたくないという場合は、会社への返却物や私物の整理は事前に行っておきましょう。

会社への返却物は、退職代行業者によっては依頼可能ですが、私物の回収などは退職代行業者では難しいため、あらかじめ回収しておくことで退職後に会社に行く必要がなくなります。

後悔せずに退職代行は利用できる!

今回は退職代行を利用して後悔した例、退職代行を利用して後悔しなかった人の例などを説明してきました。退職代行を利用して後悔している人は、罪悪感や業者選びの失敗が原因でした。

業者選びの失敗は、弁護士運営や労働組合法人運営の退職代行業者を選ぶことで避けられるので、参考にしてください。罪悪感については、仲が良い人がいるのか、職場の雰囲気はどうなのかで変わるため、自分に当てはめて考えていきましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行JOBS

    退職代行JOBS
    退職代行Jobsは、顧問弁護士が適正・適法な指導を行う退職代行サービスなので、違法行為が一切なく安心!セラピストの無料カウンセリングや、退職時に利用できるテンプレートのプレゼントなど、手厚いサポートも魅力的です。