退職代行をもっと知る

会社をバックレるくらいなら退職代行を使おう!リスクや費用の違いを解説!

バックレるくらいなら退職代行!

会社によっては、中々辞められずにバックレ(逃げ出す)ることを考える人が多いと思います。「上司に言っても中々辞めさせてくれない」といった問題のある会社は非常に多いです。

ですが、バックレることによる弊害は様々です。そんな時は退職代行を利用してみましょう!

この記事では、会社をバックレたときのリスクから、退職代行の特徴などをまとめていきます。今すぐ会社を辞めたい人は、退職代行サービスを頼ってみるのもありかもしれませんよ。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

「会社をバックレ」と「退職代行」を使った時の違い

退職代行バックレ
懲戒解雇ほとんどないほとんどない
有給消化可能不可能
身元保証人への連絡ない可能性が高い
上司との会話必要ない必要ない
社会保険の手続き可能不可能
離職票の発行可能不可能
費用3万~10万円0円

退職代行を使って退職したとき、バックレて退職したときの違いが上記の表になります。バックレて退職した場合は、懲戒解雇の可能性や社会保険や離職票の発行が不可能など、非常にリスクが高いです。

反対に退職代行を使って退職した場合は、費用が3万~10万円程度かかってしまいますが、リスクがほとんどなく退職できます。

また、退職代行を利用した場合でも、上司との会話はありませんし職場に行く必要もないため、バックレより退職代行を利用して辞めることをおすすめします。

会社をバックレた時の危険性

もし会社をバックレた際の危険性など最悪な事態の例をあげてみました。もう会社と関わりたくないのに、普通に辞めるよりもやり取りが増えたり、より面倒くさいことになったりするので、会社をバックレることはあまりおすすめではありません。

  • 有給休暇や退職金交渉が難しい
  • 離職票が発行されない
  • 社会保険の手続きができない
  • 親族へ連絡される
  • 家や実家に上司が来る

有給・退職金が貰えない

有給休暇の消化は基本的に申告制のため、バックレてしまった場合は消化できません。また、バックレた後に有給を消化して欲しいなどの交渉も不可能です。

他にも退職金がもらえる条件が整っていたのに、バックレてしまうことで退職金が減額や不支給になることもあります。バックレた後に退職金について交渉することは難しいため、退職金が貰える場合はバックレることはあまりおすすめできません。

離職票が発行されない

退職時には離職票が発行されますが、バックレた場合は退職届を出していないため離職票は発行されません。また、離職票に記入された退職日から起算して失業保険の算定期間は定められますが、そもそも離職票がないため失業保険の手続きも不可能です。

離職票が発行されないと失業保険すら受けられなくなるため、次の仕事が見つかっていないという場合にはリスクが高くなってしまいます。

社会保険の手続きができない

退職日が分からない場合は、社会保険の喪失手続きも行えません。社会保険は会社と個人が折半していることが多く、喪失手続きを行わないと保険料の支払いが必要です。

社会保険はバックレて2週間が経過すると、人事部が解除する権限が生じるため会社の方で外す手配をしてくれますが、きっちり2週間後に手配するのか分からないため、できるだけバックレずに退職代行サービスを使うなど別の手段を考えましょう!

家族へ連絡される

会社側に何も伝えずバックレた場合は、身元保証人の家族に連絡が行くため、家族に迷惑が掛かってしまいます。会社をバックレるほど追い込まれていた場合、親に相談することはないので、とても心配されることになります。

それに加えて、携帯への連絡が会社だけでなく、親からも連絡が来てしまうので着信が止まらなくなります。いつ連絡すべきかなど、ズルズルと引きづることになるので、なるだけバックレることはしないようにしたいです。

家や実家に上司が来る

いつまでも連絡が取れないと、家や実家など関係のある場所へ上司が訪問することもあります。自分の家だけでなく、実家や親の勤め先や祖父母の家に来ることもありえます。

会社側に自分の情報をある程度提出しているとこういったことが起こるので、身内の人にも心配される上に迷惑もかけてしまいます。

追い込まれてバックレたい気持ちもなりますが、最後まで上司に色々言われて辞めるのは避けたいです。

会社をバックレるくらいなら退職代行を頼もう!

退職への一歩を踏み出そう!

会社を不当に辞めると、様々なリスクや弊害が発生します。会社に行くのが辛すぎてバックレたいほど、追い詰められていたら、退職代行サービスを使って会社を辞めてみましょう!

退職代行サービスでは、あなたの代わりに会社へ退職の旨を伝えてくれます。嫌いな上司とのやり取りもする必要がなく、頼んだその瞬間に、会社と連絡を取ることもせずに辞めることが可能です。

退職代行を選ぶ際の注意点

いざ退職代行を使ってみよう!と思っても、意外と会社はたくさんあります。どう選べばいいのか?わかりません。

退職代行を利用する際はこれから説明する事項のみ注意して業者選びをしてみましょう。

退職代行サービスを使うなら労働組合法人運営がおすすめ!

退職代行サービスには以下の3つの種類があります。

  • 一般企業が運営
  • 弁護士が運営
  • 労働組合法人が運営

この中で、有給消化や退職金交渉などの行為が行えるものは、弁護士や労働組合法人が運営する退職代行サービスのみとなります。

一般企業が運営する退職代行サービスに交渉行為を依頼することは非弁行為に該当するため不可能です。

なので、退職時に有給消化や退職金の交渉などを行いたい場合は、弁護士や労働組合法人が運営する退職代行サービスに依頼しましょう。

バックレたいほど追い詰められたら退職代行を使おう!

今回はバックレて退職したとき、退職代行を利用して退職したときの違いについて説明してきました。どちらの方法で退職しても、上司に顔を合わせることはありませんし、職場に行く必要もありません。

ですが、バックレて退職した場合は懲戒解雇の可能性があったり、離職票が発行されない、社会保険の手続きができないなどのリスクがあります。退職代行を利用すれば、これらのリスクはありませんし、有給消化や退職金の交渉なども可能です。

同じ退職でもバックレは非常にリスクが高く、今後の就職活動などに影響することも考えられるため、バックレではなく退職代行を利用した退職をおすすめします。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事