お悩み

新卒で退職代行を使った例5選を紹介!転職に影響はある?

新卒で入社したての会社であっても、イメージ通りの業務内容ではなかったり、職場の人間関係がうまくいかず退職を考える人も多いでしょう。ですが、新卒の時期は辞めたいと思ってもなかなか上司に伝えづらいものです。

そんなときに利用したいものが退職代行サービスですが、新卒でも使えるのか、新卒で使って今後の転職に影響はあるのかなど分からないことも多いでしょう。

そこで今回は新卒でも退職代行サービスは利用できるのか、新卒で退職代行サービスを利用した人はどう感じているのか、新卒で退職代行サービスを使うリスクはあるのかなどを説明していきます。

新卒で退職代行サービスの利用を検討している人や、新卒で退職したいものの言い出せずに悩んでいる人は参考にしてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標。自身の退職時の経験から退職希望者の悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

新卒が退職代行を利用する主な原因

新卒が退職代行を利用する主な原因

新卒時に退職を検討する主な原因は以下の2つです。

  • 仕事内容が記載と違った
  • 人間関係が悪かった

どちらの場合も、立場の弱い新卒時にはどうしようもできない内容なので、退職を考える人が多いです。では一つずつ具体的に見ていきましょう。

仕事内容が記載と違った

会社説明会や募集要項に記載されていた条件と、実際の内容が違っていた場合は退職する理由になります。新卒時は、教育中ということもあり、会社側から引き止められることも多く、自分だけでは辞められず退職代行を利用する人が多いです。

仕事内容については新卒時や研修中はできなくても、今後できるようになることも考えられるので、先輩や上司などにいつやりたい仕事ができるようになるのか確認してみましょう。

事前に受けた説明と全く関係ない仕事をやらされていて、上司や先輩に聞いても答えてもらえないときや、給与や福利厚生、残業代などの条件が違う場合は退職代行を利用する人が多いです。

人間関係が悪かった

同僚にいじめに遭っている場合や、上司からパワハラを受けている場合など、会社での人間関係が悪いときは退職代行を利用する新卒者が多いです。

人間関係が悪く居心地が悪い場合は、退職を自分で伝えるといじめやパワハラが悪化することも多いため、退職代行を利用して誰にも顔を合わせずに退職したほうが精神的な負担が減らせます。

新卒で退職代行を使った5つの例

新卒で退職代行を使った5つの例

ここからは新卒で退職代行を使った人の例をご紹介していきます。新卒者が退職代行を利用してどう感じたのか、後悔しているところはあるのかなどが分かるので見ていきましょう。

次の仕事に前向きになれた

上記の人は退職代行サービスを利用して退職したおかげで前向きな気持ちを取り戻せたとツイートしています。

退職代行の利用を検討しているときは、知らずしらずのうちにストレスが溜まっていたり疲れが溜まっていることが多く、精神的に追い詰められていることがほとんどです。

こちらの人のように退職できただけで前向きさやポジティブさを取り戻せることも多いので、精神的に辛いと感じている人は退職代行を利用してでも退職することをおすすめします。

不安と後悔が大きかった

上記の人は転職先を決める前に退職代行を利用して退職したため、不安や情けなさが大きかったとツイートしています。

転職先が決まっていない状態での退職自体が不安やプレッシャーの原因になることもありますが、退職代行を利用しての退職だったため不安が大きくなってしまったと考えられます。

できるだけ不安やプレッシャーを軽減するために、退職代行を利用する前に転職先を決めておくということもおすすめです。

新卒でもスムーズに辞められた

上記の人は退職代行を利用してスムーズに公務員を退職したとツイートしています。

新卒時は退職したいと上司に伝えると「もう少し様子を見たら?」「まだ慣れていないだけだからもう少し頑張ってみない?」など引き止められるケースも多いです。

退職代行を利用して退職する場合は、このような引き止めにあうこともないため、スムーズに退職できます。引き止めなどに合わずに退職したい場合は、退職代行を利用することをおすすめします。

上司に言い出せなかったから利用した

上記の人は上司に退職したいと伝えられなかった、退職したいと伝えても時間がかかる状況だったため退職代行を利用したとツイートしています。

新卒時に限らず上司に退職を伝えにくい、伝えると怒られそうで心配だと悩んでしまう人も多いでしょう。退職代行では上司に顔を合わせる必要がないため、退職したいと伝えることがストレスだという人におすすめのサービスです。

また、退職代行を利用することですぐに退職ができるため、退職を伝えても先延ばしにされたり、退職までに数ヶ月かかるという状況での利用もおすすめです。

友人には言いにくいが今は毎日楽しくなった

上記の人はパワハラで悩んでいた職場を退職代行を利用して退職したとツイートしています。

退職できて現在は楽しく仕事を行えているそうですが、退職代行を利用したと友人には言えていないそうです。

退職代行を使うこと自体は違法でも悪いことでもありませんが、友人に利用したと伝えてどんな反応をされるのか分からないという心配はあります。あまり公にしにくい退職方法だと感じる人もいると覚えておきましょう。

新卒で退職代行を使うリスク

新卒で退職代行を使うリスク

ここからは新卒で退職代行を使うリスクがあるのか説明していきます。リスクがあるのか心配だという人は見ていきましょう。

退職代行を使うリスクはない

新卒で退職代行を使うリスクはありません。

  • 転職しにくくなることはない
  • 会社とトラブルになることはない

新卒で退職代行を使うときは、転職しにくくなるのではないか、会社と何らかのトラブルが起こるのではないかと思ってしまいますが、どちらも起こりません。

退職代行を利用して退職したことは、転職先に伝える必要はないので、転職先にバレることはありません。また、退職代行も個人情報を保護してくれるため、噂が広がるということもほとんどありません。

また、退職代行を利用したからと言って会社とトラブルに発展する可能性も少ないです。ただし、有給消化の交渉や未払いの残業代の支払い交渉などの、非弁行為を行った場合はトラブルに発生する可能性があります。

退職時に有給消化の交渉などを行いたいという場合は、一般企業の退職代行ではなく、弁護士運営や労働組合法人の退職代行を利用しましょう。

新卒でも退職代行は利用可能!

新卒でも退職代行は利用可能!

今回は新卒でも退職代行を利用できるのか、新卒で退職代行を利用した人はどう感じているのか、新卒で退職代行を利用するリスクはあるのかなどを説明してきました。

新卒時でも退職代行はリスクなく利用できるので安心してください。また、新卒で退職代行を利用して退職した人も、ほとんどが満足していて新しい環境で前向きに生活しています。

ただし、転職先が決まらずにプレッシャーになる、友人に伝えづらいと悩む人もいるため、あらかじめ転職先を決めたり友人に相談してみるなどの対応を取っていきましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行JOBS

    退職代行JOBS
    退職代行Jobsは、顧問弁護士が適正・適法な指導を行う退職代行サービスなので、違法行為が一切なく安心!セラピストの無料カウンセリングや、退職時に利用できるテンプレートのプレゼントなど、手厚いサポートも魅力的です。