お悩み

退職代行の6つのリスク!安心して会社を辞める方法

退職代行で考えられるリスクとは

「会社を今すぐ辞めたい」
「会社を辞めたいけれど上司と話したくない」

現代社会において上記のような悩みを抱えている人は非常に多いです。そこで頼りたいのが退職代行サービスです。なかなか会社を辞められない人にとっては頼みの綱といえます。

ただし、退職代行の利用は何の問題もないのか不安なこともあります。本記事をお読みのみなさんも、同じ不安から退職代行のリスクを調べているのではないでしょうか。

本記事では退職代行を使うリスクについて具体的にお伝えします。安心して会社を辞める方法も解説しますので、参考にしてみてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

退職代行で考えられるリスクとは

退職代行には大小含めて複数のリスクが存在します。具体的な内容は以下のとおりです。

会社が直接連絡してくる

退職代行のリスクとしてよくあるのは、利用後に会社が直接連絡してくるケースです。会社と接触しないために退職代行を利用しているのに、後になって連絡が来るのは困ります。「連絡を無視する」という手段もありますが、余計とストレスを感じる方も多いでしょう。

場合によっては、上司や同僚が自宅まで訪ねてくるケースもあります。とくに自宅から会社が近い場合は要注意です。会社の風土にもよりますが、「なぜ辞めるのか本人の口から聞きたい」という人が多い傾向にあります。

勤務している会社が退職代行の利用を認めないと、話がこじれるリスクが高いでしょう。

退職日などの交渉を持ちかけられる

退職代行を利用しても、会社から退職日の交渉を持ちかけられることがあります。退職代行を検討している人は、すぐにでも会社を辞めたいケースが多いでしょう。

しかし、会社の立場からすると、業務の引き継ぎが行えないことや、人手が足りなくなることを恐れて引き留めることがあります。その場合、民間の退職代行では対応が難しいです。結局、自分で会社と交渉するということになりかねません。

退職代行は万能なサービスではないと、覚えておく必要があります。

退職後の手続きに必要な書類が届かない

退職代行を利用して会社を辞めたとしても、離職票や年金手帳がスムーズに届かないことがあります。とくに離職票は失業手当の手続きに必要なものです。会社が迅速な対応を取らなければ、まともに手続きを進めることはできないでしょう。

もちろん催促することはできますが、会社がいつ対応してくれるかまではわかりません。仮に対応が遅いとなった場合は、退職代行ではなく管轄のハローワークに相談する必要があります。

会社を辞めることには成功しても、その後の手間が増える可能性がある点には気をつけたほうがいいでしょう。

損害賠償を請求される可能性

退職代行の利用によって業務に支障が出た場合は、会社から損害賠償を請求すると伝えられることがあります。実際は本当に請求される可能性は低いですが、万が一もあり得るため注意しましょう。

もちろん法律に沿って退職すれば、仮に訴えられても負けることはありません。ただし、退職までに長期の無断欠勤などを行って会社に実害が出ている場合は損害賠償が認められることがあります。

退職代行の利用に関わらず、社会人として常識から外れた行動は避けたほうがいいでしょう。

退職代行を依頼した業者が違法行為をする

退職代行のサービス内容自体が違法というトラブルもあります。民間業者は依頼者の代わりに「退職の意志を伝える」ことしか行えません。法的な業務を含むサービス内容を提供している場合、違法性が高いので注意してください。

たとえば、依頼者の代わりに退職日や退職金を交渉するといったサービスは違法の可能性があります。基本的に会社との交渉は弁護士、あるいは労働組合しか行えません。無資格者が依頼者の代わりに交渉を行って報酬を得るのは「非弁行為」と呼ばれ、違法業務になります。

違法な退職代行を利用すると、大きなトラブルに巻き込まれかねないので、注意が必要です。

地域によっては悪評を広められる

地域によっては退職代行を使ったことについて悪く噂される可能性があります。退職代行はまだ一般的な退職方法とはいえず、利用することに偏見を持つ人が少なくありません。利用したことが周囲に広まり、地域によっては噂が原因で、後の転職活動に影響が出る可能性もあるでしょう。

とくにコミュニティが狭い地方在住者は要注意です。地方では入った会社に親族や知人がいることも多く、目立った行動はすぐに広まります。尾ひれがついて、想定外の噂が広まるリスクがあります。

退職代行のリスクを減らすためには

退職代行のリスクを減らすためには

退職代行のリスクをお伝えしましたが、対策次第ではリスクを大きく下げることができます。退職代行の利用を検討している人は、以下の内容をチェックしてみてください。

退職のタイミングを考える

まずは退職のタイミングについて考えてみましょう。会社が閑散期、現状は重要な業務に従事していないといった場合はスムーズに退職できる可能性があります。反対に自分が辞めることで業務に影響が出る場合は、先に述べたリスクが高まるでしょう。

たとえば、自分が責任者のプロジェクトがある、引き継ぎが必要な業務を行っているなどのケースです。法的には退職日より2週間前に申請すれば退職が可能となっています。

ただし、現状の業務内容によっては会社から2週間後に辞められては困るといわれることもあるでしょう。もちろん会社が従業員の退職日を引き延ばすことはできませんが、大きなトラブルの種となります。

事情によって今すぐ会社を辞めたい人も多いと思いますが、可能な限り退職日は調整するのが無難です。

依頼する業者の情報をよく調べる

退職代行でのリスクを減らすためには、依頼先のサービスについて詳しく調べることも大事です。以下は事前に確認しておきたいポイントになります。

  • サービス内容・料金が明確
  • 違法性はないか
  • 返金保証はあるか

まず、サービス内容と料金が公式サイトにしっかり明記されているか確認しましょう。民間の退職代行は先述したように「依頼者の代わりに退職の意志を伝えること」しか行えませんので、違法性はないかも確認します。

ただし、なかには例外もありますので、後述する「労働組合が運営する退職代行を使う」に目を通してみてください。

安心して会社を辞めるための方法

安心して会社を辞めるための方法

最終的な目的は、退職代行の利用ではなく、できるだけ気分良くスムーズに会社を辞めることかと思います。安心して会社を辞める方法は退職代行のみとは限りません。詳しくは以下を参考にしてみてください。

会社とのトラブルがなければ自分で退職手続き

会社との間に大きなトラブルがない場合は、自分で退職手続きを行うのもおすすめです。退職代行に依頼する手間もなく、会社からも退職日までの有休消化が認められやすくなるでしょう。

他にやりたいことがある、家庭の事情で辞めざるを得なくなったなど、退職理由が会社と関係ないのであれば、自分で退職手続きを行ったほうが金銭面においても安心です。理解がある会社なら円満退職としてエールを送ってもらえるケースも多いでしょう。

退職代行には少なくともリスクがあります。「退職手続きが面倒」という理由だけで利用するのは、できるだけ控えるのが無難です。

労働組合が運営する退職代行を使う

事情により退職代行を利用せざる負えない人は、労働組合が運営する退職代行がおすすめです。民間企業は会社との交渉ができないうえに、弁護士への依頼となると金銭面での負担が大きい傾向があります。

それぞれと比較すると、労働組合は比較的に利用しやすく安心できる存在だと言えるでしょう。

また、会社の雰囲気から退職日の交渉を受ける可能性が高いと感じている場合は、直接交渉の味方になる人物が少なく辛い状況になりがちです。

気になる

精神的に余裕がない人は、労働組合が運営する退職代行に相談してみてください。具体的な依頼先については、以下の記事で詳しく紹介していますので、目を通してみてください。

訴訟問題などがあれば弁護士に相談

会社相手に訴訟を行いたい、会社から損害賠償を請求されているという人は弁護士に相談したほうがいいでしょう。法的トラブルは、やはり法の専門家でなければ対処は困難です。

たとえば、パワハラやセクハラを受けている、残業代を払ってもらえないなど。こうした会社の違法性にたいしては、弁護士を代理人にすることで的確に指摘できます。

会社を辞めるだけでは済まない法的トラブルは、弁護士に相談してください。弁護士に関する詳細は以下でご紹介しています。

リスクを考えて自分にあった方法で辞職しよう

退職代行のリスクについてお伝えしました。退職代行は自ら退職手続きをしなくてもいい反面、大きなトラブルになる可能性も抱えています。

スムーズに安心して会社を辞めたいと考えている人は、あらゆるリスクを想定して退職方法を決める必要があるでしょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事