お悩み

退職代行利用後に会社から電話が来たら無視がおすすめ!理由も解説

「退職代行を利用後は、会社からの電話を取りたくない」と、考える方も多いと思います。電話がかかってくるのかどうかが分からない不安な日々を過ごすのは、想像以上にストレスです。

そこで今回は、退職代行を利用した後に会社から電話がかかってくることはあるのか、電話がかかってきたときの対応方法、電話がかかってこないようにする対策方法などを説明していきます。

電話がかかってくることが心配で退職代行の利用を迷っているという人は、悩みが解決できるのでぜひご覧ください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標。自身の退職時の経験から退職希望者の悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

退職代行を利用しても会社から電話がくる?

まずは、退職代行を利用して会社から電話がくるのか説明していきます。

電話がくる可能性はある

依頼者の代わりに退職代行サービスが会社へ退職の意志を伝えた後、会社が依頼者本人に電話してくる可能性はあります。

退職代行サービスの知名度が向上してきたのは、ここ数年の出来事のため会社側もイマイチどんなサービスなのか把握していないことも多いです。

そのため、本当に依頼者が退職代行サービスに依頼したのか確認するために、電話してくることがあります。

実際に電話する会社は少ない

会社が依頼者に電話してくる可能性はありますが、実際に電話をかけてくる会社は非常に少ないです。

  • 会社の利益にならない
  • 引き止めても無意味

上記が電話をかけてこない理由の2つになります。

電話をかけたところで、依頼者が退職を撤回することはほとんどありませんし、無駄な時間や労力がかかるだけです。なので、会社が電話をかけてくることはほとんどありません。

なぜ会社は電話をかけてくるの?

ここからは、退職代行サービスに依頼して退職の意志を伝えたのにもかかわらず、会社が電話をかけてくる理由を説明していきます。

  • 本人の声で事実確認がしたいから
  • 優秀な人材を手放したくないから
  • 不満を少しでも晴らしたいから

会社がわざわざ電話をかけてくる理由は上記の3つが考えられます。では一つずつ見ていきましょう。

本人の声で事実確認がしたいから

いきなり退職代行サービスから、「依頼者が退職したいと言っている」と聞かされても、信じられない会社が多いです。

退職代行サービスの会社名などを名乗っても信用できないことも多く、本当に退職代行サービスを利用したのか確認するために、電話をかけてきます。

また、何かの事件に巻き込まれた可能性や本人を心配して電話をかけてくることもあります。悪意はなく心配してかけてくれる上司がいるということも覚えておきましょう。

優秀な人材を手放したくないから

優秀な人材だったからこそ「会社を退職されたら困る」と考え、上司が引き止めの電話をかけてくることがあります。

退職代行サービスを利用する前に、上司へ相談した際に引き止められたことがある場合は、再度引き止めるための電話をしてくることも多いです。

不満を少しでも晴らしたいから

退職代行サービスで退職した姿勢に腹を立て、上司が少しでも不満を晴らそうと電話をかけてくることがあります。

「恥をかかされた」と感じる上司や「忙しい時期に辞めるのは非常識だ」などと考えた上司が電話をかけてくるため、電話を取ると怒鳴られることも多いでしょう。

会社からの電話は無視しても平気?

退職代行サービス利用後にかかってくる会社からの電話は、無視しても問題ありません。電話を取らず放置しても良いですし、そのまま切ってしまっても大丈夫です。

ただし、何らかの要件があって電話をかけてきた可能性も考えられますので、基本的に会社から電話がかかってきた事実は退職代行サービスのスタッフに伝えておきましょう。

退職代行サービスに伝えると、スタッフが会社に折り返しの電話かけて、どんな要件だったのかを確認してもらえます。

電話がかかってくる不安を和らげる対策

ここからは、会社から電話がかかってきたときの不安を和らげる方法を説明していきます。下記の内容を事前に知っておくと、電話がかかってくる可能性も減らせるので参考にしてみてください。

会社を辞めるとき

まずは、電話がかかってくる不安を『会社を辞める段階』で和らげる方法を説明していきます。

  • 退職願を出す
  • 事前伝言を残す

上記2つの詳しい内容を一つずつ見ていきましょう。

退職願を出す

会社側が本人の意思を確認したい、本人を心配しているだけの場合は、直筆の退職願を送っておきましょう。

退職願は郵送で問題ありませんが、退職したい理由はできるだけ詳しく書いておきましょう。一身上の都合と書いてしまうと、直接話す可能性が出るため注意してください。

事前伝言を残す

会社に仲の良い同僚や後輩がいる場合は、彼らに上司への伝言を残しておくこともおすすめです。

退職代行サービスを利用して退職することや、会社とは連絡を取りたくないことを伝えてもらうことで、電話がかかってくる可能性を減らせます。

会社を辞めたあと

次は電話がかかってくる不安を『会社を辞めたあと』に和らげる方法を説明していきます。

  • 着信拒否を設定する
  • 退職代行業者に相談する
  • 法的措置を検討する

上記の内容を詳しく見て行きましょう。

着信拒否を設定する

「何度も繰り返し電話をかけてくる」「一度でも電話が鳴ってほしくない」という場合は、会社の電話番号を着信拒否に設定して対処しましょう。

会社からの電話をストレスに感じる人や、恐怖心を感じる人は事前に着信拒否を入れておくと精神的な負担が和らぎます。着信拒否ではなく『電話番号を変える』といった方法をとっても構いません。

退職代行業者に相談する

会社から電話が何度もかかってくる場合は退職代行業者に相談しましょう。自分の代わりに「電話をかけないで欲しい」と会社に伝えてもらってください。

退職代行業者から代わりに伝えてもらうと、高い確率で会社からの電話が鳴りやみます。

法的措置を検討する

最終的には『法的措置』も検討してみましょう。

ただし、法的措置を検討する場合は弁護士に相談する必要があるため、費用がさらに発生します。余程のことがない限りは、安易に依頼しないよう注意することも大切です。

退職代行は会社の人と会話したくない人におすすめ

ここまで、退職代行サービスの利用後に会社から電話が来たときの対応方法や、電話を取る必要があるのかなどを説明してきました。

退職代行サービスは、会社側と一切やり取りする必要なく、スムーズに退職できるサービスです。

どうしても会社の人と顔を合わせたくない人や、会話もしたくないという人におすすめできます。

退職代行が代わりに電話してくれる

退職代行を利用することで、退職の意思はスタッフが代わりに伝えてくれます。会社の人と話すことなく手続きが進み、意思を伝えてもらった後は退職届を郵送するだけで退職が可能です。

会社からの電話は無視できる

退職代行サービスの利用後に会社から電話がかかってきても、電話に出る必要はありません。郵送や退職代行サービスを介したやり取りをするだけなので、直接会社と話す可能性は低いと覚えておきましょう。

退職代行利用後に会社から電話が来ても無視しよう

今回は退職代行サービスを利用した後に電話がかかってくるのか、電話がかかってきたときの対応方法、かかってこないようにする対策方法などを説明してきました。

退職代行を使った後に電話をかけてくる可能性はありますが、事前に退職代行サービスに「電話をかけてこないように伝えて欲しい」と依頼するだけで、かかってくる可能性は減らせます。

また、退職代行サービスに頼んだのにもかかわらず、電話がかかってきた場合は電話を取らずにスタッフに相談するだけで問題ありません。

電話がかかってきた場合は、すべて無視してしまって問題ないので安心して退職代行サービスを利用してください。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行EXIT

    退職代行EXIT
    退職代行企業の先駆けとなった、パイオニア的な退職代行サービス。数千件の実績で1度も退職できなかったケースはないという実力派!