退職代行をもっと知る

退職代行業者は結局どこがいいの?【ポイントは”何を優先したいか”】

「退職代行業者が多すぎて、どこを選べばいいのか分からない」
「退職代行サービスの種類が多くて、特徴がよく分からない」
「自分の状況・環境に合った退職代行を選びたい」

本記事では、こういった疑問やお悩みを持つ方に、退職代行の選び方を解説しています。

退職代行サービスが世の中に浸透するにつれて、退職代行を扱う業者も増えてきており、特徴も様々です。自分が退職代行サービスに望むこと・優先していることを明確にして、自分に合った業者を選びましょう。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

退職代行業者の特徴と退職までの流れ

退職代行業者の特徴と退職までの流れ

自分に合った退職代行業者を選ぶためには、退職代行を扱う業者の特徴をつかむことが大事です。業者によって、対応の幅が異なります。

退職代行業者には3つの種類がある

退職代行を運営している業者は、下記3つの種類があります。

  • 一般企業が運営している退職代行業者
  • 労働組合が運営している退職代行業者
  • 弁護士が運営している退職代行業者

大きなポイントは「会社へ交渉できるかどうか」です。一般企業が運営している退職代行業者は会社側に対して、退職する旨の通達はできますが、交渉ができません。

一方で、労働組合または弁護士が運営している退職代行は交渉が可能です。退職代行を利用して退職するにあたり、会社と話がこじれることが想定される場合や、有給休暇の消化や残業代未払いの交渉をする場合は、労働組合または弁護士の運営する退職代行を選びましょう。

中でも労働組合が運営している退職代行業者は費用とサービスのバランスが良く、コスパに優れています。

退職代行利用時の退職までの流れ

退職代行利用時の退職までの流れ

退職代行を利用した際の大まかな流れがこちらです。業者への依頼前に、退職に関する自分の要望を伝えるなどの相談を経て、依頼するかどうかを決めます。

STEP1 相談
STEP2 依頼
STEP3 料金の支払い
STEP4 退職代行実施前の最終確認
STEP5 退職代行実施
STEP6 結果報告
STEP7 退職手続き開始
STEP8 退職届の発送、貸出品の返却
STEP9 私物、退職書類の受取り
STEP10 保険・年金・税金の手続き
STEP11 退職完了

依頼後に要望が増えた場合は、追加費用がかかる可能性があります。なるべく依頼前に優先事項や要望をまとめておくようにしましょう。

依頼から退職まで流れを徹底解説
【動画あり】退職代行サービスの流れを解説!退職後の手続きも徹底網羅 この記事では、退職代行サービスを使って会社を辞めるまでの流れを丁寧に解説していきます。これから利用を考えている方はぜひ参考にしてみてく...

何を優先するかで、おすすめの退職代行業者は変わる

何を優先するかで、おすすめの退職代行業者は変わる

退職代行業者にどんなサービスを求めるかによって、おすすめの退職代行業者は変わってきます。

退職代行業者の特徴を押さえずに選択してしまうと、後になって「その対応はできません」と断られる可能性があります。

即日退職がしたい

多くの退職代行業者では即日退職が可能と謳っています。退職を切り出したら、その日から出社しなくても大丈夫、というサービスです。ただし、有給休暇を全て消化してから退職したい方は、その限りではありません。

なるべく安く済ませたい

「コストをかけずに退職さえできればOK」という方は、コストの安い一般企業が運営する退職代行を利用すると良いでしょう。ただし、トラブルを避けるために、評価の少ない業者ではなく実績のある業者を選ぶことをおすすめします。

地域に特化した会社に依頼したい

住んでいる地域に特化した退職代行業者も存在しています。当サイトでは地域ごとにオススメの退職代行業者をまとめています。合わせてこちらの記事も参考にしてみてください。

迅速な対応をしてもらいたい

基本的に退職代行業者の多くは24時間受付を行っています。メールや電話だとやりとりしづらいという方は、LINE対応している業者がオススメです。既読確認もできるため、業者が内容を確認したかすぐに分かります。

確実に退職したい

業者を使って確実に退職したい、という方は「退職率100%」を謳っている退職代行業者に依頼しましょう。基本的にはどの退職代行業者も退職率100%です。

顔を合わせずに退職したい

会社の人と顔を合わせずに退職するには、会社の所有物の返却や、会社に置いてきた私物を回収する必要があります。郵送の段取りを取ってくれる退職代行業者を選ぶようにしましょう。なお、弁護士以外は保険の手続きや、書類の手続きの代行までは行うことができないので注意してください。

有給消化してから辞めたい

有給休暇を消化してから退職する場合は、会社側と交渉が必要になることがあります。基本的に会社側に有給消化を拒む権利はありませんが、労働組合運営か、弁護士運営の退職代行業者へ依頼をすることをおすすめします。

退職代行を使っても有給休暇・退職金請求出来るの?
退職代行サービスで有給取得や退職金請求が可能!ただし注意点もある 退職代行サービスを利用して辞めた場合でも、有給消化や退職金の受け取りは可能なのでしょうか。この記事では、退職代行サービスによる有給取得...

残業未払いやハラスメントで訴えたい

残業未払いの請求や、パワハラ・セクハラなどのハラスメントで訴えを考えている方は、弁護士運営の退職代行業者を選びましょう。別途費用が必要となりますので依頼時に相談するようにしてください。

派遣・アルバイトだけど退職代行を利用したい

正社員だけでなく、派遣・アルバイトでも退職代行を利用することができます。派遣・アルバイトの退職代行費用が割安になっている業者もありますので、選択肢に含めて考えると良いでしょう。

とりあえず相談だけ聞いてもらいたい

「退職代行を利用するか決めてないけど、相談はしてみたい」という方は、無料相談を受付している退職代行業者を選びましょう。「最終的に退職しない、という選択肢でもOK」というスタンスの業者もあります。

退職に失敗したときが心配

基本的には、退職率100%を謳っている業者がほとんどですが、「万が一、退職に失敗したらどうしよう」と心配の方は、返金保証サービスのある業者を選びましょう。結果として退職できなかった場合、退職代行にかかった費用が返金されます。

退職したあとの転職活動が心配

「退職後の転職活動がうまくいくか心配」という方は、転職支援制度を扱っている退職代行業者を選ぶと良いでしょう。転職支援を利用して転職が成功した場合、退職代行にかかった費用が返ってくる、というサービスもあります。

失敗しない退職代行の選び方・注意点

失敗しない退職代行の選び方・注意点

「退職代行を利用したけど、こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しないように、失敗しない退職代行の選び方・注意点について押さえておきましょう。

一般企業運営は、会社に対して交渉ができない

交渉ができる退職代行業者は、労働組合運営または弁護士運営のみです。一般企業が運営している退職代行業者は「非弁行為」にあたり、交渉することができません。「退職はできたけど、その他の交渉はできませんでした」という結果になる可能性があるので、交渉ごとがある場合、一般企業運営の業者は避けましょう。

在職中の悪質な義務違反までは対応できない

在職中に、悪質な義務違反や横領に近いようなことをしていた場合、会社から訴えられる可能性があります。退職代行業者は、義務違反や横領といった事に対して対応はできません。ちなみに、「退職代行業者を利用したこと」自体で訴えられることはありません。

一般企業の「弁護士監修」は交渉できない

交渉を行うことができない一般企業運営の退職代行業者ですが、弁護士が監修している場合があります。安心感・信頼度は上がりますが、あくまで「監修」です。一般企業が交渉することはできないので、勘違いしないようにしましょう。

コストの安さだけで選ぶのは危険

「退職するだけだし、コストは安い方が良い」と考えてしまう気持ちは分かりますが、現在退職代行業者は無数にあり、コストの安さだけで業者を選ぶのは危険です。最悪の場合、詐欺などに遭う可能性がありますので、コストのみで決めるのはやめましょう。

優先別のおすすめ退職代行業者

優先別のおすすめ退職代行業者

自分の中で退職の際に優先したい項目がまとまったら、その優先事項を叶えてくれる退職代行業者を選定していきましょう。項目ごとにおすすめする業者をまとめています。

退職金・有給の交渉を優先

退職金の支払いを要求したり、有給休暇の消化の交渉することを優先する場合、労働組合運営または弁護士運営の業者を利用するようにしましょう。「利用後に要望が増えてしまい、費用がかさんでしまった」ということが無いように、事前に相談をしておきましょう。

▼退職金・有給の交渉を優先した場合におすすめ!
1位:ガーディアン
2位:SARABA
3位:清水法律事務所

コストの安さを優先

「とにかく安い費用で退職したい!」という方向けに、コストの安さを売りにした退職代行業者をまとめています。コストが安くなるキャンペーンを行っていることもあるので、都度内容をチェックしましょう。

▼コストの安さを優先した場合におすすめ!
1位:リスタート
2位:男の退職代行
3位:退職代行わたしNEXT

ハラスメント・残業代の未払い請求も検討

「セクハラで苦しめられた、度重なるパワハラで体調を崩したので訴えたい」「残業したのに残業代が支払われなかった、休日出勤の給料が支払われなかったので支払わせたい」などの要求がある場合は、弁護士運営の退職代行業者を利用しましょう。法的な知識が必要になる上に、会社側と交渉が必要になります。

ただし、退職代行以外の費用が必要となるため、高額になる可能性があるので相談しながら決めましょう。

▼ハラスメントの訴え・未払い請求をした場合におすすめ!
清水法律事務所

総合的に見てオススメしたいのはこの3社

総合的に見てコストとサービスのバランスが取れていて、オススメしたい退職代行業者は、こちらの3社です。会社側に交渉ができてコストも安く抑えられるという、バランスの取れた3社です。

▼トータルでおすすめな退職代行業者
1位ガーディアン
2位SARABA
3位清水法律事務所

退職代行業者は、自分に合った業者を選ぶべき

退職代行業者は、自分に合った業者を選ぶべき

退職代行業者を利用するにあたり、コストの違い、サービスの違い、対応できる範囲の違いがあることをお伝えしていきました。一概に「この退職代行業者を使えばOK」といった答えはありません。

自分の中で優先事項をまとめておき、どの退職代行業者であれば自分の希望を叶えられるか検討する必要があります。現在の環境や、求める項目に合わせて、自分に最適な退職代行業者を選びましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事