お悩み

コロナ禍で看護師を辞めたい人が急増!看護師の悩みと4つの解決策

新型コロナウィルスの感染拡大により、看護師の負担が増えています。激務なだけでなく、収入減や職業差別などのマイナス要因が多いので「辞めたい」と思う看護師が急増しているが現状です。

当記事では、コロナ禍における看護師の悩みや解決策を紹介します。「辞めたい」「辛い」と悩んでいるなら、最後まで読んで最善の解決方法を見つけてみてください。

コロナ禍で看護師を辞めたい人の悩み

感染リスクと隣り合わせの中、看護師は最前線で新型コロナウィルスと戦っています。しかし離職する看護師も多く、責任や負担が大きいのが現状です。

国からの支援も少なく、看護士は大変辛い立場にあります。ここでは、コロナ禍で「辞めたい」と思っている看護師の悩みを見ていきましょう。

患者急増で忙しい

新型コロナウィルスの感染者が急増する中、医療現場の雰囲気は常にピリピリしています。緊張感が高まり、終わりの見えない激務に看護師の疲弊は止まりません。

院内にウィルスを持ち込まない取り組みから、通常は清掃業者が行う仕事まで看護師が行っているところもあります。ひっ迫する医療体制の中、退職してしまう看護師も増えているので、看護師1人あたりの仕事量は増えるばかりです。

感染症患者を受け入れていない医療機関でも、他院に通っていた患者が押し寄せているため、感染症指定医療機関以外でも業務が急増しています。看護師のストレス・肉体的疲労は蓄積し続けているのです。

激務なのに収入減

患者増加による激務が続く中、医療従事者のボーナスカットや給与引き下げが問題になっています。感染症患者の患者が増える一方で、外出自粛の潮流から医療機関の受診を控える人が増えているからです。

多くの医療機関では、人件費だけでなく高額な家賃や医療機器のローンなどを支払っているケースが多くあります。検査キットや防護服等を揃えるにも高額であり、十分な体制を整えるためには多額の経費が必要です。

国からの支援金を申請したとしても支給が遅く、金額も不十分であり、地域によっては経営悪化や倒産してしまう医療機関が増加しています。仕事が増える一方で休める時間がほとんどないのに、収入が減ってしまっているのでストレスはたまる一方です。

コロナ感染への不安

医療従事者だからこそ、看護師は新型コロナウィルスに感染することがどれだけ恐ろしいことか理解しています。苦しむ患者や、亡くなってしまう患者を目の当たりにしながら、感染リスクと隣り合わせで働いている状況です。

また、医師や看護師が新型コロナウィルスに感染してクラスターが起こってしまった場合、医療機関を閉鎖させなければなりません。日ごろから通院している人や入院患者も多く抱えている状況で、絶対に感染するわけにはいかないのです。

しかし新型コロナウィルスは感染力が非常に高いことが分かっており、マスクや防護服などでどれだけ対策したとしても感染する可能性があります。不安やストレスを感じながら激務に耐えているので、心の健康を崩してしまう看護師も少なくありません。

家族に会えない

新型コロナウィルスの対応をしている看護師は、感染の可能性があるため家族に会えません。患者から自分に感染していれば、家族にも感染させてしまうことになるからです。

小さな子供がいても、家族に育児を任せてホテルや寮で寝泊まりして看護の仕事をしています。親は子どもの成長を見守れないですし、子どもは親に会いたくても我慢が強いられる状況です。

家族に会えない日々がいつまで続くのか、先が全く見えない状況で、看護師は毎日のストレスに耐えています。どれだけ社会貢献度が高い仕事であっても、大切な家族に会えないなら辞めたいと思うことは当然です。

周辺住民からの差別

患者のために命の危険を晒して病院勤務しているにもかかわらず、医療従事者だからといって差別される問題が深刻化しています。リスクを背負いながら毎日賢明に働いているのに、称えられるどころか差別されるなんて最悪です。

上記の他にも、看護師はさまざまな場面で差別を受けます。多くの人は感謝の気持ちを持って接していますが、看護師としては「差別されているのでは」「深いな思いをさせているのでは」と疑心暗鬼になってしまうものです。

自分が医療従事者のせいで、家族にまで差別が広がってしまうのはもっと最悪です。しかし人手不足で退職するわけにもいかず、多くの看護師は限界を感じながら仕事を続けています。

プライベートでも行動が制限される

看護師をはじめ、多くの医療従事者はプライベートを返上して仕事をしています。にもかかわらず、自粛せずに遊びまわって新型コロナウィルスに感染した患者が多く訪れるのです。

感染症指定医療機関で働く看護師は、休みの日があっても家族に会えないし、どこにも出かけられません。寮や隔離ホテルの室内に閉じこもって子どもとビデオ通話で話し、コンビニ弁当や出前を食べて過ごすだけの人も多いでしょう。

デートや旅行はもちろんいけません。多くのことを我慢し、差別を受けながら必死で仕事をしている状況なのですから、ストレスが溜まって辞めたいと思うのは当然のことです。

コロナ禍で看護師を辞めたい人が辞められない4つの理由

新型コロナウィルス感染者が急増する中、看護士は辞めたくても辞められないのが現状です。責任感が強い人ほど、心身ともに限界な状態でも患者のために働き続けています。

ここからは、看護士が辞めたくても辞められない4つの理由を見ていきましょう。

看護師不足

少子高齢社会の中、ただでさえ日本の看護師は減少傾向にあります。その上、新型コロナウィルスの感染拡大による看護師の離職が加速して人手不足が深刻な状況です。

責任感が強く優しい人ほど「辞めたい」と思っても辞められません。自分が辞めれば他の看護師に迷惑が掛かるし、患者が困ってしまうからです。

辞めたい意思を伝えたとしても、人手不足なので退職を許可してもらえない場合が多くあります。本来ならば看護師であっても自由に退職する権利があるのですが、医療体制がひっ迫しているコロナ禍では退職しにくいのが実情です。

退職を言い出せる状況ではない

退職の意向を伝えるのは、平常時でも勇気がいることです。今は新型コロナウィルスの蔓延と人手不足により、余計に言い出しにくくなっています。

退職の話し合いや、仕事上の相談もする余裕がないのが現状です。退職を言い出せないまま次のシフトが決まってしまい、我慢して仕事を続けている看護師も多く存在します。

職場での人間関係が良好な場合も、迷惑をかけたくないので退職を言い出せません。どうしても退職を言い出せない場合は、退職代行を使うことも検討しましょう。

退職を許可してもらえない

看護師が退職を決意したとしても、辞めさせてもらえない場合が多くあります。職場側としては、コロナ禍で看護師に辞められることは大きな損失だからです。

上司に言いくるめられてしまい、退職を諦めてしまう看護師が多く存在します。「みんな頑張ってる」「逃げるのか」と責められれば、辞めにくくなってしまうのは当然です。

強い決意やむを得ない理由がない限り、コロナ禍で看護師を退職するのは難しいといえます。しかし、本来ならば労働者が退職することは政党に認められた権利なので、上司に引き留められたとしても退職することは法律的に可能です。

看護奨学金の返済中

多くの看護師が「看護奨学金制度」を利用しており、病院に一定期間勤務すれば奨学金の返済が免除になります。看護師を目指す人にとっては大変ありがたいシステムなのですが、返済期間中に辞めにくいところが難点です。

コロナ禍の激務で「辞めたい」と思っても、奨学金があるから辞められないと考えている看護師が多く存在します。師長に相談しても「奨学金があるから許可できない」と言われてしまうことがあるようです。

しかし、実際には奨学金の返済期間でも退職できます。一括返済しなければならないなど、病院ごとにルールが異なりますので、看護奨学金精度の規定を再度確認してみてください。

コロナ禍で看護師を辞めたい人の解決策4つ

コロナ禍で看護師を辞めることは、とても勇気のいる選択です。どうしても辞められなかったり、辞めるか迷ったりしている人が多いのではないでしょうか。

ここでは「辞めたい」と悩む看護師におすすめの解決策を4つ提案します。「辞めない解決策」と「スムーズに退職する方法」を紹介するので、参考にしてみてください。

有給を使う/休職する

コロナ禍の激務で心や体が疲れてしまったら、まずは思い切って休みましょう。無理して働き、新型コロナウィルスに感染したり医療ミスを起こしたりしたら大変です。

有給が使えるのであれば、まとめて有給申請してみてください。休みが取れたらゆっくり睡眠をとり、近くのレストランや屋外のスパなどで密を避けてリフレッシュしましょう。

メンタルの不調があり、しばらくお休みしたいのであれば休職をすることも1つの方法です。休職をするときは「診断書の提出」等が求められる場合が多いので、まずは心療内科や産業医などで相談してみてください。

異動・配置転換を希望する

「辞めたい」「退職や給食するのは難しい」という状況であれば、移動や配置転換の申し出をしてみてください。職場環境や人間関係が変われば少しは気持ちが楽になります

異動や配置転換であれば、休職や退職よりも認めてもらえる可能性が高いです。看護奨学金の返済期間中だとしても、簡単に環境を変えられます。

辛い気持ちを抱えながら我慢して続けるよりも、環境を変えて新しい仕事を覚える方が楽になるはずです。まず異動経験のある同僚や先輩など、話しやすい人に相談してみましょう。

思い切って退職する

「辞めたい」と思ったら、無理して働き続ける必要はありません。全ての労働者には、自由に退職する正当な権利があります。

病院によって就労規則は変わりますが、基本的には3カ月前に退職を告げれば問題ありません。法律的には2週間前に退職することを伝えればいいのです。

上司が退職を認めなかったとしても、はっきりとした態度を示せば必ず退職できます。辞めさせない、嫌がらせなどがある場合は、自分が所属する労働組合や各都道府県が運営する相談窓口に相談してみてください。

退職代行を利用する

「退職の意思を伝えにくい」「揉めそうで怖い」など、どうしても退職が難しい場合は退職代行を利用しましょう。退職代行を利用すれば、ストレスなしで退職できます

退職代行は3パターンの運営元があるので、貯金や職場の状況に応じて選んでみてください。

運営元特徴
弁護士・退職の意思を伝える
・有給取得の各種交渉ができる
・未払い給与・残業代の請求ができる
・裁判になっても対応可能
・費用は高額
労働組合・退職の意思を伝える
・有給取得や各種交渉ができる
・リーズナブル
株式会社・退職の意思を伝える
・交渉するのは違法
・リーズナブル

揉めそうな職場でも確実に辞めたいなら、弁護士が運営する退職代行に相談してみてください。そこまで問題にならないような職場なら労働組合が運営している退職代行がおすすめです。

職場によっては、職場と一切かかわることなく円満退職できる場合もあります。多くの退職代行では無料相談を実施しているので、まずは相談するところから始めましょう。

退職代行ってどんなサービス?
退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説! 退職代行を使ってみたいけど、どんなサービスなのか不安。実は怪しいサービスなんじゃないの・・・? 退職代行の存在はなんとなく知って...

コロナ禍で看護師を辞めたい・解決策まとめ

新型コロナウィルス感染症の感染者が増加し、看護師は大変辛い立場に置かれています。感染リスクの中、命をかけて世界的なパンデミックと最前線の現場で戦っているのです。

それなのに収入減や職業差別があるのですから、辞めたいと思ってしまうのは仕方ありません。自分や家族が幸せになるために、退職する勇気を持つことも必要です。

どうしても退職できない状況の場合は、休職や異動・配置転換を申し出てみましょう。勇気を出して退職するなら、退職代行を利用することも検討してみてください。

デメリットリスク
退職代行のデメリットを解説!不安を除いて安心して利用しよう! ここ数年で退職代行を使って会社を辞めることが割と一般的になりつつあります。退職代行サービスの会社も増え始めて年々利用者は増えている傾向...

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行EXIT

    退職代行EXIT
    退職代行企業の先駆けとなった、パイオニア的な退職代行サービス。数千件の実績で1度も退職できなかったケースはないという実力派!