お悩み

退職代行の利用はありえない?周囲のイメージや会社への影響とは

「退職代行なんてありえない」

「退職代行なんてくだらないサービスだ」

退職代行について調べていると、このような意見を目にすることがあります。退職代行を利用したいと考えていても、ネガティブな意見を目にすると周囲へのイメージが悪いのではないかと不安に思う方も多いでしょう。

ですが、退職代行は「ありえない」サービスではありません。この記事では、退職代行がありえないと言われる理由や、円満退職のための対策ポイントなどを詳しく解説していきます。

退職代行の利用を検討している方は、ぜひ最後までお付き合いください!

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

退職代行を使うことに罪悪感は不要!

退職代行は、以下のような悩みを助けてくれる合法的な存在です。退職代行を利用することは労働者の権利ともいえます。当然の権利を有するあなたが罪悪感を持つ必要はありません。

  • 上司が怖くて退職を言い出せない
  • 忙しくて退職できる雰囲気ではない
  • 職場の雰囲気が合わずメンタル不調を起こしている
  • いじめやハラスメントを受けている

様々な理由から退職意向を言い出せない、退職したいのにできないという状況で退職代行を利用します。本来なら、労働者は自由に退職を言い出す権利がありますが、それができない労働者がたくさんいるから退職代行というサービスは需要があるのです。

退職悩みを助けてくれる合法的な存在

前述の通り、退職代行を利用することに罪悪感を抱く方がいます。しかし、「退職」は労働者に与えられた権利であり、退職意向の代弁をする退職代行は合法サービスです。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法627条

法律でも雇用契約の解約は労働者の権利として規定されており、代理人が不可であるといった内容は記載されていません。

退職は労働者が自由に選択できる権利であり、退職代行の利用もその権利の1つ

退職代行に嫌悪感を抱く企業は減少している

少し前までは、退職代行サービス自体まだ世間に馴染みのないものであり、嫌悪感を抱く企業が多かったことは事実です。

ですが、最近では退職代行サービスも世間に浸透し、テレビや雑誌などのメディアで紹介されることも増えました。
サービスそのものも普及しているため、利用者数も年々増えています。

退職代行サービスに珍しさを感じる企業が減少し、あなたが想像するほど嫌悪感を抱く企業は多くありません。
むしろ、現代の文化の1つとして受け入れている企業も多いのです。

「ありえない」と言われる理由3つ

先ほど、退職代行に嫌悪感を抱く企業は減少しているとお伝えしましたが、残念ながら今でも退職代行がありえないサービスだと考えている人は一定数存在します。

では、なぜ退職代行がありえないと言われてしまうのでしょうか?
その理由は大きく分けて3つあります。

  1. 他人に頼る姿勢が気に食わない
  2. 仕事の負担が増えて困る
  3. 顔も見せずに即退職は非常識

それぞれを詳しく見ていきましょう。

理由1:他人に頼る姿勢が気に食わない

本来、自分自身で行う必要がある退職手続きを、他者に委ねることが気に食わないという意見が見られます。「退職意向を伝える=労働者の義務」だという考えです。

一昔前までは無かったサービスだけに、退職を他人任せにすることに無責任な印象を持っている方が多いようです。

理由2:仕事の負担が増えて困る

退職代行を利用した場合、即日退職をされる方も多いため、会社に穴をあけることが許せないという意見もあります。特に少ないスタッフで回している会社などは、突然の退職に迷惑だと感じる場合もあるでしょう。

理由3:顔も見せず即退職は非常識

退職する際に、顔も見せずにそのまま辞めてしまう態度が非常識だという意見もあります。

先ほどご紹介したように、退職代行を利用される方の多くは即日退職です。
今までの文化のなかでは、退職はきちんとお世話になった方々に挨拶することが常識だったため、このような意見が根強く残ってしまっているのです。

反対派の意見に目を向け過ぎないで!

反対派の意見を見ていくと、「やっぱり退職代行なんて非常識なのではないか…」と考える方もいるでしょう。

ですが、冒頭でもご紹介したように退職代行を利用する方は、何らかの理由を抱えていることがほとんどです。自分で辞めたいと言い出せないから、退職代行へ依頼します。

同じように仕事で大変な思いをした人たちは、退職代行に対してポジティブな意見を持っていることが多いです。ここからは、賛成派や退職代行を既に利用した先輩方の意見も見ていきましょう。

退職代行のネガティブなイメージに流されないことが大切です!

賛成派の声

退職を言い出せず辛い環境で働き続けるあまり、精神的ストレスやメンタル疾患から、最悪の選択をする人もいます。そんな中で、退職代行サービスは労働者の救済手段の1つとして、賛成している方もたくさんいます。

なかには、実際に退職手続きを行う中で引き留めにあい、退職代行を利用すればよかったと後悔しているという意見も見られました。

利用経験者の感想

退職代行を利用した方の意見を見ていると、利用してよかったという声がほとんどです。自分で伝えても退職できない会社も多い中、退職代行を利用したからこそ、辛い毎日から抜け出せた方がたくさんいます。

なかには、できるなら自身で円満退職をしたかったが、それができないから退職を利用したという現実的な意見も見られました。

もちろん、自身で退職手続きをして円満退職ができればそれに越したことはありません。ですが、世の中にはそれができない人達がたくさんいるという現実があります。

退職代行はそういった労働者のために必要な実用的サービスであるといえるでしょう。

否定的な意見に目を向けすぎることで、あなた自身が「退職できない会社」の沼にはまってしまうリスクがある。
肯定的な意見に目を向け、一歩を踏み出すことが最善の選択になるかもしれない。

退職代行利用で会社から責められる?

「退職代行を利用したら、会社から責められるのではないか」

このような不安を抱える方も多いでしょう。基本的に、退職代行を利用しても会社から責められることはありません。詳しく解説していきます。

基本的に責められない

退職代行は即日退職が可能な場合が多いため、退職代行利用後に会社へ足を運ぶことはありません。退職代行を利用したからと言って責められることはないので、安心してください!

しかし、上記でご紹介した民法にもあるように、退職意向を伝えてから2週間後に退職が成立すると定められています。退職代行ではその2週間で有給休暇を消化し、そのまま退職という形で話を進めますが、中には有給休暇がない方もいるでしょう。

その場合、会社と相談して欠勤扱いにしてもらうなどの対策を講じますが、悪質な企業では欠勤不可といったような嫌がらせ行為をしてくることも無いとは言い切れません。

退職代行を利用する場合は、即日退職が可能な条件に当てはまっているかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。退職代行の即日退職に関しては以下の記事を併せてご確認ください。

退職代行サービスを利用すれば即日退職も可能!退職時の注意点まとめ 退職は非常に勇気がいるものであり、中にはすぐにでも辞めたい方もいるのではないでしょうか。この記事では、退職代行サービスを利用して当日に...

連絡や訪問は無視で大丈夫

退職代行利用後に以下のような嫌がらせ行為をする企業も稀に存在します。

  • しつこく連絡をしてくる
  • メッセージなどで暴言や退職撤回を命じる文章を送ってくる
  • 損害賠償請求すると脅される
  • 家まで訪問してくる

この様な行為をする企業はほとんどありませんが、100%無いとは言い切れません。

こういった事態も想定して事前に連絡や訪問は避けるよう会社へ伝言依頼をすることも可能なので、退職代行業者に相談しておくと良いでしょう。また、脅しや暴言、損害賠償請求に関しては有資格の退職代行業者に依頼すると様々な対応を取ってくれます。

退職代行利用に対する会社の反応が心配な場合は、事前に有資格業者へ相談しておきましょう。

退職代行業者の種類・対応の違い・選び方【疑問にお答えします】 「退職代行業者の選び方が分からない」「一番頼れる退職代行業者を知りたい」「たくさんある退職代行業者の対応って違うのだろうか」 本...

円満退職は難しい?でも対策はある!

退職代行を利用しても円満退職で終わらせたいと考える方もいるかもしれません。残念ながら、退職代行を使用して100%円満退職することはとても難しいんです。

しかし、円満退職に近づくための対策を講じることはできます。ここからは円満退職のための対策方法を見ていきましょう。

1.引継ぎ事項をまとめておく

退職代行の利用を決めた時点で、事前に引き続き事項をまとめた書類を作成しておきましょう。

新卒者で在籍期間が短い方や試用期間の場合は必要ありませんが、在籍期間が長い方や独自の仕事を抱えている方などは、引き続き事項を用意しておくことがベターです。

即日退職後の会社の穴を埋める作業がスムーズに進むため、会社への迷惑を最小限に抑えることができます。

2.退職代行利用までに無断欠勤はしない

無断欠勤はペナルティとなります。どれだけ会社が辛くても、無断欠勤だけはしないよう心掛けておいてください。

場合によっては無断欠勤をペナルティとして、懲戒解雇や損害賠償請求などの措置を講じる企業も無いとは言い切れません。

あなた自身のリスクを減らすためにも、無断欠勤はしないようにしましょう。

3.デスク整理や返却備品をまとめておく

退職代行決行日までにデスクの私物を持ち帰ったり、返却備品の整理をしておきましょう。必要なものが返却されていないとなると、即日退職をしたのに会社と連絡を取らなければならない事態が生じます。

デスクが整理されていないと、会社としても対応に困ってしまうため、退職代行までにまとめておくようにしましょう。

4.お世話になった人には個別にメッセージを

もし、会社でお世話になった上司や、仲が良かった同僚などがいれば、個別にメッセージを入れておくと良いでしょう。

即日退職をすると、誠実な上司や同僚はどうしてもあなたを心配してしまいます。メッセージを受けることで少しは安心することができます。

ですが、たとえお世話になった上司でも、会社の人とは連絡を取りたくない!という気持ちがあるなら無理に連絡する必要はありません。心に余裕があればメッセージをしよう…程度の意識で大丈夫です。

助けを必要としているなら利用すべき!

退職したいのにできないといった悩みを抱えているなら、ネガティブなイメージに流されず退職代行を利用しましょう。

なかには、「ありえない」という意見を目にすることもあるかもしれませんが、退職代行は悩める労働者が利用すべき合法サービスです。戦略的撤退のために退職代行を利用することはありえない行為ではありません。

助けが必要であれば退職代行を利用してみて下さい。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事