退職代行をもっと知る

うつ病で退職代行を利用するポイント!後ろめたい気持ちを乗り越えるコツも伝授

「うつ病の疑いがあって、会社を辞めたい…」

「うつ病と診断されたが、会社に言い出せない。」

このように、うつ病で退職したいのに辞められないor言い出せないといった悩みを抱えていませんか?

うつ病を抱えていると、退職代行の利用に後ろめたさを感じる方が多いです。しかし、退職代行はうつ病の人にこそオススメできるサービスなんです。

この記事では、うつ病の人に退職代行がおすすめな理由や退職代行利用前後の流れについて詳しく解説していきます。後ろめたい気持ちを乗り越えるコツもご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

うつ病こそ退職代行がおすすめ!

実は、うつ病の方こそ退職代行はおすすめなサービスです。

心は健康でも退職代行を使わないと退職できない人たちがたくさんいる中で、心に病気を抱えた方はさらに退職を言い出せない状況にあります。

ここからは、うつ病こそ退職代行がおすすめな4つの理由について解説していきましょう。

退職意向を代弁してくれる

退職代行は、退職意向を代弁してくれるサービスです。

ストレス社会と言われ、心の病気が増えてきている今でも、「うつ病は甘え」「メンタル不調なんて心持ちの問題」などといった間違った考えを持つ人がたくさんいます。

そのような意見を知ると、どうしても退職を言い出せない方が出てくるのは当たり前のことです。うつ病では環境を整えることが重要となるため、会社環境が原因でうつ病になってしまった方は会社から離れる必要があります。

退職したいという気持ちを伝える勇気がない方にとって、退職代行は自分自身を守る重要なサービスなんです。

最短即日退職で悩みから解放される

退職代行サービスを利用すれば、最短で即日退職をすることができます。
条件は必要になりますが、その条件さえ満たせば明日から会社に行かなくてもいい状況を作ることが出来るのです。

少しでも早く心を休めなければならないうつ病の方に、とてもおすすめのサービスです。即日退職の仕組みに関しては以下の記事を併せてご覧ください。

退職代行サービスを利用すれば即日退職も可能!退職時の注意点まとめ 退職は非常に勇気がいるものであり、中にはすぐにでも辞めたい方もいるのではないでしょうか。この記事では、退職代行サービスを利用して当日に...

人と接触することなく退職できる

うつ病になると、どうしても人と接することが辛くなります。

家族や友人など、身近な方にさえストレスを感じてしまう状況の中で、会社の上司や同僚、人事とのやり取りは大きなエネルギーを消耗してしまいます。

退職代行を利用すれば最低限のやり取りのみで退職することができるため、うつ病の方にもおすすめです!

最近では、LINEなどのメッセージツールでやり取りできる退職代行も多いため、誰とも接することなく会社を退職することができます。LINEを利用した退職代行について詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてチェックしてみてください!

LINEでやり取り可能な退職代行って?特徴や手順を徹底解説 「最近の退職代行はLINEでできるって本当?」「LINEの退職代行業者って対面の業者と何が違う?」 退職代行は対面で行うことがポ...

損害賠償請求できるケースもある

労働契約法では、以下のように会社が従業員の健康に配慮しなければならないという規定があります。

(労働者の安全への配慮)
使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

労働契約法第5条

近年ではメンタル疾患による労働問題が顕在化していることから、精神問題への安全配慮義務が必要であるとされ、平成27年12月より50人以上の従業員を抱える企業はストレスチェックの実施が義務化されるといった法改正がなされました。

(心理的な負担の程度を把握するための検査等)
事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師、保健師その他の厚生労働省令で定める者(以下この条において「医師等」という。)による心理的な負担の程度を把握するための検査を行わなければならない。

労働安全衛生法第66条の10

しかし、安全配慮義務を怠っている企業や、悪質な労働環境・労働条件を改善しない企業で働く労働者がうつ病になった場合、安全配慮義務違反として企業へ損害賠償請求ができるケースもあります

十分な証拠が必要となりますが、過去には不当な労働環境でうつ病を発症したケースで裁判に勝った労働者もいます。

うつ病の発症に会社の責任が明確な場合、弁護士の退職代行業者に依頼することで損害賠償請求の相談にも乗ってもらうことが可能です。

弁護士の退職代行
退職代行は弁護士でも大丈夫?依頼する上でのメリット・デメリット 退職代行は、会社をなかなか辞められない方にぴったりなサービスで、弁護士が行っているケースもあります。ただ、本当に弁護士に依頼して大丈夫...

うつ病で退職を考える人は多い

うつ病の既往や前兆が見られる方、うつ病の診断をされた方は、退職代行を利用しようと考える方が多いんです。

退職代行は即日退職できるケースもあるので、退職手続きなどのストレスを最小限に抑えたい気持ちから、退職代行を利用される方もいます。

「うつだからって退職代行を使うのは甘えかな…?」と考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。退職は労働者の権利であり、退職代行は労働者を支える合法なサービスです。

退職代行利用が後ろめたいとき…

「退職代行を利用するのがどうしても後ろめたい…」

「イメージが悪くなってしまうのではないか」

退職代行を利用することに対して後ろめたさを感じてしまう方もいるでしょう。ここからは、後ろめたさを乗り越えるための考え方を伝授します!

会社の常識よりも健康を優先

退職代行を利用することに後ろめたさを感じる方の多くは、「会社の常識」に囚われてしまっています。

ですが、うつ病は我慢でどうにかなるものではありません。冒頭でもご紹介したように、根性論で治るものではなく心の病気なのです。

心臓病や癌などと同じように、適切な治療をしなければ最悪な事態を招くこともあります。会社の常識よりもあなた自身の健康を大切にすることが最優先です。

後ろめたさを乗り越えて、退職代行の利用に一歩踏み出してみませんか?

我慢する必要は全くない

うつ病に対する間違った考え方から、「自分は甘えているのだろうか」と考えてしまう方が大勢います。ですが、自分自身を責める必要もなければ、我慢をして会社に通う必要はありません。

うつ病は心からのSOSです。心が疲れてしまっているなら、休むことを先決しましょう。

もし、朝身体を起こせない、気分の浮き沈みが激しいなどの症状がある場合はうつ病の前兆かもしれません。あれ?と思ったら一度うつ病チェックツールなどで確認し、医師に相談するようにしましょう。

休職で様子を見るのもおすすめ

うつ病になったら、会社の就業規則を確認しましょう。休職ができる場合はすぐに退職するのではなく、休職措置を講じてもらうことをおすすめします。

メリットは以下の2点です。

  • 療養に専念できる
  • 就業規則に定められた期間内であれば復職が可能

休職期間は仕事のことは考えず、環境を整えて療養に専念することができます。また、就業規則に定められた期間内であれば復職ができるケースがほとんどなので、次の仕事の心配をする必要もありません。

「休職したら解雇されたりしないの?」と心配になる方もいるかもしれませんが、法律上うつ病での休職で従業員を解雇することは出来ません。
会社に休職制度がある場合は安心して利用しましょう。

(解雇)
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法第16条

また、既にうつ病で休職している場合でも退職代行を利用することが可能です。休職中に退職代行利用をすることが後ろめたい方もいるかもしれませんが、もう復職は難しいと考える場合、休職しながらそのまま即日退職をすることが可能です。

準備万全!うつ病を抱えた退職のポイント

うつ病を抱えながら退職をする場合、意識しておきたいポイントがあります。ここでは、退職代行を利用する前・中・後で必要な手続きや準備について解説していきましょう。

1.退職代行を「利用する前」

退職代行を利用する前に、以下のポイントを確認しましょう。

医師・家族への相談

まずは、うつ病かもしれないことを家族へ相談しましょう。うつ病は想像以上にエネルギーを消耗します。もし、1人暮らしをしているのであれば、実家へ帰るなどの対応も相談するといいでしょう。

また、医師への相談やカウンセリングに通うことも重要です。特に、うつ病の既往や診断がない方は、一度心療内科を受診しておくと良いでしょう。

異動や休職・時短勤務の相談

精神的苦痛を受けている原因が会社や勤務している部署の労働内容、人間関係が原因である場合、異動や時短勤務、休職の相談をしましょう。

直属の上司に取り合ってもらえない場合は、役職の高い上司や人事へ相談することも対策です。異動や時短勤務、休職が難しい場合は、退職代行利用を検討する必要があります。

経済面の確認・確保

退職をして療養に専念する場合は、経済面の確認や確保が必要です。心療内科などの通院費や生活費など、経済面で難しい場合は、家族への相談も必要になるでしょう。

うつ病が正式に診断され、会社が原因だとされる場合は労災の認定に該当するケースもあります。その場合は、労災保険から治療費などの補償を受けることが可能です。

うつ病が労災認定されるための要件は以下の通りです。

① 認定基準の対象となる精神障害を発病していること
② 認定基準の対象となる精神障害の発病前おおむね6か月の間に、
業務による強い心理的負荷が認められること
③ 業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められな
いこと

厚生労働省

労災認定の条件に該当するのかどうか、事前に確認しておきましょう。

2.退職代行を「利用する時」

退職を利用するときに意識しておきたいポイントをご紹介します。

担当医に診断書作成を依頼する

まずは、受診している担当医に診断書の作成を依頼しましょう。医師が退職や休職が必要だと判断した場合、それを証明する診断書を発行してくれます。

うつ病を理由として会社を退職する場合には、診断書を提出されるケースがほとんどですので、注意が必要です。

仕事に関わる書類・備品を整える

退職代行を利用する場合、多くは即日退職となるため会社に出向くことはありません。退職代行を利用するまでに、仕事に関わる書類や備品を整理しておきましょう。

特に、引継ぎが必要な場合は引き続き事項を書類にまとめておくと良いでしょう。

3.退職代行を「利用した後」

退職代行利用後に必要な手続きをまとめています。退職後も受けることのできるサポートは多いため、確認しておきましょう。

失業給付を申請

失業給付を申請しましょう。失業給付とは、職を失ったあと、次の就職先が決まっていない場合に国から一定期間支給される給付金のことです。

退職後に発行される離職票をハローワークに提出することで申請ができます。離職票や失業給付金については以下の記事も併せてご確認ください。

退職代行利用者が離職票を貰うには?届かない場合の対策法も解説! 退職代行を利用して退職に至った場合、本来もらえるはずの離職票がもらえるのかどうか不安に思う方も多いでしょう。 本文でも詳しく解説...

療養に専念

まず第一に、うつ病を治すことを考えましょう。退職すると次の仕事や社会復帰への不安で頭がいっぱいになってしまう方が多いです。

しかし、まずうつ病を治さなければ、別の会社に就職したとしても短期離職に繋がるリスクがあります。まずは療養に専念することが重要です。

国の就労移行支援を受ける

就労移行支援とは、うつ病など精神疾患でブランクを抱えた方や、体調に自信がない方などを対象に、就職サポートや相談を受けることができるサービスです。

国の定める障害者総合支援法に則って行われるサービスで、障害や精神疾患を抱える方の社会参加をサポートします。

体調管理をしながら働く方法や、就職活動の練習、働くための準備などのサービスを受けることができるため、うつ病で長く休んでいた方におすすめです。

退職代行業者の就職サポートを使う

先述した通り、休職中の退職代行利用も可能です。身体はもう大丈夫だけ復職後に同じ環境に戻ることに不安を抱える方は多いため、休職中に退職代行を利用し、新たに就職活動を始めよう!と考える方もいるかもしれません。

退職代行業者には、就職サポートを用意しているサービスもあるので、すぐに就職活動をしたいという方は、就職サポートのある業者へ依頼するといいでしょう。

辛いときは無理せず退職代行を頼って!

うつ病は最悪の場合、命を失いかねない恐ろしい病気です。根性論では治すことは出来ません。

会社で働くことがどうしても辛いなら、無理せず退職代行に頼りましょう。ストレスなく退職することで、また新しい道が開けるかもしれません。

会社の常識よりも自身の健康を大切することを心がけましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事