お悩み

ピアノが弾けない保育士必見!辞めたいと思った時の選択肢4選

ピアノが弾けない保育士

一般的な保育園や幼稚園では、保育士のピアノスキルが必須です。しかし、練習をしてもピアノが弾けないと辛いですよね。

当記事では、ピアノが弾けない保育士のお悩み解決方法を紹介します。ピアノが弾けないことで「辞めたい!」と悩んでいる人は、最後まで読んで参考にしてみてください。

ピアノが弾けない保育士の選択肢4選

ピアノが弾けない人は、練習方法が合っていないのかもしれません。自分に合った練習方法を見つければ、意外と簡単に習得できる場合があります。

しかし、どうしてもピアノが弾けない場合は他の選択肢も検討しましょう。ここでは、ピアノが弾けない保育士の対処法を4つ紹介します。

ピアノの練習をする

今の職場が好きで退職したくないなら、ピアノの練習をするしかありません。練習しても一向に上達しないという人は、練習方法を変えてみて下さい。

ピアノの先生に教わった練習方法がすべて正しいというわけではありません。ピアノの練習方法は、プロでも人によって全く異なります。ピアノの弾き方に正解はないので、自分に合った練習方法を見つけるところから始めるのが近道です。

あまり神経質にならず、まずはピアノに慣れるところから始めましょう。パソコンやスマホのタイピングと同じで、楽しみながら慣れれば少しずつ弾けるようになるはずです。

ピアノ教室に通う

1人で練習するのが苦手な人は、ピアノの教室に通いましょう。ピアノを習うにはいろいろな形態があるので、自分に合う先生や教室探しから始めることがおすすめです。

メリットデメリット
大手音楽教室・どこにでもある
・設備が充実している
・レッスン料金が割高
・講師によってレッスンの質に差がある
派遣型音楽教室・都合に合わせてレッスンできる
・先生の変更がしやすい
・スタジオ代を負担しなければならない
・レッスン料金が割高
個人のピアノ教室・安く専門的なレッスンが受けられる
・親切な場合が多い
知り合いに音楽関係者がいないと探しにくい
音大学生によるレッスン・安く専門的なレッスンが受けられる
・緊張しにくい
・知り合いに音大関係者がいないと探しにくい
・プロではないので教え方や技術に差がある

ピアノを習うというと大手音楽教室を連想しますが、実はピアノ教室にもさまざまな種類があります。外出しにくい時期なら、オンラインレッスンをお願いすることも可能です。

「優しい先生がいい」「安く習いたい」など、自分の希望を考えてみてください。音大出身の知り合いに相談したり、SNSで探したりするのもアリです。自分に合ったピアノ教室を見つけて、楽しくピアノ技術を習得しましょう。

ピアノの自主練習をする

ピアノの練習方法に決まりや正攻法はありません。自主練習だけでうまくなりたい人は、自分に合う練習方法を見つけてみてください。

上記など、さまざまな練習方法があります。指が動きにくい人は、まずは教本「ハノン」などを使って指の体操から始めることがおすすめです。

伴奏なら、とにかく曲や和音が成り立っていれば問題ありません。「間違い」「音外し」に神経質になりすぎず、まずはざっくり弾きながらピアノに慣れていきましょう。

ピアノが得意な保育士と分担する

どうしてもピアノが苦手な人は、ピアノが得意な保育士とペアにしてもらいましょう。難しいピアノはペアの保育士に弾いてもらい、自分は自分なりの得意な仕事をこなせばいいのです。

ピアノが苦手な保育士は意外と多いので、1人で悩む必要はありません。ピアノが苦手なことを正直に打ち明け、自分に合った仕事を与えてもらいましょう。

もし、相談に乗ってもらえない場合は退職・転職を検討した方がいいでしょう。ピアノを弾くのが苦痛で辞めたいなら、我慢してまで続ける必要はありません。

保育士を辞める

ピアノが弾けないことで精神的に苦痛な場合は、保育士を辞めることも選択肢の1つです。保育士を辞めればピアノが弾けない悩みから一気に解放されます。

どうしてもピアノが弾けないなら、ピアノ不要の仕事に転職する方が精神的に楽です。雇用保険に加入して2年以上経過していれば失業保険も受けられるので、仕事が苦痛な場合は退職も視野に入れてみてください。

ピアノなしの保育園に転園する

「保育士はピアノが弾けないとダメ」と思い込んでいませんか?しかし、実はピアノ不要の保育施設は意外と多くあります

ピアノが弾けないなら、ピアノ不要の保育施設に転園することがおすすめです。ピアノ不要の職場なら、ピアノが弾けない保育士でも資格を活かした仕事が続けられます。

ピアノが弾けない保育士OK!ピアノ不問の保育園3選

保育の仕事が好きなのにピアノが弾けない人は、ピアノを弾かなくてもいい保育園へ転園することがおすすめです。ピアノに悩まされる時間が無くなり、保育の仕事に専念できます。

夜間保育園

ピアノが弾けない保育士におすすめなのが「夜間保育園」です。夜間保育は子どもの寝かしつけなどが主な業務になるため、ピアノを弾くことはありません。

職業選択の多様化・グローバル化に伴い、夜間保育園の需要は高まっています。保育士の給与も「深夜割増料金」が適用されるので一般の保育園よりも高額です。

企業・病院内の保育所

企業や病院内の保育所はピアノがない場合が多いので、ピアノが弾けない保育士でも問題ありません。大きな行事もないですし、残業や持ち帰り業務が少ないところも嬉しいポイントです。

一般の幼稚園・保育園よりも保育士1人あたりの負担が少なく、安定して働けます。少人数のところが多いので、子ども1人1人としっかり向き合いながら丁寧な保育ができるところもメリットです。

小規模保育園

  • 受入年齢:0歳~2歳
  • 定員:6人以上19人以下
  • 事業主体:市町村、民間事業者

小規模保育園とは、3歳未満の子どもを少人数で受け入れる施設です。ピアノ不要のところが多く、大規模な行事がないのでゆったりと保育できます。

人数が少ないので保育士1人あたりの負担が少なく、アットホームな環境で手厚い保育をできることが特徴です。保育スタッフも少なく余裕があるので、人間関係も比較的安定しています。

2015年に施行された「子ども・子育て支援法」により、小規模保育園でも認可を受けられるようになりました。そのため保育士への待遇も手厚く、安定して働きやすいといったメリットがあります。

ピアノなし!保育士の資格を活かせる転職先3選

保育士資格を活かしながら、保育園や幼稚園以外の職場に就職することも可能です。保育士資格を持つ人の求人は意外と多くあるので、視野を広げて転職先を探してみましょう。

ベビーシッター

ベビーシッターとは、依頼者の自宅等に訪問して保育する仕事のことです。 ベビーシッター派遣会社に登録するか、個人で開業することでベビーシッターになれます。

必ずしも保育士の資格は必要ありませんが、保育士資格を持っているなら歓迎されます。基本的にピアノは必要ないですし、1人で働くので同僚との人間関係を築くのが面倒な人にもおすすめです。

学童・放課後デイサービス

学童保育とは、主に小学校低学年までの児童を対象とした保育施設のことです。保護者の帰りが遅い児童を受け入れ、集団遊びや学習サポートをしながら安全に過ごせる環境を提供します。

放課後デイサービスは、障害を持つ子どもが放課後や長期休暇に通う施設のことです。自立訓練集団生活への適応訓練創作活動などをサポートします。

どちらも出勤時間が10時~12時と遅いところが多く、朝早く起きるのが苦手な人にも魅力的な職場です。ピアノを弾く機会や大規模行事がないので、一般の保育園よりも少ない負担で働けます。

  • 学童→小学校低学年の児童が通う施設
  • 放課後デイサービス→障がいを持つ子どもが通う施設

子どもの接客をする仕事

お客さんとして子どもが訪れるお店では、子どもの扱いに慣れている保育士が歓迎されます。保育士の仕事を活かしながらも、全く違う仕事を経験してみたい人におすすめです。

上記など、子ども向けのお店や施設は多数あります。ピアノが弾けなくても、保育に自信がなくても問題ありません。職場としても保育のプロがいると安心するので、元保育士のスタッフは大変重宝されます

どうしてもピアノが弾けない!保育士を辞める方法

ピアノが弾けないことで「辞めたい」という気持ちが高まっているなら、退職・転職してしまいましょう。ピアノを弾かなくてもいい職場に行けば、今の辛い悩みから解放されるはずです。

ここからは、保育士が退職する方法を紹介します。どうやって辞めればいいか分からない人は、参考にしてみてください!

1カ月前に退職の意思を伝える

まずは就業規定を確認し、退職する場合はいつまでに伝えれば良いのか調べてください。特に記載がない場合は、1ヶ月~3ヶ月前までに上司に申告すれば辞められます。

余裕がある時期なら突然申告してもOKですが、忙しいときは事前に面談のアポを取りましょう。LINEやメールでいいので「相談したいことがある」「面談を希望したい」と一言伝え、直接話し合いができる日時を決めてください。

クラスの受け持ちがある保育士は年度末に退職することが望ましいですが、年度途中の退職でも法律的には問題ありません。年度途中に辞めるなら「大規模行事の後」「長期休暇前後」などに合わせるのがベストです。

退職理由は正直に話さなくても構いません。「親の介護が必要になった」「結婚して引っ越すことになった」などやむを得ない事情を伝えると、引き止められにくくなります。

  • 最短2週間前までには退職の意思を伝えよう!
  • 退職の意思はできるだけ直接伝えよう

引き継ぎ・園児や保護者への説明

正式な退職日が決定したら、後任の保育士に業務の引き継ぎを行います。忙しくて引継ぎが十分に行えないときは、必要なことを「引継ぎノート(資料)」にまとめておくとスマートです。

もう二度とピアノを弾かないのであれば、楽譜などもすべて渡してしまいましょう。

退職日が近づいてきたら、園児や保護者に退職の説明を行います。懇談会や園・クラスだよりで伝えるなど、園のルールに従って伝えればOKです。

辞めにくいときは退職代行を利用する

「引き止めがきつい」「上司と話したくない」など、どうしても辞めにくいときは退職代行を利用しましょう。退職代行を使えば、もう二度と職場とやり取りをすることはありません

退職代行業者によっては有給申請なども可能です。大きな引継ぎが必要なければ、翌日から出社せずに辞められる場合もあります。

退職代行の費用相場は3万円前後です。費用はかかりますが、ストレスなしで辞められるメリットは大きいので、多くの保育士が退職代行を利用しています。

退職代行ってどんなサービス?
【動画あり】退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説! 退職代行を使ってみたいけど、どんなサービスなのか不安。実は怪しいサービスなんじゃないの・・・? 退職代行の存在はなんとなく知って...

ピアノが弾けない・辞めたい保育士まとめ

ピアノが弾けない保育士だからといって、絶望する必要はありません。実は「夜間保育園」「企業・施設内保育所」などピアノを弾かなくてもいい保育施設は多く存在します

保育士資格を活かしてベビーシッターになったり、学童や放課後デイサービスで働くこともおすすめです。保育士資格と経験があれば、子どもの接客をする一般企業でも歓迎されます。

ピアノが弾けないことで「辞めたい」と思っているなら、ピアノを弾かなくていい職場に転職してしまいましょう。どうしても辞めにくいときは、退職代行の利用も検討してみてください!

料金相場安いの?高いの?
退職代行サービスの料金相場は3~5万円!コスパの良い業者選び! 退職代行サービスを利用したいけど、いくらかかるのか不安。料金によってサービス内容が変わるのか心配 会社を退職するだけでも不安...

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事