お悩み

年度途中でも辞めたい!保育士が年度途中に辞める流れと注意点

年度途中でも辞めたい!保育士が年度途中に辞める流れと注意点

「辞めたいけど年度途中だから辞められない」「年度途中に辞めたら訴えられるのでは」と不安に思っているのではないでしょうか。

しかし実際には、保育士でも年度途中に退職できます。人手不足で上司に「辞めさせない」と言われても、確実に辞められるので安心してください。

当記事では、保育士が年度途中に辞める流れや注意点を紹介します。保育士が退職代行を使う方法についても解説するので、最後まで読んで参考にしてみてください!

保育士でも年度途中に退職できる

保育士が年度途中に退職することは、法律的に何も問題がありません。辞めたいと思ったら、事前に告知をすれば確実に退職できます。

人手不足や園児への影響など心配なことも多々ありますが、辞めたいときは自分の気持ちを優先していいのです。ここでは、保育士が年度途中でも確実に退職できる理由を解説します。

退職の自由が法律で認められている

保育士や幼稚園教諭で担任クラスを受け持っていても、年度途中に退職することは可能です。正社員は雇用期間が定められていない労働者なので、いつでも自由に退職できることが法律で認められています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法|e-Gov

園長や上司が「辞めさせない」と退職を拒否しても、2週間以上前に退職告知した上で辞めれば法律上は問題ありません。職場の就業規則で退職の予告期間を「1ヶ月前まで」「3ヶ月前まで」などと定められているときは、就業規則に従うのが一般的です。

雇用期間に定めがある保育士の退職について

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト/パート

雇用期間に定めのある雇用契約の場合、基本的に契約期間が尊重されます。契約期間が満了した時や、更新時に退職するのが一般的です。ただし、やむを得ない事由がある場合は直ちに契約を解除できます

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用:民法|e-Gov

やむを得ない事由とは「健康上の理由」「各種ハラスメント」「賃金の未払い」等です。やむを得ない事由について細かい規定はありませんが、当事者がやむを得ないと感じる場合は辞められる可能性が高いといえます。

また、アルバイトやパートとして1年以上働いている場合は、労働基準法(第137条)に基づき雇用期間の定めがあっても自由に退職可能です。2週間以上前に退職を申し出ることが望ましいですが、翌日に退職しても法律上は問題ありません。

早めに伝えれば問題ない

「人手不足で申し訳ない」「仕事が回らなくなる」などの心配があって、なかなか辞める決意ができない人もいるのではないでしょうか。しかし、本当に人手不足だとしても早めに申し出れば問題ありません

きちんと引き継ぎを行えば、他の保育スタッフでカバーしあえるはずです。本当に人手不足なのであれば、年度途中でも採用募集をしている保育園はたくさんあります。

定年退職したシニア保育士の復職や学生ボランティア、潜在保育士のアルバイト需要なども増えています。人手不足や職場のことが心配なら、後任採用の期間も考慮して3ヶ月以上前に退職を告知しましょう

自分を守ることを優先しよう

人間関係や激務で疲弊している保育士は、我慢して仕事を続けても心や身体の調子が悪くなってしまいます。集中力が薄れた状態で仕事をしていれば、重大な保育ミスにもつながりかねません。

同僚や園児のことを考える事も大切ですが、まずは自分を守ることを優先させましょう。一旦保育と離れてみて、また保育の仕事がしたいと思った時は復職すればいいのです。

保育士が年度途中に退職する流れ

保育士が年度途中に退職する具体的な流れを紹介します。「いつ言うの?」「どうやって辞めるの?」と悩んでいる人は参考にしてみてください。

退職の意思を伝える

職場で個人面談の機会が設けられている場合は、面談のタイミングで退職の相談をするのがベストです。直近で面談がない場合は、事前に「面談をお願いしたい」「相談したい」と伝えて面談する機会を作りましょう。

面談のアポ取りはメールやLINEでもいいですが、退職の意思は直接伝えることが望ましいです。引き止められたときは、毅然とした態度で「退職の意思は固い」と伝えてください。

保育士におすすめの退職理由

退職理由は、できるだけ当たり障りのない事情を伝えましょう。ネガティブな理由を正直に伝えるよりも、前向きな理由の方が辞めやすくなります。

嘘は言わない方がいいですが、ネガティブな理由を伝えるよりはマシです。どうしても退職理由が見つからない場合は「健康上の理由」か「どうしても挑戦したい仕事がある」と伝えるといいでしょう。

退職届を提出する

直属の上司に退職の相談をし、正式な退職日が決まってから退職届を提出しましょう。職場によっては専用の退職書類などが用意されている場合もあるので、上司の指示に従ってください。

退職届サンプル

退職届

このたび、一身上の都合により
20xx年〇月〇日をもって退職いたします。

20xx年〇月〇日(記入日)
自分の名前 ㊞

社会福祉法人〇〇保育園(正式名称)
園長 〇〇 〇〇 様

退職届は「手書き・縦書き」が一般的ですが、就業規則に決まりがなければ「印刷(PC等)・横書き」でも構いません。消せるボールペンは使わないようにしてください。

封筒の表には「退職届」、裏には「自分の名前」と記入します。退職届を作成したら3つ折りにし、封筒に入れて提出しましょう。

保育スタッフへの挨拶

退職することが正式に決まったら、他の保育スタッフへ退職することを伝えましょう。朝礼や終礼などのタイミングを使って全体に伝えさせてもらうのがベストです。

「この度、健康上の理由で退職することになりました」等、退職理由は完結に話してください。そのあとに保育士として未熟な自分を育ててもらったことの感謝や、年度途中の退職になって迷惑をかけることのお詫びを一言添えましょう。

全体集会がない場合は、できるだけ1人1人に直接挨拶をしてください。忙しくて直接挨拶するのがどうしても難しい場合はメールやLINEで退職の挨拶を済ませることも可能です。

引き継ぎを行う

退職の挨拶が済んだら、退職日まで後任の保育士へ業務の引き継ぎを行います。年度途中の引き継ぎは忙しい中で行うことになるため、引き継ぎノートなどを作っておくと便利です。

物や書類は整理しておき、備品の置き場所はきちんと決めておきましょう。年度途中の退職でも、引継ぎをしっかりすれば後任保育士への負担が少なくなるはずです。

園児や保護者への挨拶

退職日が近づいてきたら、園児や保護者に挨拶をしましょう。まずは担当クラスの園児を集め、分かりやすい言葉で辞めることを伝えてください。

保護者への挨拶方法は「懇談会で伝える」「園だよりに書く」「連絡に書く」など様々です。基本的には職場の方針に従えばいいですが、特に決まりがない場合は自分がやりやすい方法で挨拶すればOKです。

子どものお世話をさせてもらったことのお礼行事協力の感謝を丁寧に伝えましょう。保育園や他の保育スタッフへのネガティブな感情だけは絶対に言わないようにしてください。

退職完了

退職当日はスタッフの人数分のお菓子を持参し、感謝の気持ちを伝えましょう。手紙や1人1人へのプレゼントなど、園の慣習があれば従うのがベストです。

全体挨拶をさせてもらえる場があれば、できるだけ丁寧な言葉で完結に挨拶をします。全体挨拶ができない場合は、直属の上司や身近な同僚だけでも直接挨拶してください。

デスク周りやロッカーなどを確認し、返却物や忘れ物がないか再度確認しましょう。最後に身の回りをキレイに掃除したら、無事に退職完了です。

年度途中に辞めるときの問題点

保育士が年度途中に辞めることは可能ですが、問題点もあります。ここからは、問題点と解決方法について見ていきましょう。

引き止めを受ける

年度途中に退職すると伝えれば、ほぼ確実に引き止め交渉を受けることになります。お世話になった上司から引き止められたら拒否するのは難しいものです。

「不満があれば改善する」「待遇を良くする」と言ってくる場合もあります。給料が少しでも上がったり、業務量が減ったりしたら退職する気持ちが揺らぐでしょう。

しかし引き止め交渉に応じてズルズルと仕事を続けていても、現状は何も変わりません。毅然とした態度で「退職する意思は固い」と示し、迷いを見せないことが大切です。引き止め交渉には冷静に対応し、きちんと断ってください。

  • 引き止められることを想定し、返答を準備しておこう
  • 毅然とした態度で冷静に対応しよう

引き継ぎをする余裕がない

保育士の仕事は通常業務だけでも忙しく、残業や持ち帰り作業が多い状況です。そのため、年度途中で退職することになると、ゆっくり引き継ぎをする余裕がありません

退職前はやることが増えますし、時間外の引継ぎでは後任の先生にも負担がかかります。引き継ぎが不十分なまま退職すると、園児や保護者にも迷惑がかかってしまうでしょう。

責任感が強い人ほど年度途中の退職は心苦しくなってしまいます。退職までは、プライベート返上で引継ぎ資料を作ることになるかもしれません。

  • 引き継ぎノートを作って引継ぎ時間を短縮しよう
  • 退職が決まる前から備品を少しずつ整理しておこう

挨拶するときに気まずい

保育士が辞めることになると、一般の会社員より多くの人に挨拶をしなければなりません。挨拶をするたびに、気まずい思いをしなければならないのは避けられないでしょう。

挨拶の気まずさは、割り切ってやり過ごす以外に方法はありません。退職後は仕事のストレスから一気に解放されます。1つ1つの挨拶は手短に行い、心を無にしてやり過ごしましょう。

「手短かつ丁寧な挨拶」を複数パターン準備しておこう

今すぐ辞めたいときは退職代行がおすすめ

「今すぐ辞めたい」「どうしても辞めさせてくれない」という人は、退職代行を使うのがおすすめです。退職代行を使えば直接職場とやり取りの必要がなく、ストレスなしで辞められます

退職代行の費用相場は3万円前後で、辞めるためにお金がかかります。しかし職場と一切関わることなく、確実に辞められることがメリットです。

事前に引継ぎ資料を用意しておけば、翌日から職場に行かないことも可能になります。必要書類や備品返却等のやり取りは郵送でいいので、退職代行に頼めば二度と職場に行くことはありません。

  • 「気まずい」「申し訳ない」という気持ちで辞めにくい人は、退職代行を使わない方がいい
  • 職場と実家が近い人は、退職代行を使うと人間関係がこじれる可能性があるので注意しよう
依頼から退職まで流れを徹底解説
【動画あり】退職代行サービスの流れを解説!退職後の手続きも徹底網羅 この記事では、退職代行サービスを使って会社を辞めるまでの流れを丁寧に解説していきます。これから利用を考えている方はぜひ参考にしてみてく...

年度途中に辞めたい保育士まとめ

担任クラスを持っている保育士でも、年度途中の退職は可能です。法律で退職の自由が認められているので、上司が「辞めさせない」と言っても強い意志をもって行動すれば確実に退職できます。

保育士が年度途中に退職する場合、引き継ぎと挨拶が重要です。細やかな引き継ぎ資料の作成や丁寧なあいさつを行い、できるだけ誠意を尽くして退職しましょう。

どうしても辞められない場合は、保育士でも退職代行の利用が可能です。パワハラやいじめ、在職強要などで困っている人は退職代行を使って今すぐに辞めてしまいましょう。

退職代行を使っても有給休暇・退職金請求出来るの?
退職代行サービスで有給取得や退職金請求が可能!ただし注意点もある 退職代行サービスを利用して辞めた場合でも、有給消化や退職金の受け取りは可能なのでしょうか。この記事では、退職代行サービスによる有給取得...

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事