お悩み

どうしても働きたくない時の6つの対処法!働きたくなる理由も必見!

「どうしても働きたくないけど、働かないとダメなの?」

「働きたくなるような方法はないのだろうか…」

上記のような悩みを抱えている人は少なくありません。「ストレス社会」と呼ばれる現代において、職場や通勤でストレスを感じる人は年々増えてきます。

この記事では働きたくない気持ちと向き合う方法や働かずに生きていくことができるのかを徹底解説していきます。「どうしても働きたくない」という方はぜひ参考にしてみてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

働きたくない気持ちと向き合う6つの方法

「働きたくない気持ちをなんとか消化したい」

「どうしても働きたくない時はどうしたらいいんだろう」

働きたくないという気持ちを抱えたまま仕事をするのは、大きなストレスになります。どうしても働きたくない時は、以下の方法がおすすめです。

  • 原因を突き止める
  • リフレッシュする時間を作る
  • 働きたくなる理由を探す
  • 話を聞いてもらう
  • 目標を設定する
  • 転職を考える

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

1.原因を突き止める

まず大切なのは「原因を突き止める」ことです。原因を知って初めて、その原因に合った対処法を知ることができるからです。

「仕事が大変だから!」と思う人も、「なぜ大変なのか」、本当の原因をよく考えてみましょう。業務量が多くて大変な人もいれば、嫌いな仕事だから大変な人もいるでしょう。なかなか覚えられなくて大変だと感じている可能性もあります。

複雑な要因が絡み合って、働きたくないと感じることもあるでしょう。いずれにせよ、原因を突き止めることで解決策が見えてくるはずです。考えられる主な原因については後程詳しく解説していきます。

2.リフレッシュする時間を作る

2つ目の対処法は「リフレッシュする時間を作る」ことです。仕事が終わった後や週末には仕事から離れて、思いっきりリフレッシュしましょう。

既に何か趣味がある方は、その趣味に没頭するのもいいですね。何かに夢中になっていると、嫌なことは自然と忘れられるはずです。

もし趣味がないのであれば、この機会にぜひ趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?散歩に行ったり、読書をするだけでも気分転換になります。特に体を動かす趣味は、リフレッシュにも最適です。

3.働きたくなる理由を探す

働きたくないのであれば、働きたくなる理由を探すこともおすすめです。働くことで得られるメリットについて考えてみるのです。具体的に見ていきましょう。

例①:お金をもらえる

一番のメリットはやはり「お金をもらえる」ことではないでしょうか?「もう働きたくない」という理由でニートになれば、必ずお金の不安が付きまとってきます。

当面の間は貯金でやりくりできても、いずれ貯金も底をつくはずです。今まではお金を貰えていたために考えていなかった、将来の不安が出てくるはずです。

「食べ物はどうすればいいのだろう?」

「住んでいるところを追い出されるかもしれない」

と、命の危険すら出てきてしまいます。

例②:自分のスキルアップ

働くことで自分自身のスキルアップにも繋がります。確かに複雑な人間関係や業務量の多い職場で働くことはストレスになることでしょう。

しかしその人間関係を経験することで、あなたのコミュニケーションスキルはアップするはずです。また業務量の多い仕事をクリアすれば、自信につながりますし、同じような仕事を任された時に今よりもスピーディーに業務をこなすことができるのではないでしょうか?

このように働くこと自体が「自分自身のスキルアップの手段」と考えると、嫌なことや大変なことも乗り越えやすくなります。

例③:社会貢献

「働く」ということは、社会の役に立つということです。世の中の人が誰も働かなかったら、社会は成り立ちません。つまりあなたが働くことで、社会貢献をすることができるのです。

あなたの仕事が困った人を助けたり、誰かを幸せにする可能性もあります。「社会貢献」というのは広くて抽象的な言葉ですが、自分の仕事がどのように社会に役立っているかを具体的に考えると、やりがいを見出すことができるでしょう。

4.話を聞いてもらう

次におすすめの方法が「誰かに話を聞いてもらう」ことです。特に会社の信頼できる先輩は、あなたと同じ道を通って来た良き理解者になってくれることでしょう。

話を聞いてもらうだけでもスッキリするでしょうし、先輩なら効率よく仕事をする秘訣などを教えてもらえる可能性もあります。「弱音を吐きたくない」と頑張る気持ちは素晴らしいですが、困った時には上司や先輩に相談してみるというのも大切なことです。

5.目標を設定する

次は「目標を設定」してみましょう。毎日の目標でもいいですし、月に達成したいことでも大丈夫です。「来年の目標」や「3年後の目標」など、あまり長期的な目標ではなく、すぐに達成できる小さな目標がおすすめです。

来年や3年後まで仕事を続けると思うと憂鬱になるでしょうが、来週中、今月中と短いスパンで考えれば、前向きに頑張りやすくなります。目標を達成することで、少しずつ仕事にもやりがいを見いだせるようになるでしょう。

6.転職を考える

最後の方法は、思い切って「転職を考える」ことです。働きたくない理由にもよりますが、上司のパワハラや自分に向いていない等、自分がいくら努力しても変わらないこともあります。

そういった場合は、思い切って転職するのはいかがでしょうか?もちろんどこの会社に行っても、何かしら悩みは出てくるものですが、辛い気持ちを我慢して続けていくくらいなら、新しい環境に飛び込むのひとつの方法です。

働きたくない原因を知って適切な対応を!

先ほども触れたように、「働きたくない」と思うのには何かしらの原因があるはずです。主な原因としては以下のような理由が考えられます。

  • 疲れが取れない
  • 人間関係
  • やりがいを感じられない
  • 向いていない
  • とにかく働きたくない

それぞれの原因について、詳しく解説していきます。

1.疲れが取れない

最初の原因に「疲れが取れない」ことが挙げられます。特に残業や休日出勤が多い職場であれば、家でゆっくりできる時間も少なく、なかなかリフレッシュできません。

疲れが残った状態で、翌日また出勤するので、どんどん疲労が蓄積されてしまいます。人間は身体的にきつくなると、精神的にも弱くなっていくものです。

疲れが取れないせいで「もう働きたくない」とネガティブな気持ちになっている方は、有給休暇を使うなどして一旦仕事から離れてみるのはいかがでしょうか?

2.人間関係

2つ目に考えられる原因は「人間関係」です。上司のパワハラや相性の悪い後輩、また同僚との確執など、職場の人間関係に悩んでいる方は少なくありません。

いくら仕事と割り切ってはいても、ギスギスした雰囲気の職場で働くのは精神的にもストレスが溜まります。職場の人間関係は、仕事のモチベーションに大きく関わってくるのです。

3.やりがいを感じられない

3つ目の原因は「やりがいを感じられない」ことです。「仕事するのは当たり前」と頭では分かっていても、楽しくない仕事をやることに意義を見出せなくなっているのでしょう。

実は仕事のやりがいは、自分で作り出すことができます。同じ仕事の繰り返しでも、そこに楽しみを見出すことができると、それがやりがいになっていくのです。

本来仕事とは、楽しんでやるものです。好きな業務ばかりではないでしょうが、自分なりのやりがいを見出すことで、働きたくないと言う気持ちを減らすことができるでしょう。

4.向いていない

4つ目の理由は「向いていない」ことが挙げられます。人には向き不向きがあります。接客業が得意な人もいれば、事務作業をスピーディーに行うことのできる人もいるでしょう。

「好きだから得意」というわけではないのが、職探しの難しいところです。向いていない仕事であれば、ミスをすることも多いでしょうし、ミスをしたり上司に怒られれば怒られるほど「働きたくない」という気持ちは強くなっていきます。

もし向いていないという理由で「働きたくない」と思うのであれば、思い切って転職するというのも一つの方法なのではないでしょうか?

5.とにかく働きたくない

大きな原因はないのに「とにかく働きたくない」という人も、世の中には存在します。こういったケースの場合、もしかしたら何か病を抱えている可能性もあります。

たとえば「無気力症候群」や「燃え尽き症候群」「うつ病」といった病が挙げられます。心の病ですので、自分一人で解決するのは難しいでしょう。もし病気が疑われる場合は、できるだけ早く専門の病院に行ってみることをおすすめします。

働かずに生きていく方法はある?

「なんとかして働かずに済む方法はないのだろうか?」

「働かずに生きていく方法が知りたい」

どうしても働きたくない場合は、働かずに生活していく方法が知りたいと思うはずです。しかし残念ながら、本当に働かないで生きていけるのは一部の資産家だけでしょう。

生きていくためにはお金が必要です。そのお金は働かなければ、もらうことができません。年齢にもよりますが、一人の人が働かずに生活していくためには5000万円~1億ものお金が必要になります。

株や不動産といった資産があり、それを運用していくことができる人なら、働かずに生きていくことができるでしょう。しかしそうでなければ、働かずに生きていくのは現実的に難しいことです。

どうしても働きたくない場合は退職も!

「いろいろ試したけれどどうしても働きたくない」

仕事に行くと考えるだけで体調が悪くなる」

対処法をいくつかご紹介してきましたが、どうしても働きたくないのであれば退職するというのもひとつの方法です。辛い人間関係や合わない業務を、我慢して無理に続ける必要はありません。

退職を切り出しづらいのであれば、退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか?退職代行サービスはあなたの代わりに、会社と退職についてのやり取りを行い、円満退職をサポートしてくれます。

当サイトでは、退職代行サービスの基礎知識やおすすめの業者などを詳しくまとめていますので、是非参考にしてみてください。

初心者ガイド
退職代行初心者ガイド 退職代行を利用するのってとても不安ですよね。 その不安はあなただけではありません。退職代行を利用されるほとんどの方は、不安で胸が...

働きたくない時は無理をしないことも大切!

どうしても働きたくない場合の対処法や、働きたくないと感じる主な理由を解説してきました。理由は人それぞれですが、「働きたくない」と感じるのは誰にでもあることです。

まずは休みを取ってリフレッシュしたり、誰かに相談するなど、自分にできることを少しずつやってみるのはいかがでしょうか?それでも解決しないのであれば、退職も視野に入れてみましょう。

「絶対に続けなくてはいけない」と頑張り過ぎる必要はありません。退職代行サービスなら、即日退職も可能ですので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事