仕事全般の悩み

会社で働きたくない時の対処法!起業やフリーランスも可能?

「会社で働きたくない時はどうしたらいいのだろう?」

「仕事が嫌なのではなく、会社に行くのが辛い」

会社に出社することにストレスを感じている人は少なくありません。特に最近では在宅でのテレワークも増えてきており、できるだけ会社で働きたくないという意見も急増しています。

この記事では、会社で働きたくない時の対処法や会社で働きたくないと感じる原因を徹底解説していきます。会社に行きたくないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

会社で働きたくない時の対処法

仕事をしたくないわけではないけれど、会社で働きたくない」と感じることもあることでしょう。「会社で働きたくない」という気持ちに気づいたら、以下の対処法がおすすめです。

  1. 部署移動を願い出る
  2. 通勤方法を変えてみる
  3. 在宅でできる仕事を探す
  4. 起業する
  5. フリーランスになる

それぞれの対処法を、詳しく解説していきます。

1.部署異動を願い出る

最初の対処法は「部署異動を願い出る」というものです。特に人間関係の悩みで会社に行きたくないのであれば、異動することで問題が解決できる可能性があります。上司や同僚、取引先も変わり、心機一転、新しい環境で仕事をすることができるでしょう。

ただし部署異動を願い出る際は、きちんと理由を話したうえで人事部に相談してください。理由が分からないと、また同じような部署に異動になってしまう可能性があるからです。

パワハラなどの人間関係に問題がある場合であっても、人事部にきちんと報告することをおすすめします。曖昧な理由での部署異動の申し出は、あなた自身のマイナスポイントになりかねません。

2.通勤方法を変えてみる

2つ目の対処法は「通勤方法を変えてみる」ことです。満員電車での通勤は、多くの人にとってストレスの要因の一つになっています。通勤方法にストレスを感じている方は、いっそのこと通勤方法を変えてみてはいかがでしょうか?

車で通勤したり、天候の良い季節は自転車で通勤するのもおすすめです。爽やかな朝に、サイクリングしながら通勤すると、気持ちもリフレッシュすることができます。運動にもなって、一石二鳥ですね!

自転車通勤が難しい方は、1駅だけ歩いてみるという方法もあります。途中下車して、会社までの1駅を歩いたり、自宅の最寄り駅から1駅先まで歩いてみるのです。電車からは見えなかった風景が見られますし、今まで知らなかった新しいお店を見つけることもできます。

3.在宅でできる仕事を探す

3つ目は「在宅でできる仕事を探す」ことです。仕事内容によりますが、資料作成やデータ入力など、一人で完結できる仕事であれば、在宅で仕事をすることも可能です。

最近ではテレワークを推奨する会社も増えてきており、在宅での業務が可能であれば、上司に提案してみてはいかがでしょうか?ただし営業や接客業など、在宅勤務のみでは難しい仕事もあります。

今の会社では在宅ワークが難しいということであれば、思い切って転職するというのも一つの方法です。その際は在宅ワークが可能かどうか、事前にチェックするようにしましょう。

4.起業する

4つ目は「起業する」ことです。一般的に「起業」と聞くと、リスクが高く、とても難しいことのように聞こえるでしょうが、最近ではインターネットの発達により、個人で簡単に起業ができるようになりました。

コンサルタント業やブロガーとしての仕事など、内容はさまざまですが、起業すれば誰とも関わらずに自宅で仕事をすることも可能になります。会社に勤めながら、自宅で起業することもできますので、まずは始めてみるというのもひとつの方法です。

5.フリーランスになる

最後の方法は「フリーランスになる」ことです。フリーランスとは会社に勤めるのではなく、個人で契約を結んで仕事をする人のことを指しています。ライターやカメラマン、翻訳家などが一般的に知られていますね。

最近ではプログラミングやデザインなどの仕事をフリーランスで請け負っている人も増えてきています。何か得意分野があり、その得意なことを生かしたいと思っている方にはおすすめの方法です。

クラウドサービスでフリーランスの業務を紹介しているサイトもありますので、そのようなサービスを利用して仕事を探す人も増えてきています。

会社で働きたくないと感じる5つの原因

対処法をご紹介してきましたが、まずはなぜ自分が「会社で働きたくない」と感じるのか、その原因を突き止める必要があります。その原因によって、適切な対処法が異なるからです。

会社に行きたくないと感じる主な理由には、以下のようなものが挙げられます。

  • 通勤時間が長い
  • 人間関係が面倒
  • 残業が多い
  • 雑用が増える
  • 会社のために働きたくない

それぞれの原因を、詳しく解説していきます。

1.通勤時間が長い

最初に挙げられるのが「通勤時間が長い」ことです。入社前から分かっていたこととはいえ、長い通勤時間が毎日続くと「会社に行きたくない」と感じるのも無理はありません。

あなたの通勤時間が往復で3時間だとしましょう。1ヶ月で60時間、1年間で720時間が通勤時間に費やされていることになります。720時間は30日間と同じ長さです。

1年のうち、丸々一か月は通勤にかかっていることになります。その分、自分の時間が減りますし、家族と過ごせない時間も多くなります。通勤時間が長いということは、ストレス以外の何物でもないのです。

2.人間関係が面倒

2つ目に挙げられるのは、「人間関係が面倒」だという点です。株式会社ビズヒッツによる調査では、「仕事に行きたくない」と感じる理由の第1位が「人間関係」という結果が出ています。

10代~60代の働く男女500人にアンケート調査を行った結果、「仕事に行きたくないと思うことがある」と回答した人は91.2%(500人中456人)。仕事に行きたくない理由ダントツの1位は「人間関係に悩みがある」でした。

株式会社ビズヒッツ

「パワハラの上司がいて怒られる」

「先輩の態度が悪く、嫌悪感がある」

職場に苦手な人がいれば、当然仕事は憂鬱になります。毎日顔を合わせる相手だと、会社に行くことすら苦痛になることでしょう。どんなにやりがいのある仕事だったとしても、職場の人間関係はそれほど大きな影響を及ぼす問題なのです。

3.残業が多い

3つ目の理由は「残業が多い」ことです。繁忙期など、仕事が忙しい時期は特にこの悩みを抱える人多くなります。

「今日は絶対残業になるな」と朝から分かっていれば、「会社に行きたくない」と感じるのも無理はありません。また会社に行けば、自分のペースでできる仕事時間が減る人も多いでしょう。

自宅で仕事をすれば集中してできるのに、会社に行けば、話しかけられたり別の仕事を振られて仕事が進まない。その結果、残業になってしまうという悪循環に頭を抱える人は少なくありません。

4.雑用が増える

4つ目の原因は「雑用が増える」ことです。会社に行けば、自分の仕事以外の業務も増えていきます。

「電話をたまたま取ったら苦情の電話だった」

「上司にコピーを頼まれたが、タイミング悪くコピー機が動かなくなった」

会社での雑用も業務の一環だと言われればそれまでですが、思いがけないハプニングはストレスの原因ともなります。特に業務が立て込んでいる時に雑用が増えると、イライラしてしまうのではないでしょうか?

5.会社のために働きたくない

5つ目は「会社のために働きたくない」という理由です。高度経済成長期には「愛社精神」が大切だと言われていましたが、最近ではこの「愛社精神」という言葉さえも廃れてきています。

終身雇用制はなくなり、いつ解雇されるか分からない。従業員のことを考えていない会社の体制に「愛車精神」どころか、うんざりしているという人は少なくありません。

もちろん雇ってもらっている以上、会社への感謝を忘れてはいけませんが、「会社のため」「会社を成長させるため」に働きたいという意欲は全体的に減ってきているのでしょう。

会社で働きたくない時に無理をするのは禁物!

「仕事はしたいけれど会社で働きたくない」

「家にいながら仕事がしたい」

いろいろな対処法を試したけれど、「会社で働きたくない」という思いが強い場合は、無理をせずに会社を休むことも大切です。もしかしたらその気持ちは心がSOSを発信しているサインの可能性があるからです。

気持ちを押し殺し、無理に会社に行けば、うつ病などの精神疾患にかかってしまうこともあります。以下のような症状があれば、すぐに会社を休みましょう。

  • 吐き気
  • 動機
  • 不眠
  • 朝から涙が止まらない
  • 会社に行くのが辛い

思い切って休んでリフレッシュすることで、回復することもあります。症状が重くなってからでは、病院にかからなければなりません。無理をして、重いうつ病になってしまわないよう、自分の心を最優先に守りましょう。

どうしても合わないと感じたら退職も!

「仕事を休みたくても休めない」

「休んだけれど、会社で働きたくないという思いは改善されない」

休みが取れない会社は、労働環境や労働条件に問題があります。また休んでも改善されない場合は、このまま働き続けることで症状が悪化する可能性も。このようなケースであれば、自分のためにも転職を考えるべきです。

しかしそのような会社であれば、「辞めたい」と言っても引き止められたりと、スムーズに退職できないことも多いでしょう。その場合は、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスはプロですので、トラブルなく退職できるようにサポートしてくれます。退職代行サービスがどのような業務を請け負ってくれるのか、当サイトで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行に依頼できる交渉内容は主に6つ!必要性とメリットを解説 「退職代行って会社とどんな交渉ができるの?」 「交渉って必要あるの?」 退職代行を利用した際、会社と退職代行はどのような交...

会社で働きたくない時は自分に合った対処法を探そう!

「会社で働きたくないと感じた時にできる対処法や、感じてしまう原因を解説してきました。労働環境が整っていなかったり、人間関係に迷っていると「会社で働きたくない」と感じてしまうのも不思議ではありません。

自分でできる対処法をまずは試してみて、それでも改善されない場合には退職や転職を検討してみましょう。自分から退職を切り出せない場合には、退職代行サービスを利用するのもおすすめです。

どこの退職代行サービスがいいか、当サイトでもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事