仕事全般の悩み

仕事に行きたくない!死にたいほど辛くて苦しい気持ちを乗り越える方法

死にたいほど辛くて苦しい、仕事になんて行きたくない。日頃どんなに前向きな人でも、一度気持ちが下を向いてしまうと、なかなか抜け出せないことがあります。もがくほどに底に引きずれ、「もう死んでしまいたい」と思うことがあるでしょう。

そんな時は無理に前を向かなくて構いません。「まだ大丈夫」ではないことに気付いてください。まずは、今自分がすべきことを知るべきです。

死にたいくらいに辛い時に試す方法、逃げても問題ない理由を知って、その後の仕事や自分との向き合い方を明確にしましょう。じっくり自分と向き合えば、必ず光は見えてきますよ。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

『おすすめの退職代行』

無理は禁物!死にたいと感じたら試すべき5つの方法

死にたいくらい仕事に行きたくない時には、以下のような考えをしてみましょう。職場は生死を考える場所ではありません。辛いなら諦めるのも一つの選択です。

疲弊する環境に身をおく必要はない

職場が疲弊する環境なら、無理に留まる必要はありません。真面目な人や長く勤める人ほど、「簡単に辞めてはいけない」という気持ちからなかなか辞められないことがあります。

しかし定年までの時間を、「死にたい」「仕事に行きたくない」という気持ちで過ごすことは、苦痛でしかありません。モチベーションが低い状態が続くと、仕事の成果を上げることも徐々に困難になるでしょう。

「生活のため」にすべき仕事なら、他の職場でも構いません。可能なら雇用形態を変えれば、気持ちの負担を減らすことができます。辛いからこそ、働き方はもっと自由で良いのです。

死にたい時こそ、視野を広げてみる

死にたい時こそ視野を広げましょう。死にたいと思う時は、「死ぬこと以外に考えられない」という、視野狭窄に陥っています。まずは身近なことを考えて視界が広がれば、生きる希望を見出すヒントになるでしょう。

例えば、「ご飯は何を食べようかな」「デザートを付けよう」「デザートが評判の店を調べてみよう」。その過程にたどり着けばもう大丈夫。「死にたくない」「生きたい」という気持ちに気付くことができるでしょう。

すでにこうして自分で調べている時点で、「状況を変えたい」と思っているのですから、あとは行動に移せばよいだけです。

部署異動や転職をして仕事環境を変える

死にたいと思うくらいなら、部署異動や転職を検討しましょう。暗い気持ちを抱えたまま仕事と向き合っても、結果を出すことは困難です。結果が出なければ仕事を面白いと感じる機会がありません

異動ができれば、人間関係はもちろん仕事内容が変わることも期待できます。上司によっては、あなたの適性に合った仕事を与えてくれることがあるでしょう。

「そもそも自分には向いていない仕事だ」と割り切ることができれば、自分が好きな分野、個性を活かせる仕事に転職するのも良い方法です。新しい場所なら気持ちをリセットすることができます。

転職の罪悪感を減らす方法!嘘が苦手でも乗り越えていけるコツ 「転職することに罪悪感がある」 「胸が痛んで転職活動に励むことができない」 転職をすることに対して罪悪感を抱える方は大勢い...

意欲を持てば死にたいと考えなくなる

死にたいと思った時こそ、意欲をもちしましょう。意欲をもてば、死にたいという気持ちは次第に小さくなります。意欲を持つためには、まず睡眠と食事を意識しましょう。

疲れた脳を睡眠で回復させ、食事によって神経伝達物質「ドーパミン」を分泌させるのです。ドーパミンは幸せホルモンとも呼ばれ、集中力アップやポジティブになる効果があり、最終的に意欲につなげることができます。

ドーパミンの原料はたんぱく質です。なかでも、大豆・牛肉・アーモンドなどはドーパミン生成に役立つ食品です。好きな音楽を聞くこともドーパミン分泌に効果があるため、自分ができる方法を取り入れましょう。

改めて仕事をする理由を考える

死にたい気持ちになったら、改めて仕事をする理由を考えましょう。毎日何のために頑張るのかが明確になれば、目標を掲げる事ができます。目標ができれば、それに向かって進めばよいだけです。

多くの人は「仕事はお金を得るためのもの」と答えるでしょう。それならお金を得た後の目標を作るのです。例えば「給料日には〇〇を買う」「〇〇を買うために働く」というように考え方をシフトしましょう。

「仕事は自分の能力・個性を活かすため」という回答なら、それに見合った会社を探しましょう。資格や試験にチャレンジすることも目標になります。この機会に、なぜ自分が働くのかを考えてみましょう。

死にたいほど辛いときは逃げても問題ない!

死にたいほど仕事に行きたくない時、辛い時は逃げても問題ありません。むしろ早めに見切りをつけることで、悪循環を断ち切ることができます

仕事に殺されるのは勿体ない

死にたいと思った時、その理由が仕事というのは勿体ないことです。自分が就職できる会社は他にもたくさんあるのですから。単純に仕事内容や人間関係が自分に合わなかっただけで、決して自分が悪いわけではありません

世の中には就職できないことに悩み、死にたいと思う人もいます。この場合、解決方法は「就職」になるため、他人の判断が大きく関わってきます。しかし会社に勤めている人は、自らの意思で「退職」することができるのです。

自分の決断ひとつで逃げることができると考えれば、気持ちが大きく楽になるでしょう。自分には逃げ道があることを忘れないでください。

嫌いな事は危険である事が多い

嫌いな事・辛いと思うことは、自分にとって危険である事を理解しておきましょう。負の感情を抱くときには、動物的な「本能」が働いています。本能に逆うと、自らが不利な状況になることがあります。

例えば苦手な人がいた時、多くの人はあまり関わらないように意識するでしょう。大概その直感は当たっていて、早い段階で違和感に気付けないと、良好な人間関係を築けなかったり、相手に変な噂を立てられたりトラブルが発生することがあります。

「なんか嫌かも」「関わりたくないな」それらの感情を持った時には、距離を取ることをおすすめします。だから「死にたい」と思ったら、無理に克服しようとせず逃げれば良いのです。

逃げたからこそ得られる幸せもある

死にたい時に逃げたからこそ得られる幸せもあります。義務教育では、「苦手科目は克服の努力をする」「人間はみんな平等」だと教わります。しかし社会に出ると、それが適応される場面はごくわずかです。

そもそも会社は違う人間が集まるため、それぞれの得意分野を伸ばせば効率を上げることができます。苦手な仕事から逃げて得意を活かせる仕事の方が、楽しく毎日を過ごすことができるでしょう。

高いモチベーションを維持することができれば、仕事で成果を上げる事ができます。成果が上がれば仕事が面白くなるため、プライベートも充実させることができるでしょう。

なぜ死にたい?理由を明確にすることも大切

そもそもなぜ死にたいという気持ちになるのでしょう?理由を明確にすると、解決すべき問題が見えてきます。そして案外あっさり解決する問題だったということもありますよ。

自分が出来の悪い人間だから

「自分が出来の悪い人間だから」という思い込みから、死にたい気持ちになることがあります。人に話したり相談にのってもらったりできれば、「他の人も同じ失敗をするのか」「自分だけではないんだな」と一旦冷静になることができるでしょう。

しかしひとりで問題を抱えてしまうと、些細なことでもどんどん心の中で大きくなってしまうため、最終的に自分自身を攻撃してしまうのです。「仕事に行きたくない」という感情を抱くと、「自分は出来が悪い」という極端な発想になってしまいます。

マイナスの感情を抱くことは、罪でも出来が悪いわけでもありません。もっと、自分自身を認めて評価してあげましょう。

したくない仕事から逃れるため

したくない仕事から逃れるために、死にたいという気持ちになることがあります。仕事には、自分が得意な仕事も不得意な仕事もあるでしょう。人とシェアできる仕事の場合には、ぜひ声をかけてみましょう。もちろん得意な仕事は、自分が率先して引き受けます。

すべてを自分で請け負う仕事の場合には、得意な仕事から始めましょう。どう向き合っても困難な場合には、依頼主に直接質問します。したくない仕事は分からないからしたくないのであって、分かるようになれば前向きに取り組めることがあるからです。

したくない仕事は、周りを巻き込んでどんどん質問しましょう。周囲はあなたの得意不得意が理解できるため、仕事を頼みやすくなります。コミュニケーションを取ることで、新たなビジネスに発展する機会もありますよ。

すぐに楽になれるから

死にたいという人の中には、すぐに楽になれるからという理由を挙げる人もいます。その場ですべてを投げ出せるからでしょう。しかし死ぬ以外にも楽になれる手段はあります。

辛いなら、生きながらすべてを投げ出してしまえば良いのです。考える事さえ嫌になったら眠ってしまいましょう。良く寝て良く食べてを繰り返すうちに、心の傷は徐々に癒えてきます。

冷静に物事を考えられるようになれば、問題の根本が見えてくるでしょう。回復して後に立ち向かえるよう、存分に力を蓄える時期なのです。すべてにストップをかければ、生きながら楽になる方法を見出すことができます。

仕事や自分との向き合い方に変化を与えてみよう!

死にたいと思う理由が明確になったら、仕事や自分との向き合い方に変化を与えましょう。変化と向き合うことで、自分自身も新しいスタートを切ろうという気持ちになれます

他人と自分を比較しない

まず他人と自分を比較することをやめましょう。他人と自分は違って良いのです。みんなが同じような人間ばかりでは、世の中がうまくまわりません。

他人と比較をすると、自分が勝っていると時は気分が良いでしょう。しかし自分が劣っていた時には自分に失望してしまいます。自己肯定感を高めるためには、比較ではなく自己承認できる部分を増やしましょう。

自分の良い場所を褒めて、伸ばすことに意識を向けるようにします。自分に失望する機会を減らせるため、きっとこれまでよりも前向きな考え方ができるはずです。

乗り越えられる目標を立てる

少しの努力で乗り越えられる目標を立ててみましょう。理想が高すぎると、たとえ周囲から評価が得られても、自分では「こんなことも達成できない」と悩んでしまうことがあります。

高い理想を持つことは、仕事をするうえで悪い事ではありません。しかし理想と現実との差が大きいほど、そのギャップに苦しむことがあるでしょう。うつ病や適応障害を患う人の多くは、このギャップに馴染めない真面目な人です。

理想を掲げつつも、まずは一歩先の小さな目標を達成し素直に喜べる人を目指しましょう。「今日も生きられた」はじめはそれで十分です。積み重ねれば、次第に大きな目標になりますよ。

出来ないことは素直に受け入れる

出来ないことは素直に受け入れましょう。「何でも出来る自分」を演じるのは精神的に楽なことではありません。逆に「出来ない一面」を見せることによって、コミュニケーションが円滑になったり絆が強まったりすることがあります

例えば完璧な上司と少し隙がある上司。仕事の悩みを相談するなら、隙がある上司の方が話しやすいでしょう。完璧な上司は完璧な回答をされてしまうため、自分を否定されることがあるからです。

できるだけ自然体で、出来ないことは周囲の力を借りましょう。もちろん日頃から人が困っている時には力を貸すことも忘れずに。「持ちつ持たれつ」が良い人間関係を築きます。

自分の意見を持つ

いつでも自分の意見を持ちましょう。自分の意見を持たないということは、他人の意見に流されるということです。すると他人に気を遣わなければなりません。他人の表情や考えを読むことは、エネルギーを消費し自分も疲れます

自分の意見を持っていれば他人に振り回されることがありません。いつでも「自分」をもっていられるため、あるがままで対応することができるのです。意見や考えがブレる事もないため、「誠実で穏やかな人」と評価されるでしょう。

自分の意見を持つことは一見難しそうですが、ストレスが溜まらないため「死にたい」と思う場面が少なくなります。誰とでも真摯に向き合うことができるため、スムーズな人間関係を築けるでしょう。

仕事に対する思い込みを捨てれば人生はもっと輝く

人生は仕事だけではありません。仕事は生活をするための手段であり、手段が得られるなら好きなことをすべきです。ましてや死にたいと思うほど仕事が辛いのなら、自分の拒否反応を素直に受け入れましょう。

さまざまな考え方がありますが、仕事から逃げる事で負の連鎖を断ち切れることもあります。辛い思いをして今の仕事にこだわるよりも、これからの人生を考えましょう。

最後にもう一度言います。仕事は自分の意思でいつでも辞められます。人生を輝かせるために何が大切なのかを再確認しましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事