仕事全般の悩み

月曜日仕事に行きたくない気持ちとの向き合い方!対策や解決方法を解説

「月曜日どうしても仕事に行きたくない」

「行きたくないのは甘え?向き合うにはどうすればいいの?」

月曜日になると仕事に行きたくなくなる・日曜日の夜から憂鬱になるなど、毎週の仕事始めに悩みを抱える方は多いでしょう。

月曜日仕事に行きたくない気持ちと向き合うためには、原因分析や対策をしっかりと練る必要があります。

この記事では、月曜日仕事へ行きたくない原因や原因別の対策方法を詳しく解説します。

月曜日いつもより仕事に行きたくない気持ちと向き合いたい方は、最後までお付き合いください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

月曜日に仕事へ行きたくない原因は3つ

月曜日仕事へ行きたくないと感じる方は、意外にも大勢います。月曜日は1週間の始まりであることから「だるい」「行きたくない」「辛い」などネガティブな気持ちを抱える方が多いようです。

なかには、月曜日になると退職が脳裏をよぎるという声が見受けられました。月曜日仕事へ行きたくなくなる理由は人によってさまざまですが、ここではポピュラーな原因を3つご紹介します。自分はどの原因に当てはまるのか、確認していきましょう。

原因1:充実した休日からの反動

第一の原因として考えられるのは「充実した休日からの反動」です。ごく一般的な感情とも言えます。週末の過ごし方が充実していたことで、月曜日の仕事にギャップを感じてしまうことが原因となります。

土日に楽しいイベント・予定があった場合は、楽しさの余韻と反して仕事が始まることを憂鬱に感じてしまうことが多いでしょう。他にも土日に寝だめをすることによって、月曜日の朝起きることが億劫な方もいます。

しかし、充実した休日が反動で仕事へいきたくない気持ちを引き起こしている方の多くは、仕事へ行ってしまえば業務を卒なくこなすタイプでもあります。

行きたくない気持ちは生じるものの、出勤さえできればあとは元通りいつものような1週間を過ごすことができる場合がほとんどです。『ブルーマンデー』『サザエさん症候群』などのワードは、この休日明けの月曜日を苦痛に思う人が多いことで流行した言葉です。

憂鬱な気分で月曜日を迎えることをブルーマンデー、日曜日の夕方に放送されているサザエさんを見るとまた仕事が始まることを憂鬱に感じる状況をサザエさん症候群といいます。これらの感情は甘えなどではなく、ごく一般的な感情だと言えるでしょう。

原因2:同じ1週間を過ごすことへの憂鬱

第二の原因として考えられるのは「同じ1週間を過ごすことへの憂鬱」です。原因1と異なる点は、生活する上で仕事への希望や楽しみが見いだせていない点にあります。

土日を思いっきり楽しむことで気持ちのリフレッシュを行うことができていれば、仕事に行きたくない気持ちが生じたとしても1週間を乗り切ることができます。

しかし、毎日がマンネリ化してしまうことで、仕事だけでなくプライベートに楽しさを感じられない場合は、「また同じ1週間が始まるのか。もう疲れた……」と憂鬱になってしまうのです。

また、職場へ不満を抱えている方も多い印象です。辛い出勤を乗り越えても、また新しい1週間が始まることにうんざりしてしまうのでしょう。毎週毎週同じことを繰り返す日常に疲れを抱いている方は、ストレス発散を上手に行うことができず、どんどん苦痛が積み重なっていく傾向にあります。

原因3:常に行きたくない気持ちが最大になる

第三の原因として考えられるのは「常に行きたくない気持ちが最大になる」ことです。常に仕事へ行きたくない気持ちを抱えているものの、月曜日になるとその気持ちが最大になってしまう方がいます。

慢性的な疲れを常に抱えている状態であるが故に、休み明けの月曜日に行きたくない気持ちが爆発してしまうのです。

月曜日仕事へ行く憂鬱を、土曜日や日曜日の夕方から考えてしまう方も少なくありません。第三の原因は今回ご紹介した3つの原因のうち最も危険な原因です。場合によっては、吐き気や目まい・わけもなく泣けてくるなど身体的な症状で現れることもあります。

なかには、布団から出ることができない方もいるでしょう。精神疾患(うつ病や適応障害)などのリスクが高い状態であるため、早期の対策や対処が求められます。

【原因別】月曜日に仕事へ行きたくない時の対策

月曜日仕事へ行きたくない3つの原因を解説しました。

  1. 充実した休日からの反動
  2. 同じ1週間を過ごすことへの憂鬱
  3. 常に行きたくない気持ちが最大になる

ここからは、原因別の対策をご紹介します。自分自身がどのような原因を抱えているのか明らかにした上で、練るべき対策を確認していきましょう。

「充実した休日からの反動」への対策

充実した休日からの反動で、月曜日の出勤が憂鬱になっている場合は、2つの対策方法が有効です。

特にこの原因では、会社に行きたくない気持ちを吹き飛ばすことができれば、問題なく業務をこなすことが可能となります。月曜日の朝に生じる憂鬱な感情を解消する方法を確認していきましょう。

1)月曜日は頑張らないと決める

楽しい休日を過ごした後の仕事は憂鬱になってしまうものです。これは甘えなどではなく一般的な感情であると言えます。月曜日の朝に生じる憂鬱を吹き飛ばすには、「頑張りすぎないこと」が大切です。

休日とのギャップから仕事に身が入らない場合は、無理に頑張る必要はありません。毎週月曜日は手を抜く日だと決めてしまうのもおすすめです。

無理をして気合を入れることで余計に仕事へ行きたくない気持ちを増大させてしまいます。仕事へ行きたくない気持ちを押し込めるのではなく、向き合う・共存することを意識するといいでしょう。

怒られない程度に手を抜いて、いつもより休憩を増やしながら月曜日を乗り越えてみてください。

2)楽しみな予定を入れる

月曜日の朝はおしゃれなカフェに行ってみる・ランチは気になっているお店に決める・夜は友人とディナーなど月曜日に楽しい予定を集中させることが効果的です。

仕事以外の部分で充実した月曜日を作ることができれば、憂鬱な気持ちを解消させることができます。月曜日でなくても、週末や休日に楽しい予定を入れることも効果的です。1週間をうまく乗り越えられるような工夫をすることで、月曜日の憂鬱を減少させることができるでしょう。

仕事へ行きたくない気持ちを吹き飛ばすことができる趣味やイベントなどを休日の予定に組み込んでみてください。

「同じ1週間を過ごすことへの憂鬱」への対策

同じ1週間を過ごすことへの憂鬱から月曜日会社へ行きたくないと感じてしまう場合は3つの対策方法を練ることができます。

この原因はストレスをためてしまいがちであるため、上手く対策取り入れないと心が疲れてしまいます。さらに悪い状態を招かないためにも、早めの対策を講じましょう。

1)休日は仕事を忘れて楽しむ

同じ1週間を過ごすことに憂鬱を抱える方の多くは、仕事への不満やストレスを上手に発散できていない場合がほとんどです。

休日も仕事のことを考えてしまっている方や、充実した休日を過ごせていない方は、休日を思いっきり楽しむことを心がけましょう。人によって楽しみの感じ方は異なります。

1日中ゴロゴロしていることが楽しい方、アクティブに身体を動かすことが楽しい方、それぞれの楽しさを取り入れてください。

2)やりたいことや趣味を見つける

休日を充実させるという意味でもやりたいことや趣味を見つけることは重要です。ストレスを発散することができる捌け口があれば、同じような毎日でも楽しみを見つけることができます。

例えば、好きなアイドルや俳優がいれば、ライブやイベントに行くために仕事を頑張ることができる方もいるでしょう。

趣味はうつ病改善などのプログラムにも組み込まれている場合が多い項目で、趣味があるのとないのとではメンタル管理の難易度が異なります。ストレスを蓄積させないためにも、楽しいと思える趣味を探しましょう。

当然のことながら趣味は楽しいものでなければなりません。趣味が見つからない場合が無理に探すのではなく、色々なことにチャレンジしてみるといいでしょう。

3)転職を検討する

毎週憂鬱が続いている場合は仕事への不満やストレスが大きくなってしまっていることが考えられます。ストレスや不満が心の底に蓄積し続けてしまうことで、精神疾患へのリスクが増大していく場合もあります。

心の健康を保っていくために、合わない会社は辞めてしまうことも1つの方法です。会社を辞めるのは簡単ではありません。まずは転職を検討するだけでも心持ちが軽くなることがあるため、自分の気持ちに少しづつ向き合っていきましょう。

なかなか退職を踏み出せない方は、以下の記事もご覧ください。

仕事を辞める勇気が出ない!意識すべき2つのポイント・対処法を解説 「仕事を辞めたいのに勇気が出ない」 「辞める勇気が出ない時どうすればいいの?」 仕事を辞めたいという意思はあるのに、勇気が...
退職を伝える勇気が出ない人は多い!一歩踏み出すための名言と対処法 「退職を伝える勇気が出ない…」 「一歩踏み出すために勇気が出る言葉を知りたい」 お世話になった会社を退職するには勇気が必要...

「常に行きたくない気持ちが最大になる」への対策

会社へ行きたくない気持ちを常に抱えている上で、月曜日の憂鬱が最大になる場合の対処法は3つあります。今回ご紹介した3つの原因のなかで最も危険性が高い原因です。

精神疾患のリスクや初期症状である可能性も否定できないため、早期に対策を練って行きましょう。

1)一度休む時間を設ける

常に仕事へ行きたくない気持ちが月曜日に増大する状況は、心の疲れ限界に達しているサインです。身体が自分自身を守るために、会社へ行くことへの拒否反応を起こしているケースも少なくありません。

このようなケースでは、一度ゆっくりと休息を取ることが有効な対策となります。土日だけの休息ではストレスの発散や心の休息が追いつかないため、まとまったお休みをとりましょう。

特に、吐き気や腹痛・頭痛などの症状や急に涙が溢れてくるなどの感情失禁がみられる場合は、注意が必要です。我慢をして会社に行くのではなく、有給休暇でまとまった休息を取ることや、休職制度の活用を検討しましょう。

有給休暇が残っていない場合は、休職制度の活用がおすすめですが、会社によっては制度自体を設けていない場合があります。まずは、上司へ相談をするといいでしょう。

2)心療内科を受診する

前述したように、身体が出社への拒否反応を起こし、さまざまな症状がある場合は適応障害やうつ病のリスクが高くなっています。

速やかに心療内科へかかることが最悪の状況を免れる唯一の対策です。厚生労働省では適応障害・うつ病などの初期症状を以下のように記載しています。

抑うつ気分、不安、怒り、焦りや緊張などの情緒面の症状があります。置かれている状況で、何かを計画したり続けることができないと感じることもあるでしょう。また行動面では、行きすぎた飲酒や暴食、無断欠席、無謀な運転やけんかなどの攻撃的な行動がみられることもあります。

仕事上の問題がストレス因となっている場合、勤務する日は憂うつで不安も強く、緊張して手が震えたり、めまいがしたり、汗をかいたりするかもしれませんが、休みの日には憂うつ気分も少し楽になったり、趣味を楽しむことができる場合もあります。しかし、うつ病となるとそうはいかないことがあります。環境が変わっても気分は晴れず、持続的に憂うつ気分は続き、何も楽しめなくなります。これが適応障害とうつ病の違いです。持続的な憂うつ気分、興味・関心の喪失や食欲が低下したり、不眠などが2週間以上続く場合は、うつ病と診断される可能性が高いでしょう。

適応障害|厚生労働省

適応障害とうつ病は隣り合わせなので、仕事上のストレスを放置していれば知らぬ間にうつ病を罹患しているケースも少なくありません。月曜日会社へ行きたくない気持ちや、日常的な出社拒否などが顕著にあらわれている場合は、速やかに心療内科を受診しましょう。

3)会社を辞める

会社がストレス要因となってさまざまな症状を引き起こしている場合、会社を辞めることで健康が取り戻せるケースもあります。もう会社に行きたくない!という強い気持ちがある場合は会社を辞めることも1つの方法です。

会社を辞めるにはさまざまな準備が必要となります。不安がある方は以下の記事もご覧ください。

仕事を辞める6つの手順|トラブルなく退職するためのコツを解説 「仕事を辞めたいけど方法や手順が分からない」 「できるだけトラブルを避けて退職したい」 会社を辞める際の手順や用意すべきこ...

ストレスなく仕事を辞めるなら退職代行

「月曜日に仕事へ行きたくない=甘え」だと自分を責めてしまう方がいます。しかし、仕事へ行きたくないと感じるのは身体がSOSを出しているからです。甘えだからと自分に鞭を打って出社するのではなく、気持ちと正面から向き合うことが重要です。

仕事を辞める決断をしたとしても、自分を責める必要はありません。もし、退職のストレスに押しつぶされそうなのであれば、退職代行を活用することがおすすめです。

退職代行は、退職以降の代弁や退職手続きのサポートを受けることが可能です。場合によっては即日退職できることもあるので、ぜひ検討してください。退職代行については以下の記事で詳しく解説しています。

退職代行ってどんなサービス?
【動画あり】退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説! 退職代行を使ってみたいけど、どんなサービスなのか不安。実は怪しいサービスなんじゃないの・・・? 退職代行の存在はなんとなく知って...

憂鬱な月曜日を解決しよう

月曜日仕事へ行きたくない気持ちと向き合う方法、原因別の対策を解説しました。会社へ行きたくない気持ちを抱え続けているのは、とても辛いことです。自身のストレスを軽減させるという意味でも、月曜日の憂鬱と正面から向き合いましょう。

退職代行マイスターでは、今回記事の最後で解説した退職代行サービスについてさまざまな情報を提供しています。興味がある方はぜひチェックしてください。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事