仕事全般の悩み

うつ病(鬱病)は退職代行を使う理由になる?セルフチェックで症状を診断して不安を解消

「職場にどうしても行きたくない」

「うつ病なのではないかと心配」

職場に行きたくないと悩んでいる方は多いでしょう。職場に行きたくないという気持ちは決して甘えではありません。この記事では、職場に行きたくない場合の原因や対策を詳しく解説します。悩みを抱えている方は、ぜひ目を通してください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

職場に行きたくないなら休んでも良い!

職場に行きたくないと悩んでいる方は大勢います。中には心身の症状を引き起こしている方もいるでしょう。

https://twitter.com/ClYhcmocMmrYTw7/status/1382656526947520513?s=20

仕事内容は好きだけど職場環境を苦手だという意見も見受けられました。職場に行きたいと感じるのは、なんらかの理由から会社にミスマッチを抱えている証拠です。どうしても行きたくない場合は、一度仕事を休みましょう。無理をして頑張り続けることで、心身を壊してしまうこともあります。

一時的な解決策ではありますが、まずはゆっくりと休息をすることが重要です。

職場に行きたくない原因を明確にする

ゆっくりと休息をとったら、職場に行きたくない理由を明確にしましょう。理由を明確化することで、今後の対策を練ることができます。一般的な職場に行きたくない場合の原因を解説します。

1)人間関係が合わない

非常に多い原因として挙げられるのは、職場の人間関係です。苦手な人や怖い人がいることで萎縮してしまっている場合や、直接自分に害はなくとも職場の人間関係に疲れてしまう場合などがあります。

https://twitter.com/micoturu/status/1381283656405184513?s=20

人間関係の悪化は大きなストレスとなるため、職場に行きたくないと感じてしまうケースが多いでしょう。

2)職場環境が悪い

職場環境が悪いことも原因の1つです。具体的には、物理的環境が悪い場合が挙げられます。例えば、通勤時間が遠い・職場が古くて閉鎖的・働きづらいオフィスの設計などがストレス要因となり、職場に行きたくない感情を生み出します。

職場の衛生面が悪いと生理的に行きたくない感情を生み出してしまうケースもあります。

3)自己肯定感が低い

職場に原因であるわけではなく、自分自身の自己肯定感が低いことが原因となる場合もあります。自己肯定感は自分自身を認め、肯定する感情です。自己肯定感が低いことで、物事の考え方がネガティブになってしまい、少しの出来事にもひどく落ち込んでしまいます。

もともと自己肯定感が低い場合もそうですが、職場環境によって自己肯定感が低くなってしまう場合もあります。そういったケースでは、悪循環となるため職場に行きたくない気持ちが強まってしまう一方です。

4)労働条件が見合っていない

労働条件が給与と見合っていない場合は、職場に行きたくないという気持ちに繋がります。例えば、労働時間が長いのにも関わらず、給与が非常に少ないとなるとモチベーションが下がってしまうのです。

労働条件を見極めた上で入社することが重要ですが、もともと聞いていた労働条件と全く違ったというケースもあるようです。

5)評価に繋がらない

一生懸命働いても評価してもらえない場合も職場に行きたくない原因となります。仕事をする上で評価されることに価値をおいている人は、評価されないことで不満やストレスが募っていきます。場合によっては自己肯定感が低下することもあるでしょう。

逆に過大評価されすぎていることへのプレッシャーがあるという意見も見受けられました。いずれにせよ、適切な評価を受けることができないと、職場にいきたくない原因につながる場合があります。

職場に行きたくない時の対策は5つ

「職場に行きたくないけど、どうすればいいの?」と不安を抱える方も多いでしょう。ここからは、職場に行きたくない時の対策を5つご紹介します。

対策1.休息する・仕事を休む

1つ目の対策として休息する、仕事を休むことが挙げられます。これらは一時的な効果を期待することができますが、本質的な改善にはなりません。しかし、職場にどうしようもなく行きたくない場合は、休息を取ることが重要です。職場に行きたくないと感じる方の多くはストレスや疲れを抱えています。

今後の対策をしっかりと練るためにも、一度心身を休めましょう。

対策2.部署移動を申し出る

職場環境が問題であれば、部署移動をすることで改善する場合があります。部署移動申請が通る職場であれば問題ありませんが、どの会社でも部署移動ができるわけではありません。まずは一度、上司と話し合ってみることが重要です。

対策3.自己肯定感を高める

簡単なことではありませんが、自己肯定感が低いことで職場に行きたくないと感じている方は、自己肯定感を高めることが有効です。自己肯定感は気の持ちようで高まるわけではありません。自分自身を認めることができるよう、生活習慣を正し、ストレスを軽減しましょう。リラックスできる習慣を取り入れて、自分自身を見つめ直すことも大切です。

対策4.信頼できる上司・友人に相談する

自身で解決方法を模索できない場合は、信頼できる上司や友人の相談することもおすすめです。特に、信頼できる上司がいる場合は会社や職場の状況を踏まえたアドバイスを受けることができます。また、どうしようもなく辛い時は、友人に話を聞いてもらうことで適度なストレス発散につながることもあります。

対策5.転職する

職場に行きたくない気持ちを改善するためには、退職・転職が効果的です。苦手意識を生み出している職場を去ることで、職場に行きたくないと悩む必要はなくなります。どうしても職場に行きたくない場合は、転職を検討しておくと良いでしょう。

転職先企業を選択する場合は、同じことを繰り返さないようにしましょう。職場見学などができる場合は、活用することでミスマッチを防ぐことが可能です。また、企業情報や口コミを調査しておくこともおすすめです。

「職場に行きたくない」うつ病危険度チェック

職場に行きたくない気持ちと共に心身の症状が現れている場合は、うつ病や適応障害などの精神疾患リスクがあります。以下に当てはまる項目がある場合は、できるだけ早く心療内科や精神科を受診しましょう。

  • 不眠や食欲低下が見られる
  • 憂鬱な気持ちが継続している
  • 職場に行こうとすると涙が出たり吐き気がする
  • その他にもめまいや動悸など心身の症状が顕著
  • 通常の日常生活を送ることができなくなった

職場に行きたくない気持ちが心身の症状となって現れている場合は、早急な受診をおすすめします。

このような症状が付随する場合は、身体が限界である証拠です。これ以上悪化させないためにも、無理は禁物です。

職場問題が悪質な場合は専門家へ相談

労働条件が聞いていた内容と著しく異なる・職場の人からいじめを受けている・上司のパワハラがひどいなど、職場環境が悪質である場合は専門家や専門サービスへ相談しましょう。ここでは活用できる窓口を紹介します。

労働基準監督署

労働基準監督署とは、労働者の権利を守る窓口です。労働基準法などに基づき運営されているため、労働者と企業の間で発生した問題について相談することができます。もちろん料金は無料で、場合によっては企業へ指導を行ってくれることもあります。

労働基準監督署へ相談する場合は、証拠や資料など悪質な問題が明白となるものを用意すると良いでしょう。

弁護士

弁護士は法律の専門家です。労働問題に関する法律相談及び解決を任せることができます。弁護士への相談や依頼は多額の費用が発生する場合もあるので、まずは法テラスなどで無料相談をすると良いでしょう。

退職代行サービス

退職代行サービスは、スムーズな退職をするために退職意向の代弁や会社との交渉を行ってくれるサービスです。悪質な引き留めを受けている場合や、ストレスなく退職したい場合は活用することをおすすめします。

会社との交渉ができる退職代行サービスは有資格業者のみです。中でも労働組合運営の退職代行サービスは交渉が可能でコストパフォーマンスも良好です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説!

職場に行きたくないなら対策を練ることが大切

どうしても職場に行きたくない場合は、その理由を明確にした上で対策を練ることが大切です。もちろん無理をして行く必要はなく、行きたくない場合は休んでOKです!ですが、今後のためにも根本的解決を目指すことをおすすめします。心身ともに疲れ切ってしまう前に、ぜひ自分に合った対策を講じましょう。

退職代行マイスターでは、記事の中で解説した退職代行サービスに関する情報を解説しています。気になる方は、ぜひチェックしてください。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事