仕事全般の悩み

働きたくない人に向いている仕事11選!おすすめ職業の魅力と探し方を解説

「働きたくない…向いている仕事ってあるのかな?」

「働きたくない人はどうやって仕事を探せばいいの?」

働きたくない人は、仕事が長続きしないことや、向いている仕事探しに悩んでしまうことが多いでしょう。「お金は欲しいけれど、働きたくない」と考えている方も大勢います。この記事では、働きたくない人に向いている仕事や原因を詳しく解説します。働きたくない気持ちで悩んでいる方は、ぜひ目を通してください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

働きたくない人に向いている仕事11選

まずは、働きたくない人に向いている仕事を11種類ご紹介します。ここでは、単純作業系・ひとり作業系・ユニーク系・フリーランスの4分野から解説しています。早速見ていきましょう!

単純作業系

単純作業系とは、仕事内容が比較的単純で、日々同じ作業を繰り返すだけの職業です。して稼ぎたい方や、臨機応変な対応が苦手な方に向いています。業務内容を覚えることが苦手な方にもおすすめです。しかし、毎日の業務が単純であるため、仕事がマンネリ化しやすいというデメリットもあります。

工場勤務

工場の種類にもよりますが、作業内容が単純であることが多いです。特にライン作業などは、同じ作業を繰り返すため難しい仕事を覚える必要はありません。最近では、海外の労働者を派遣している工場も多く、他国の方でも簡単に理解できる作業内容となっている場合が増えています。

清掃業

清掃業とは、ビルやショッピングモール・ホテルなどの清掃を行う職業を指します。清掃業は基本的に作業内容が単純で、仕事を覚えるのも難しくありません。例えば、ショッピングモールの清掃では、トイレやフードコートなどショッピングモール共通部分を清掃することがほとんどなので、一度仕事を覚えてしまえば簡単に業務をこなすことができます。

しかし、清掃内容によって体力がを必要とすることが多いデメリットがあります。また、グループやペアで動く場合があるため、人間関係が苦手な方にとってはデメリットと言えるでしょう。

ひとり作業系

ひとり作業系とは、人との関わりを最小限に抑えて働くことができる職業です。人間関係が苦手な方は、ひとり作業系の仕事がおすすめです。業務を淡々とこなせる点はメリットですが、ひとりで業務にあたるため何かあった場合の対処や判断は自分自身で行わなければなりません。

運送業

荷物や備品を運ぶ運送業は、1人で車を運転することが多いため人間関係は最小限です。運転免許があれば比較的誰でもチャレンジできる職業なので、作業内容も難しいことはありません。しかし、運転は神経や体力を消耗するので、その点は大変な仕事であるとも言えるでしょう。

ポスティング

ポスティングは、依頼された広告チラシなどを該当エリアのポストに投函していく仕事です。チラシをポストに入れるという単純な仕事なので、誰でも簡単に挑戦することができます。基本的に1人作業なので、人間関係の煩わしさもありません。しかし、どんな季節でも外の作業になるので体力が必要です。また、正社員の仕事はほとんどないので、収入面はあまり期待できない仕事と言えます。

事務職

事務職は、会社の事務作業を行う職業です。事務職は様々な企業での採用枠があるため、パソコンスキルがあれば事務職につくことができる確率が高いと言えます。また、基本的には1人で淡々と作業を進めることが多いため、人間関係やコミュニケーションも最小限に抑えることができます。

ユニーク系

ユニーク系の職業は、毎日の会社勤務がマンネリ化している方におすすめです。毎日新鮮な気持ちで仕事を楽しむことができるため、飽きない点はメリットです。しかし、適応性が必要な点や収入が不安定になりがちな点はデメリットと言えます。

治験

治験とは、新しい医薬品や健康食品のモニターを行う仕事です。職業ではなくボランティアに該当しますが、謝礼を受け取ることができます。簡単な仕事で収入を得ることが可能な点はメリットです。しかし、治験では新薬などの副作用などを検証するため、危険を伴うリスクがある点はデメリットとなります。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社を通して企業で勤務をする職業です。派遣の業種は様々ですが、希望に応じて短期勤務を繰り返すことができるため、マンネリ化を防ぎたい方にはおすすめです。また、派遣先が自分に合わなかった場合でも、短期契約にしていれば契約満了後に別の職場へ移ることができます。しかし、ある程度のスキルや適応力は必要であるため、注意しておきましょう。

フリーランス

フリーランスとは、自由業や個人事業主と呼ばれる職業です。会社に属するのではなく、自分自身で仕事を受けて生計を立てます。会社に囚われず自由に働きたい方にはフリーランスがおすすめですが、ある程度のスキルやノウハウは必要になります。

エンジニア

エンジニアとは、プログラミングスキルを駆使してWEBサイトやアプリケーション・システムの構築を行う職業です。フリーランスとしても十分に稼いでいける職業ですが、スキルを身につけるのは非常に難しく、未経験の場合は仕事を受けることができません。

WEBライター

WEBライターとはWEBサイトに掲載する記事やコラムの文章を執筆する職業です。未経験でも文章力があればはじめやすい職業で、フリーランスデビューに選択される機会が増えています。しかし、フリーランスになりたてのうちからお金を稼ぐことは難しく、経験を積む必要があります。

ハンドメイド

ハンドメイド作家として、商品を販売する職業です。最近では、ハンドメイド作品の人気が高く、ネット上での売買以外にも雑貨屋さんやセレクトショップで取り扱われるケースが増えています。もちろん、商品として販売できるものであることが条件ですが、趣味からハンドメイド作家になることも難しくありません。しかし、生計を立てていくには、マーケティングのスキルが必要になります。

イラストレーター

イラストレーターは、自分が描いたイラストを販売する職業です。インターネット上での売買も多く、サイトのキャラクターやアイコンイラストなど様々な依頼があります。イラストスキルが必要になりますが、趣味でイラストを描く方はフリーランスとして販売してみることがおすすめです。

「働きたくない」と思ってしまう原因3つ

働きたくない人は、仕事を選択する前にその原因を明確にしておきましょう。働きたくない原因に合わせて、仕事を選択すればミスマッチを防ぐことができます。原因は大きく分けて3つあります。

原因1.仕事が面倒・楽しくない

1つ目の原因は、そもそも働くこと自体が苦手・面倒である場合です。

労働そのものを面倒に感じてしまうと、仕事を楽しく感じることができず、働きたくないと感じてしまいます。自分自身が心から楽しいと思える仕事を見つけることが重要です。好きなことを仕事にするように努力をしてみるといいでしょう。面倒だと思わないような職業を探してみることがおすすめです。

原因2.人間関係が煩わしい

2つ目の原因は人間関係が煩わしい場合です。人間関係に悩みを抱える方は非常に多く、人間関係が原因で働きたくないと感じてしまう場合があります。

https://twitter.com/2AoU5e7s7j5E9gc/status/1385402351863832587?s=20

苦手な人がいるわけでもなく、でも人と関わっていることが辛いという方もいるでしょう。人間関係が煩わしい場合は、ひとり作業系の職業に就くことがおすすめです。人間関係を最小限に抑えながら働く手段を考えることが重要です。また、フリーランスであれば顕著に人との関わりが少なくなります。自分自身が苦痛でない労働環境を構築することが大切です。

原因3.今の仕事が自分に合っていない

3つ目は、今の仕事にミスマッチを感じている場合です。例えば、仕事内容や責任感、通勤時間や人間関係・職場環境など、様々な要素から仕事が合わないと感じることがあります。

自分に合わない環境で働き続けていれば、もちろん精神的にも体力的にも疲れが溜まり、働きたくないと感じてしまうでしょう。今の仕事が自分に合っていない場合は、自分に合う仕事の要素を明確にすることが大切です。自分が求める要素を洗い出しておけば、仕事へのミスマッチを最小限にすることができます。

仕事を探す方法は2つ!メリット・デメリット

仕事を探す方法は、大きく分けて2つあります。

  1. 自力で探す
  2. 転職エージェントを活用する

各方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

自力で探す

転職サイトや求職サイトなどを活用して仕事を探す方法です。基本的にサポートを受けることはなく、自分自身の判断で求人に応募することができます。メリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット:マイペースに求職活動ができる
  • デメリット:自分自身の判断なのでミスマッチを生じやすい

自力で仕事を探す場合は、マイペースに求職活動を進めることができるので催促されるストレスなどはありません。しかし、自分自身の判断で仕事を探すことになるため、ミスマッチを生じやすく、同じことを繰り返してしまうケースがあります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用し、サポートを受けながら仕事を探す方法です。手厚いサポートを受けながら、希望に沿った会社選びを進めることができます。メリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット:サポートを受けながら希望に沿った仕事を選択できる
  • デメリット:担当者との相性やエージェントの方針が合わない場合がある

転職エージェントは、ミスマッチの少ない企業を選択できるメリットがありますが、エージェントの方針や担当者との折り合いが悪ければ希望に沿った仕事を選択できないデメリットもあります。自分自身に合っている転職エージェントなのかを見極めなければなりません。

会社の退職サポートと転職サポートを同時に受けることが可能な、退職代行サービスの活用もおすすめです。退職代行サービスでは、退職意向に代弁や退職手続きのサポートだけでなく、転職エージェントと提携して転職サポートを受けることができます。

あわせて読みたい

【動画あり】退職代行とはどんなサービス?辞めるまでの流れと利用上の注意点解説!

自分に合った仕事で無理なく働くことが大切

自分に合った仕事を選択することで、「働きたくない」という気持ちを防ぐことができます。自分に合わない仕事を無理に続けていくと、精神面も体力面も大きく消耗してしまいます。この記事を参考に、自分に合った仕事を探してください。

退職代行マイスターでは、記事内で解説した「退職代行サービス」についての情報を数多く提供しています。気になる方は、ぜひチェックしてください。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事