仕事全般の悩み

「働きたくない!」の心理とは?個々の価値観で変わる10の解決法!

「働きたくない!どう克服すればいいの?」

「働きたくない心理ってなんだろう?」

働きたくない心理や解決方法に悩んでいる方は多いでしょう。働きたくない現状を脱するためには、心理や原因を明確にすることが重要ですが、その価値観は人によって異なります。この記事では、働きたくない気持ちを生み出す心理や解決策を詳しく解説しています。悩みを抱えている方は、ぜひ目を通してください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

「働きたくない!」を生み出す4つの心理

働きたくない感情を生み出す心理は、大きく分けて4つあります。まずは、4つの心理を理解することが重要です。

  1. 「労働」そのものが嫌い・面倒
  2. 人間関係が苦手
  3. 責任を負いたくない
  4. 自分の価値を見出せない

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1)「労働」そのものが嫌い・面倒

「労働」そのものが嫌い・苦手であれば、働きたくないと感じてしまうのは当然の心理です。何が嫌なのか明確な理由はなく、ただ働かずに過ごしていたいという考えを持っている方がほとんどでしょう。労働行為そのものが苦手な場合は、できるだけ働く時間を軽減させることが大切ですが、生きていく上では難しいという課題もあります。

2)人間関係が苦手

人間関係が苦手であるため、働きたくないと感じてしまう人は大勢います。仕事内容がどれだけ楽でも、人間関係の悪さがストレスとなって働きたくない感情を生んでしまうのです。逆に言えば、仕事がどれだけ辛くても人間関係さえ良ければ頑張れるということにも繋がります。それほどに人間関係は大きな影響を与える因子です。

3)責任を負いたくない

仕事の責任感が起きすぎることで、働きたくない状態を生み出してしまうことがあります。責任感はプレッシャーやストレスと隣り合わせなので、過度な責任感が生じることで、働くことが嫌になってしまうのです。責任感の強い医療職や介護職に多く、役職持ちやリーダーの方も生じやすい心理です。

4)自分の価値を見出せない

自分に自信がなく、無価値な人間であると感じてしまうことで働きたくない感情を生じてしまう場合があります。仕事や職場環境が原因なのではなく、自分への自信の無さがネガティブ思考を生み出してしまう状態です。常に思考がネガティブになるため、働きたくない感情がどんどん増大してしまいます。

働きたくない心理を生み出すきっかけは4つ

働きたくない心理を生み出す理由因子が存在します。この因子が多ければ多いほど、働きたくない心理に繋がってしまいます。ここでは、働きたくない状態に繋がりやすい理由を解説していきましょう。

1.仕事内容や待遇とミスマッチを感じている

1つ目は、仕事内容や仕事の待遇にミスマッチを感じている場合です。仕事内容や会社の風潮、上司との相性や待遇への不満など、様々な因子が関わっています。

https://twitter.com/Fo1M8/status/1380574532122017795?s=20

仕事内容や待遇にミスマッチを感じてしまうと、仕事に対する前向きな気持ちがどんどん減少し、仕事に対して不満ばかりが膨れ上がってしまいます。ストレスと常に感じている状態で、心が疲れ、働きたくないと感じてしまうのです。

2.仕事に価値ややりがいを見出せない

2つ目は、仕事に価値ややりがいを見出せない場合です。仕事に意欲的になるには、仕事に対して価値を見出さなくてはなりません。しかし、仕事に価値を感じられないと、ただ無理をして業務をこなすだけのつまらない状況を生み出してしまいます。

価値がない仕事にはモチベーションを感じることができず、働きたくないという感情に繋がってしまうのです。仕事に価値を見出せない理由として、仕事内容に興味関心が持てない場合や、目標が不明瞭である場合が挙げられます。

3.ストレス発散ができず疲労している

3つ目は、ストレス発散ができず疲労している場合です。どんなに仕事のモチベーションが高くても、少なからずストレスは感じるものです。人間は些細なこともストレスと認識し、身体に溜め込んでしまう性質があります。

ストレス発散をうまくできている場合は問題ありませんが、ストレス発散をうまくできない方も多いでしょう。ストレス発散ができなければストレスは身体を蝕み、疲れを増大させてしまうのです。ストレスが蓄積した状態ではネガティブ思考や身体のだるさなどが現れ、結果的に働きたくない感情を生み出してしまいます。

4.プライベートと両立できない

4つ目は、プライベートと仕事の両立ができず、仕事への意欲が低下している場合です。人間は好きなことであれば何時間でも続けることができます。仕事とプライベートの両立ができないと、自分の好きなことに割く時間がどんどん少なくなってしまい、働きたくないという感情に繋がってしまうのです。

https://twitter.com/jobhuntinonfire/status/1385184917751877634?s=20

社会の中でワークライフバランスが重視されているように、仕事をがむしゃらに頑張る時代は過ぎ去りました。現代では、仕事をしながらいかにプライベートを大切にできるのかが重要です。

対処法はどこに価値を置くかで変わる

働きたくないと感じてしまう場合の対処法は、何に価値を置くのかで大きく変化します。ここでは価値を置くポイントを、お金・仕事の充実・プライベートの3つに分けて解説します。

「お金」に価値を置く場合

お金に価値を置く方は多いでしょう。お金を稼ぐことをモチベーションにしている方は大勢います。お金に価値を置く場合の具体的な対策を見ていきましょう!

スキルアップで昇給を目指す

今現状のお給料に満足していない場合は、スキルアップで昇給を目指すことがおすすめです。例えば、資格手当のある会社なら資格取得を目指してみる、昇級試験のある会社なら試験対策を初めてみるなど、具体的に行動することが重要です。収入がアップすれば、それだけモチベーションも高まるので、働きたくない状態を脱することができます。

給料のいい会社へ転職する

今の会社では収入アップを見込めないのであれば、給料の良い会社に転職することがおすすめです。実際に給料アップを目的に転職を試みる方は大勢います。ぜひ、求人を探しながら給料アップを目指してみてください。転職にリスクを感じる方は、以下の記事もチェックしてください。

「仕事の充実」に価値を置く場合

仕事の充実に価値を置いている方もいます。仕事を生きがいとしている方も多いでしょう。仕事の充実に価値を置く場合には、3つの対策がおすすめです。

やりがいのある仕事・好きな仕事をする

仕事を充実させたい場合は、好きな仕事・やりがいのある仕事に就くことが一番です。興味関心のない仕事を頑張っていても、やりがいを得ることは難しいため、興味関心のある仕事を探しましょう。自分自身がチャレンジしたい分野や職種は何か、そのためには何が必要なのかを明確にすることが大切です。

目標を立てる

今の仕事に目標を持っていますか?仕事に充実感がないことから働きたくないと感じる方の多くは、仕事への目標やゴールを持っていません。しかし、目標やゴールがなければ、仕事のモチベーションを高めることは難しいです。今の仕事でどう在りたいか、何を目指したいのかを明確にすると、仕事に対する意欲が向上するでしょう。

仕事に対する考え方を変容する

仕事に対する考え方を変容させることも重要です。例えば、意味のない仕事だと感じていても、どこかで役立つスキルが身に付く可能性があります。仕事に対するネガティブな感情を捨て、ポジティブに捉えることがおすすめです。仕事に対してだけでなく、自分自身に対してもポジティブな考え方ができれば、より仕事に価値を見出すことができます。

「プライベート」に価値を置く場合

プライベートに価値を置く方は非常に大勢います。ここでは、5つの対策を解説しましょう。

仕事とプライベートのメリハリをつける

仕事とプライベートのメリハリがつけられていない方は多いでしょう。持ち帰り残業や休日にも仕事をしているなど、プライベートの時間に仕事をしていませんか?仕事とプライベートのメリハリを付けなければ、プライベートを充実させることはできません。仕事の日はしっかりと仕事をこなし、休日は思いっきり遊ぶことが大切です。仕事とプライベートの境界線を明確にしましょう。

ご褒美やリフレッシュ期間を用意する

ストレスを溜め込まないように、自分へのご褒美やリフレッシュ期間を用意することも大切です。例えば、週末は美味しいものを食べる、有給を使って旅行をするなど、ストレスが発散できるような生活を取り入れることがおすすめです。ストレスを溜め込んでいくと、精神的にも身体的にも疲れが溜まってしまいます。時には自分を思いっきり甘やかしてリフレッシュすることで、仕事へのモチベーションを高めることが可能です。

貯金をして働かずに生活する資金を作る

働きたくない気持ちがどうしても消えない場合は、「働かない環境を作ること」を目標にすることがおすすめです。人間は生きていくために働きますが、生きていくためにはお金が必要です。働かない体制を整えるためには、ある程度の生活資金が必要となります。目標を立てて、貯金や資産運用にチャレンジしてみるといいでしょう。

思い切ってフリーターやフリーランスに転身する

フリーターやフリーランスに転身することもおすすめです。最近では、フリーターで生活をする方も増えています。ある程度勤務できるアルバイトがあれば、十分に生活していくことが可能です。また、フリーランスとして自力で生計を立てていく方法もあります。思い切って正社員から脱してみることで、プライベートを重視した生活をすることができるでしょう。

ワークライフバランスの取れる会社へ転職する

ワークライフバランスの取れる会社へ転職することもおすすめです。フレックスタイム制や在宅勤務制などを取り入れている会社であれば、プライベートを重視した働き方に変容できます。ワークライフバランスを保てるように、自分に合った仕事を選びましょう。

働きたくない!でも働くメリットは多い

働きたくない方に向けた解決策をご紹介しました。働きたくないから仕事を辞めたいと考えてしまう方は多いですが、働くメリットは非常に多いと言えます働きたくない場合でも働き続けるメリットを見ていきましょう。

収入につながる

やはり大きいのは収入面です。特に会社員はさまざまな制度で守られ、安定した収入を得ることができます。働きたくない場合でも、収入を重視する場合が働き続けるメリットは多いでしょう。収入面も踏まえて、働く・働かないの選択をすることが重要です。

スキルアップを目指せる

興味関心のない仕事でも、働いていることでスキルアップを目指せる場合もあります。スキルがあれば、今後の転職にも役立てることができるため、続けるメリットは大いにあります。今後の人生計画で、どのように働いていきたいのかを明確にしていきましょう。その上で今の仕事は続けるべきなのかを考えることがおすすめです。

忍耐力が身に付く

働きたくなくても続けることには必ず意味があります。特に、忍耐力はどのような企業でも重視されるスキルであるため、続けることができるなら続けておく方が今後の力になります。どうしても頑張れない場合は無理をしなくてもいいですが、まだ頑張れると感じている場合は忍耐力のトレーニングをしてみましょう。会社を辞める判断基準がわからない場合は、以下の記事もご覧ください。

無理なく働く体制を取り入れる

無理をして働くことは、ストレスや疲労に繋がります。働きたくないと感じてしまう方は多いですが、自分自身に合った働き方を構築していくことが大切です。無理なく働くことを意識して、この記事を参考に行動してください。

退職代行マイスターでは、労働に関する悩みや退職代行に関する情報を提供しています。ぜひ、他の記事もチェックしてください!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事