仕事全般の悩み

「働きたくない病」の特徴とは?原因や解決策を知って乗り越えよう

「もしかすると、働きたくない病かもしれない…」

「働きたくない病ってどんな病気なの?解決できるの?」

働きたくない気持ちが頭を占めてしまう「働きたくない病」は、医学的な疾病ではありません。働きたくない気持ちが大きい状態を指す働きたくない病ですが、簡単に改善することが難しく、悩みを抱えている方も多いでしょう。この記事では、働きたくない病の特徴や解決策を詳しくご紹介します。働きたくない病に悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

「働きたくない病」の特徴は4つ

働きたくない病には4つの特徴があります。前述した通り、働きたくない病は医学的な疾病ではないため、正確な判断をすることはできません。しかし、以下の特徴に当てはまる場合は、働きたくない病である可能性が高いと言えるでしょう。

特徴1)仕事へのモチベーションが低い

1つ目の特徴は、仕事へのモチベーションが低い点です。仕事に対して「頑張ろう」という気持ちがなく、ただ毎日をこなすことが精一杯な方は働きたくない病であるケースが多いと言えます。

仕事をこなす上で何かしらのモチベーションは必要です。例えば、お給料やノルマ、プライベートの充実など、モチベーションを感じる点は人によって異なります。長い期間モチベーションを感じていない方は、働きたくない病を疑いましょう。

特徴2)休んでも疲れが取れない

2つ目の特徴は、どれだけ休んでも疲れが取れない点です。個人差はありますが、一般的に週休2日であれば仕事の疲れリフレッシュすることができます。しかし、何日休んでも疲れが取れない方はストレスが蓄積し、働きたくない病にかかってしまっている可能性が高いです。

休んでいるはずなのに疲れが取れない方は、働きたくない病を疑うべきでしょう。

特徴3)出勤が億劫・憂鬱

3つ目の特徴は、出勤が億劫・憂鬱になってしまう点です。日曜日の夜や出勤日の朝などに著しく気分が低下してしまう場合は、働きたくない病である可能性が高いと言えます。

出勤時間ギリギリまで布団から出られない、準備が億劫で進まないなど、仕事にいきたくない気持ちが顕著に現れている場合は、働きたくない病を疑いましょう。

特徴4)出勤前に体調不良が生じる

4つ目の特徴は、出勤前に体調不良が生じる点です。出勤前に限って、吐き気や腹痛などの体調不良が生じる方がいますが、非常に危険な状態です。働きたくない病を通り越して、精神疾患にかかっている可能性があります。

https://twitter.com/Amamya05/status/1378826092039966722?s=20

明確な理由がある場合・ない場合にかかわらず、出勤前の体調不良が顕著に出ている場合は心療内科を受診することがおすすめです。更に状況が悪化しないよう、適切な対処法を講じましょう。

あわせて読みたい

仕事に行きたくない!「吐き気」が生じる原因や対策を解説

働きたくない病を生じる原因

働きたくない病を生じる原因はさまざまです。ここでは、原因として考えられる要素を解説していきます。自身の状況とマッチするものがあるかどうか、確認していきましょう。

仕事内容や待遇へのミスマッチ

仕事内容や待遇へのミスマッチが原因になっている場合があります。例えば、業務内容・労働時間や給料などの要素があります。仕事や会社のミスマッチは不満を増大させ、働きたくない病を引き起こす可能性が高いです。モチベーションを低下させ、仕事の価値を感じられなくなってしまいます。

人間関係や職場環境が合わない

人間関係や職場関係が合わないことで働きたくない病を生じさせる場合があります。上司や同僚・部下との人間関係や、職場の雰囲気・社風・通勤時間などが合わないことで、仕事に対するストレスが増大してしまいます。ストレスがどんどん膨れ上がり、蓄積することで働きたくない病を生じてしまうのです。特に人間関係は改善が難しいため、職場に居座り続けることで苦痛が大きくなっていきます。

仕事のマンネリ化

仕事のマンネリ化が働きたくない病を生じる場合があります。例えば、仕事内容や作業が単純で、面白みを感じられないケースです。また、長期間同じ会社で勤務し続けている方もマンネリ化しやすい傾向にあります。どれだけ好きな仕事でも、同じことを何年も続けていれば飽きが生じます。自分自身で飽きいない対策を講じていれば問題ありませんが、多くの方はマンネリを経験し、働きたくない病にかかってしまうのです。

適正評価を得られない

上司や会社から適正な評価を得られないと、働きたくない病につながる可能性があります。特に、評価されることを重要視している方に多い原因です。仕事をきちんとこなし、評価を受けるべきスキルを身につけているのにも関わらず、なかなか評価に繋がらなければ不満が蓄積します。もどかしい気持ちから、会社への信用を失うこともあるでしょう。結果的に、働きたくない病を生じてしまうことになるのです。

責任が重い

仕事の責任が重すぎることで、働きたくない病を生じるケースは多々あります。責任が重い仕事を続けていると、知らないうちにストレスが蓄積していくため、上手く発散しなければリスクは高まります。特に、責任の重さに対する待遇面が不足している場合などは会社への不満が増大し、働きたくない病に繋がってしまうのです。

プライベートに問題を抱えている

会社や仕事に原因はなくても、プライベートに問題を抱えていれば、働きたくない病に繋がってしまう場合があります。特に、家族関係や恋愛関係などが多い傾向にあります。プライベートに思考が左右されてしまうことで、仕事に対するモチベーションが低くなり、働きたくない病に繋がってしまうのです。精神的健康が低下してしまうことも原因です。自身で解決できる問題ではありますが、自身で解決できないと改善が難しい原因でもあります。

働きたくない病の原因・理由を明確に

働きたくない病を解決する場合は、働きたくない病を引き起こしている原因を明確にしなければなりません。原因が不明瞭なままでは、解決策を考えることができないためです。前述した原因の中にない場合でも、自分がなぜ働きたくないのかを考えてみましょう。紙などに書き出しておくと分かりやすくておすすめです。

具体的な対処法・予防法5つ

ここからは、働きたくない病の具体的な対処法・予防法をご紹介します。働きたくない病を引き起こしている原因を明確にした上で、チェックしていきましょう。

1.仕事の目標やゴールを決める

仕事へのモチベーションを高めるために、仕事の目標やゴールを決めることが有効です。人は明確なゴールに向かって頑張る力があります。ただ何となく仕事をこなすのではなく、自分なりのゴールを決めるといいでしょう。初めのうちは小さな目標でも構いません。例えば、ノルマを◯回にする・残業を週2日までにする・半年以内にこの仕事を覚えるなど、自分自身がチャレンジしやすい目標を立てることが大切です。

2.一度仕事から離れて休息する

ストレスや疲れが溜まっている状態であれば、一度仕事から離れて休息をすることがおすすめです。公休だけでは疲れが取れない場合がほとんどなので、有給を活用してまとまった休みを取ることが大切です。また、体調不良などが著しい場合は、休職制度も活用してみるといいでしょう。休みを取ることが申し訳ないと感じる方も多いですが、身体を壊してしまっては元も子もありません。まずは、ゆっくりを休むことが大切です。

3.ストレスを発散する

ストレスを発散することが大切です。ストレスが溜まっていると感じる時は、思いっきり身体を動かしたり、声を出してストレス発散をしましょう。また、定期的にストレス発散の場を設けることが重要です。自分なりにストレス発散方法を持っておくことで、身体にストレスを溜めることを予防できます。ストレス発散がわからない場合は、とにかく身体を動かす・声を出す・好きなことをするといいでしょう。

4.プライベートを充実させる

プライベートを充実させることができれば、仕事へのモチベーションを維持することができます。ワークライフバランスが重要であるため、仕事だけに傾かないように注意するべきです。例えば、趣味を見つけることや、家族や恋人との時間を充実させるなど、仕事を忘れて夢中になれることがおすすめです。休みの日はただゴロゴロしているだけ…という方も、たまに外に出て身体を動かしたり、友人と食事に行く機会を設けるといいでしょう。

5.仕事や働き方を変える

どうしても働きたくない病が改善しない場合は、転職をして仕事を変えることや、フリーター・フリーランスなど働き方を変えることが有効です。したくない仕事を無理に続けていると、ストレスが増大してしまいます。自分の好きな仕事や興味関心のある仕事に転職することで、働きたくない病が改善する場合もあります。会社という空間が苦手な場合は、在宅勤務やフリーランスがおすすめです。自分に合った仕事は何なのか、考えてみるといいでしょう。

また、転職をする場合は退職意向の代弁や退職手続きのサポートをしてくれる「退職代行サービス」の利用がおすすめです。

あわせて読みたい

「働きたくない病」と精神疾患を区別する

先ほど少し触れたように、働きたくない病なのか精神疾患なのか明確に区別することが重要です。近年ではストレス社会と呼ばれるように、労働のストレスから精神疾患を生じる方が増えています。適応障害やうつ病など、今後の生活に影響する恐ろしい疾患もあるため、注意が必要です。

身体症状や鬱傾向が強い場合は病院へ

  • 吐き気・嘔吐
  • 腹痛
  • 便秘・下痢
  • めまい・ふらつき
  • 涙が出てくる
  • うつ傾向が強い
  • 食欲がない
  • 不眠

これらの症状が強い場合は心療内科や精神科の受診を検討しましょう。更に悪化してしまわないよう、早めの行動が大切です。

あわせて読みたい

「仕事行きたくない病」は放っておくとキケン!原因や克服方法を解説

働きたくない病は克服できる

前述したように、働きたくない病は医学的な疾患ではありません。自身の取り組みで改善できるケースも多く、早めの対処が重要です。精神疾患のリスクを軽減するためにも、働きたくない病の原因を明確にした上で適切な対策を講じましょう。

退職代行マイスターでは、記事の中でも解説した退職代行サービスに関する情報を提供しています。気になる方は、ぜひチェックしてください。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事