仕事全般の悩み

「本当に働きたくない!」原因が分かればポジティブに行動できる

「本当に働きたくない」仕事をしていると、モチベーションが下がることがありますよね。しかし働きたくないからと言ってすぐに仕事を辞めるわけにはいかず、気持ちが落ち着くまで悶々とした時間を過ごすことになります。

そこで「本当に働きたくない」ときには、原因と向き合ってみましょう。原因が分かればその先どのように行動すればよいかが見えてくるからです。

自分が働きたくないと思う原因・理由を明確にし、どのように打開していけば良いかをご紹介します。働かないとどうなるか、働くことのメリットもなども同時に知れば、ポジティブな行動ができますよ。

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることを目標に本プロジェクトを立ち上げる。自分たちの退職時の経験から悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

使いやすさNo.1 退職代行ランキング

本当に働きたくないと思う原因・理由

本当に働きたくないと思う原因・理由は人それぞれです。自分の状況に当てはまらないかを確認して、行動に移してみましょう。

勤務時間が長いため働きたくない

働きたくないと思う理由に、勤務時間が長いことが挙げられます。長時間にわたって職場に拘束されると、体力・気力共に奪われてしまうのです。

自分だけに仕事の負担がかかっているなら、一人で抱え込まずに上司や同僚に相談しましょう。自分の仕事が遅いという場合には、仕事ができる人に相談しても良いでしょう。

仕事を効率的にこなすことは、会社にとっても生産性が上がるためプラスになること。「みんなで協力して早く仕事を終わらせたい」という前向きな態度で、「どうしたら早く帰れるか」を考えましょう

自分に向いている仕事ではない

自分に向いている仕事ではない時にも、働きたくないと思うことがあります。向いていないと思って仕事をすると、やりがいを見出すこともなく向上心を抱くこともないでしょう。

そんな時は、職場で「自分がやりたい事」を探し主張してみましょう。職場の同僚や上司は毎日顔を合わせる存在でありながら、お互いどんな仕事をしたいのかを話す機会はなかなかありません。

内容次第では、案外簡単に主張が通ることもあります。どうしても納得できない場合には転職を検討しましょう。「自分の仕事」と向き合うことができれば、困難があっても前向きに取り組むことができますよ。

労働に見合った賃金がもらえない

労働に見合った賃金がもらえない場合にも、働きたくないと思うことがあります。賃金は目に見える評価であり、賃金が安いと自分の価値が否定された気持ちになるのです。

この場合には、会社と交渉するよりも転職活動をおすすめします。実際の転職活動というよりも、自分の市場価値を知ることだと心得ましょう。求人を見ると現状自分はどれくらいの賃金で働けるのかが明確になり、キャリアアップのために必要な資格が分かります。

市場価値を理解したり資格を取得したりして、「賃金を上げてほしい」と訴えれば会社と交渉ができるでしょう。それでも状況が変わらないなら、転職活動を進めれば良いのです。

そもそも人と関わりたくない

働きたくない原因として、そもそも人と関わりたくないケースがあります。人間関係が円滑ではない場合も同様ですが、我慢するしかないと思うとストレスが重なり、ますます働きたくない気持ちが増幅されてしまうのです。

「人との関わりも仕事のうち」と割り切ることができれば、吹っ切れる事があります。思い切り私生活を充実させて、職場に入ったら即仕事スイッチを入れてみましょう。素早い切り替えで、案外スムーズに解決できることがありますよ。

人との関わりを割り切れれば、相手の理不尽な態度や威圧的な態度にも冷静な対応をすることができます。結果仕事もスムーズに進められるため、損をすることはないのです。

仕事で成果が上げられない

働きたくないと思う理由に、仕事で成果が上げられないという場合があります。仕事そのものが嫌いではないため、成果が上がればモチベーションが上がり、自信を持つことができるでしょう。

この場合には、できる人を真似る事から始めましょう。心理学でもよく使われるモデリングという方法で、自己流で成功を目指すよりも、短時間で成果を上げる事が期待できます。

真似る方法が軌道に乗ったら、そこに自己流を少しずつ足してみましょう。成果が出れば自信になり、自己流を足すことで、いつしかそれが「成果が上げられる自分の方法」になるのです。

「働かない」とどうなるのか

「本当に働きたくない」と思う気持ちのまま実行に移すとどうなるのでしょう。「働かない暮らし」の状況や考え方の変化を時系列に辿ってみましょう。

ステイホームを強いられる

働かないと、ステイホームを強いられることになります。お金を使わないことを考えるため外出が減り、人との接触が次第に少なくなるのです。

はじめのうちは「何もしなくて良い」ことが解放的に感じるでしょう。毎日漫画や映画、SNSを見たり、昼寝をして過ごすようになります。次第に面白くなくなりますが、することがないため「やめる」という決断に至りません

人間関係が希薄になったことにより、ブログを書いたりメールを送ったりという動作も少なくなります。目標を持つこともないため、新しいことへのチャレンジや努力は皆無になるでしょう。

生活そのものが面倒になる

働かない生活が日常になると、段々と生活そのものが面倒になってきます。外に出て人と会う機会がないため、身なりに気を遣うことがなくなり、お風呂や食事さえも億劫に感じるでしょう。

働いているときは自分が「好きな事」「楽しいと思うこと」を考えて行動していたはずです。しかし働かなくなると、自分の感情よりも「楽かどうか」で判断するようになるため、感情が次第になくなります。

そうなると心はもちろん、身体も次第に蝕まれるいくでしょう。衛生を保つことを諦め、食べることさえ億劫になり、病気や体調不良の原因を自ら作り出してしまいます。

罪悪感を感じるようになる

ひたすらごろごろする生活を繰り返すと、罪悪感を感じるようになります。刺激のない毎日が繰り返され「このままで良いのか」「これが求めていた幸せか」と考えるようになるでしょう。

段々と働かないことが苦痛になり、楽な生活だけが幸せではないということに気付きはじめます。働かないというのは、生活の中で面倒な事が一つ減っただけのこと。決して生活が充実するわけではないのです。

「罪悪感を感じる」ということは、自分がすべき事に気付いたということ。目的や目標に向かって努力してこそ、束の間の休息が特別な時間に感じられるのです。

「本当に働きたくない」気持ちを打開する方法

本当に働きたくない気持ちの時には、具体的な行動に移すことをおすすめします。すべての条件を満たす働き方は不可能ですが、不満の解消方法や新しい考え方により打開できることがありますよ。

今後の人生を考えると目標が明確になる

働きたくない気持ちの時には、今後の人生を考えてみましょう。働きたくない気持ちにスポットを当てるのではなく、「何をしたいか」を明確にするのです。

やりたい事や目標が明確になったら、現状で実現できるかを考えましょう。必要があれば異動や転職を検討しても。難しく考えず「明日死んでも後悔しない生き方」をすれば良いのです。

生活できる程度のお金を稼ぎ、やりたいと思ったことにチャレンジしましょう。働きたくない気持ちに従い、退職することは簡単です。目標と働き方を天秤にかけて、自分が後悔しない人生を考えましょう。

仕事を休んでリフレッシュする

働きたくない気持ちの時には、仕事を休んでリフレッシュするのも良い方法です。有給休暇を取得すれば、金銭的な心配をすることなく休むことができます。働きたくないから即退職というのではなく、上手に会社の制度を利用しましょう。

仕事を休んで、言葉や価値観が違う外国を旅するのもおすすめです。長い休暇が取れない場合には、一日中部屋にこもって気が済むまでだらだらしても良いでしょう。しかし出勤する前日になって「無駄に過ごしてしまった」という気持ちになると逆効果です。

休む時には「リフレッシュする日」と決めて、何をするかを決めておくと良いでしょう。また休暇を取得する際には、「働きたくない」と言うとトラブルになるため、「家族の病院受診に付き添う」「帰省する」など、適した理由を添えましょう。

副業にチャレンジして自分の可能性を広げる

副業にチャレンジして自分の可能性を広げると、働きたくない気持ちを打開できることがあります。働きたくない気持ちから意識を逸らすことができ、自分の適性にチャレンジすることができます。

また本業とは別の収入源を持つことで本業にとらわれなくなり、気持ちが安定することもあるでしょう。副業の方が向いている、生活収入を確保出来そうだという場合には、思い切って副業を本業にすることも可能です。

副業はたくさん存在しますが、なかには膨大な仕事量を安い賃金で依頼したり、賃金がスムーズに支払われなかったりするケースがあります。トラブルに巻き込まれてしまっては本末転倒なので、慎重に選びましょう。

自分にとってストレスが少ない働き方を探す

本当に働きたくない場合には、自分にとってストレスが少ない働き方を探しても良いでしょう。そのためには何がストレスになっているかを知れば、どのような働き方をしたら良いかが分かります。

拘束時間がストレスになっている場合には雇用形態を見直し、賃金が低い場合には必要な資格やスキルを身につけましょう。同時に、世の中が求めるスキルや自分の強みを知ることができれば、働き方の選択肢を増やすことができますよ。

働く基準を明確にしておけば探しやすいですが、自分にとってストレスが少ない働き方が分からない場合には、とりあえず一度気になる雇用形態で働いてみる事をおすすめします。

あわせて読みたい

会社を辞める決め手は4つのタイミング!退職の判断基準もご紹介

働くことは自分のメリットになる

働きたくないからと退職をしても、今抱えている問題がすべて解決するわけではありません。勢いだけで退職をして後悔することもあるでしょう。それならまずは、現状で得られるメリットを考えてみましょう。

固定給で安定した生活を送れる

働いていれば固定給が支払われます。固定給が得られれば安定した生活が送れ、お金の心配をすることは少ないでしょう。

固定給は、成果が思うように上げられなかった時、長期休暇があった時でも変わらず支払われます。残業代や夜勤といった割増賃金が発生することもあるため、自らで収入を得る場合よりも、楽に安定した生活を手に入れることが可能です。

会社にとって必要な資格を取得できれば、資格手当として増額も期待できます。大幅に固定給が上がることは期待できませんが、自分のモチベーションさえ維持することができれば、お得なシステムといえるでしょう。

信用を得る事ができる

働くことで、社会から信用を得ることができます。多くの人は「働きたくない」と思っているのに対して、働いていないと後ろ指を指されることがあるでしょう。よって自分が働いていないと、親戚や友達とも会いにくくなります。

定職に就いていれば、クレジットカードやローンの審査にも通りやすく、保証人なしでも賃貸契約を結べることがあるでしょう。働いているということは、一種の印籠なのです。

転職活動を進める場合にも、「働いていなかった」という人と「直近まで働いていた」という人では、働いていた人の方が採用されやすくなります。働いているということは、それだけで世間的評価を得る事ができるのです。

働くことで喜びや幸せを感じる事ができる

働くことによって、働かない状況下では得られない喜びや幸せを感じる事ができます。働かないとしばらくは幸せを感じますが、徐々に時間を持て余すようになり刺激がないことに苦痛を感じるようになります。

「ゲームが面白い」「食事がおいしい」といった感情は、本来すべき事をしてこそ得られる喜びや満足感であり、すべき事から目を逸らした状況下においては、生活の一部にすぎません。週末のビールが美味しいのもこのためです。

人は困難を乗り越えた後のご褒美に大きな満足感を抱くため、働くことは幸せを感じるまでの過程ととらえましょう。納得した仕事ができれば、毎日のように幸せを感じる事ができますよ。

働きたくない時こそ原因を明確にして行動しよう

働く人の大多数は、「本当に働きたくない」という気持ちを抱いた経験があります。原因や理由は人それぞれですが、それに向き合うことで今後どうすべきかを明確にすることができるでしょう。

働かないと徐々に精神を蝕まれ、生活そのものが面倒になりやがて罪悪感を感じるようになります。固定給や社会的信用など、働くことで得られるメリットに焦点を当てましょう。上手に自分をコントロールできれば、ポジティブな行動にうつすことができますよ。

堂々と前向きに生きるために、働きたくない気持ちから抜け出す方法を試してみましょう。きっと未来を輝かせることができるはずです。

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ニチロ―

    退職代行ニチロ―
    ニッチローさんがイメージキャラクターを務める日本労働調査組合が運営。労働組合であり、法の御三家である弁護士、社労士、税理士が顧問に入っているため安全性が非常に高いのが特徴。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
関連記事