初心者ガイド

退職代行の仕組みとは?利用時の注意点解説!

退職代行ってどんなサービス?
  • 「退職したいけど言い出せない」
  • 「辞めさせてくれない」

このように退職できずに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

そのようなときに便利なのが、退職交渉を代理で行ってくれる「退職代行」です。

本記事では、退職代行の基本的な仕組みをわかりやすく解説します。

最後まで読んでいただくことで、退職代行サービスについて一通り理解することができるので、お付き合いください。

退職代行サービスを利用されたことがない方は、併せて以下の記事も参考にしてみましょう!

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標。自身の退職時の経験から退職希望者の悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

退職代行とは

退職代行とは
退職代行とは

退職代行とは、労働者に代わり会社に連絡して退職の交渉を行うサービスのこと。労働者の権利に基づき、代理人が手続きを進めることで円滑に退職ができる。

人手不足が加速する昨今、退職したくても上司から在職強要を受けることは少なくありません。忙しい状況下で退職を言い出すのは気まずいですし、嫌がらせを受けることもあるでしょう。

「今すぐ辞めたい」「誰にも会わずに退職したい」を叶えてくれるのが、退職代行サービスです。では、退職代行サービスの基本的な仕組みについて解説します。

退職代行を運営する団体によるサービス内容の違い

退職代行の運営団体は3つ

退職代行は「一般企業」「弁護士」「労働組合法人」の3つが運営しており、それぞれサービス内容が異なります。

運営元によっては有給や退職金などの交渉ができない場合もあるので、注意が必要です。

では、運営元による違いや料金相場について見てきましょう。

アクション労働組合法人弁護士一般企業
会社への通知
即日退社
会社との交渉×
裁判の代理人××
料金相場2~3万円3~10万円2~3万円

上記のように、一般企業と労働組合法人は安価で、弁護士に依頼すると料金が高額です。料金が異なる理由は、以下の2つが挙げられます。

  • 会社との交渉ができるかどうか
  • 裁判の代理人ができるかどうか

スムーズに退職手続きが済めば良いのですが、会社側が「辞めさせない」「有給は使わせない」と言ってきたときは交渉が必要になります。

このときに一般企業が運営する退職代行サービスだと、交渉自体が違法行為になるため交渉が行えません。

逆に、弁護士や労働組合法人であれば会社との交渉が認められています。

労働者の権利を主張し、会社の思い通りにさせないためにも、交渉できる「弁護士」や「労働組合法人」を選ぶのが賢明です。

弁護士に依頼すれば「裁判の代理人」ができますが、一般的な労働者であれば退職するときに裁判沙汰が起こることはめったにありません。裁判になるほど会社に多大な損害を与えていないのであれば、安価で交渉まで可能な労働組合法人が運営している退職代行がおすすめです。

ポイント労働組合法人運営がおすすめ

退職代行で実際に辞めるまでの流れ

退職代行を依頼する会社を決めたら、実際に申し込んで退職手続きを進めることになります。では、退職代行で実際に辞めるまでの流れを見ていきましょう。

①申し込み・打ち合わせ

退職代行の流れ1

退職代行を依頼する会社を決めたら、ホームページから問い合わせ先に連絡します。電話やメール、LINEで問い合わせができるので、都合の良い方法を利用しましょう。

LINEでの問い合わせが人気!

無料相談をして見積もりを出してもらい、信頼できるかどうか見極めてください。退職代行を依頼する会社を決めたら本契約に移り、担当者と打ち合わせを行います。

退職代行業者との打合せ内容
  • 退職理由
  • 会社に連絡する日時
  • 会社との交渉内容(交渉可能な場合のみ)

上記3点について、しっかり話し合いましょう。有給申請や離職票等の発行要請、未払い賃金の支払い請求など、交渉したい内容をきちんと伝えてください。

退職代行業者との打ち合わせは直接会うことは少なく、メッセージでのやり取りが一般的です。

退職代行の会社が遠かったり、外出できなかったりする状況でも、オンラインですべて完結させることができます。

②担当者が会社へ連絡

退職代行の流れ2

打ち合わせで決めた日時や内容をもとに、担当者が会社に退職の連絡をします。労働者(依頼者)が会社とやり取りをすることはありません。

業務の引継ぎやその他要件で出勤要請が出ても、交渉可能な会社であれば断ってくれます。上司や同僚との接触を一切断つことができるので、対人ストレスを軽減できるのは退職代行の大きなメリットです。

担当者が会社へ連絡した後、会社の上司から電話がかかってくることがあります。本当に本人が退職代行に依頼したのか確認するためだったり、直接話して説得したりするためです。

電話の対応もしたくない場合は、「会社から電話をかけないでほしい」と伝えてもらいましょう。それでも電話がかかってくる場合は無理に応答せず、退職代行の担当者に連絡して折り返しをしてもらってください。

会社から電話があっても無理に出る必要はなし!

ポイント 会社から電話があっても無理に出る必要なし

③連絡後担当者より完了報告

退職代行の流れ3

担当者が会社に退職の連絡を入れたら、完了報告があります。

後日、依頼者は退職届等を会社に提出する必要がありますが、郵送で問題ありません。

会社への連絡や書類による手続きがすべて終われば、晴れて退職完了です。

退職代行の会社によってはアフターフォローとして、失業保険の申請サポートや転職活動サポートをしてくれる場合もあるので、希望に合わせて利用してみてください。

退職代行サービス利用時の注意点

退職代行サービスを利用するとしても注意が必要

退職代行サービスを利用すれば、必ず円満に退職できるわけではありません。

仕事内容によっては引継ぎをしなければならなかったり、出社しなけれならなかったりする場合があります。

また、会社側から必要書類が送られてこない等のトラブルも起こりやすいので、あらかじめ打ち合わせで明確にしておく必要があるでしょう。

では、退職代行を利用するにあたっての注意事項を解説します。

引継ぎ業務がある場合は必ず行うこと

退職代行利用時の注意点1

正社員は民法上で「雇用期間の定めがない労働者」にあたり、いつでも退職を申し入れることができます。

2週間前に退職を伝えればいつでも退職できることになり、有給休暇が2週間以上残っていれば出社することなく退職することは原則として可能です。

しかし、引継ぎ業務を行わないと会社に不利益が出たり、取引先を失ったりする可能性がある場合は、引継ぎをしなければなりません。

引継ぎ業務のための出勤要請に応じない場合は、会社から損害賠償請求をされる可能性があります。

また、引継ぎが不十分なまま一方的に退職すると、就業規則により懲戒処分になる可能性もあります。

退職代行を利用する場合でも、あらかじめ引継ぎは行っておくのが賢明でしょう。

有給申請の交渉は必ず行うこと

退職代行利用時の注意点2

退職代行に交渉を依頼するとき、有給休暇の申請は必ずお願いしてください。有給休暇は、申請を行わないと取得することができません。

使いきれなかった有給は消滅してしまうので、有給が消化できるように計算して退職日を設定することが大切です。労働者には有給休暇を取得する権利があるので、退職時に余った有給を消化することは問題ありません。

また、退職時の有給消化が認められない場合、交渉によって双方が合意すれば「有給の買い取り」が可能です。

交渉の項目として、有給消化と買い取りの交渉は必ず加えておきましょう。

必要書類の送付依頼を必ずすること

退職代行利用時の注意点3

企業の中には、離職票や年金手帳は本人が直接取りに来るべきという考えを持っていることがあります。

退職代行サービスを利用すると、会社から必要書類を送ってもらえないというトラブルがあります。

必要書類の例
  • 離職票
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

退職後に失業給付金を受給したり、新しい保険に加入したりするために、上記のような書類は必ず必要になります。

しかし、法的には会社が必ず発行しなければいけないという強制力がありません。

各種書類を受け取っておかないと、結局自分で連絡し、取りに行くことになります。

退職時に必要な書類を発行してもらえるよう、退職代行の交渉内容に必ず加えてください。

【まとめ】どうしても辞められない場合は退職代行の利用を!

退職代行とはまとめ

退職代行について一通り理解できましたか?

本記事で一通り退職代行の理解は深まったかと思います。退職代行についてもっと知りたいという方は、本サイトでより詳しく説明していますのでぜひとも閲覧いただき知見を深めてください。

仕事が辛くなってしまった時、逃げ出したいとき、退職代行を利用することは悪いことではありませんよ。

さあ、退職への一歩を踏み出そう!

退職への一歩を踏み出そう!

最後に簡単におさらいをして本記事を締めくくりましょう!

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

退職代行サービスを利用されたことがない方は、併せて以下の記事も参考にしてみましょう!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行EXIT

    退職代行EXIT
    退職代行企業の先駆けとなった、パイオニア的な退職代行サービス。数千件の実績で1度も退職できなかったケースはないという実力派!