初心者ガイド

退職代行はアルバイトやパート、派遣でも利用可能|

正社員以外でも大食代行を利用する必要は?

退職代行と聞くと正社員しか利用できないと思われがちですが、アルバイトや派遣社員、契約社員でも退職代行は利用できます。今回はアルバイトや派遣社員、契約社員で退職代行を利用するときの注意点や費用について説明していきます。

上司からのパワハラやモラハラ、セクハラを受けていて、退職を考えているアルバイト、派遣社員、契約社員の人はぜひご覧ください。

退職代行サービスを利用されたことがない方は、併せて以下の記事も参考にしてみましょう!

退職代行マイスターのプロフィール画像
案内人
退職代行マイスター 
久米村大地

『退職希望者』と『退職代行業者』の懸け橋になることが目標。自身の退職時の経験から退職希望者の悩みに寄り添い、安心して利用できる退職代行業者のみを紹介する。

アルバイト・パート・派遣でも費用は変わる?

アルバイト・パート・派遣社員の場合でも、正社員の退職代行と費用は変わらないことが多いです。稀にですが、退職代行サービスによっては、アルバイトやパートの場合は費用が安くなることもあります。

退職代行業者が行う業務は変わらない

アルバイト・パート・派遣社員の場合でも、正社員の退職代行と費用が変わらないケースが多い理由は、退職代行業者が行う業務は変わらないからです。退職代行業者との基本的な流れは下記になります。

退職代行利用時の基本的な流れ
  1. 退職代行業者に相談
  2. 担当者と打ち合わせ・費用の振り込み
  3. 希望日時に会社に連絡・依頼者へ完了報告

正社員の場合でも、アルバイト・パート・派遣社員の場合でも、上記の流れはほとんど変わりませんし、退職代行業者の業務も変わらないため、費用が変わらないことがほとんどになります。

雇用形態別退職時の注意点

ここからは、アルバイト・パート、派遣・契約社員などの雇用形態別に分けて、退職時の注意点を解説していきます。どの雇用形態でも退職代行を利用する流れは基本的に変わりません。

また、どの雇用形態でも退職代行サービスは利用できるため安心してください。

アルバイト・パートは即日退職可能

アルバイト・パートは、通常の場合は退職届の作成も必要なく、勤務先の規定に従い上司に辞めると伝えるだけで退職が可能です。ですが、現在はパワハラやモラハラなどの影響で、上司に辞めると伝えにくいことがあります。

パワハラのせいで辞めると伝えにくい場合や、辞めると言えない環境の場合は退職代行サービスを利用するのがいいでしょう。退職代行サービスを利用することで、職場の人に顔を合わせずに辞めることが可能です。

アルバイトやパートであれば基本的には即日退職も可能なので、ストレスやプレッシャーを感じている人ほど退職代行サービスの利用を考えてもいいかと思います。

派遣・契約社員は契約期間に注意

派遣・契約社員の場合は、有期雇用契約を結んでいるため、契約期間中には退職できない可能性があります。これは、退職代行サービスを使った場合でも退職できないことがあるため注意しましょう。

以下のケースに当てはまる場合は、例外として契約期間中でも退職が可能です。

  • 会社・雇用主との同意がある
  • やむを得ない事情がある

会社や雇用主との同意がある場合は、契約期間中でも即日退職が可能です。会社や雇用主との同意を得られる交渉は、退職代行業者ではなく弁護士が可能なため、弁護士に相談しましょう。

また、病気や転居、介護などのやむを得ない事情がある場合も、契約期間中に退職が可能です。こちらの場合は、退職代行業者に、親の介護で仕事を続けられないことを話し合っておきましょう。

派遣・契約社員は雇用契約に注意!

6か月以上勤務で有給取得が可能!

知らない人も多いのですが、パート・アルバイト・派遣社員でも有給休暇は存在しています。6ヶ月以上同じ職場で勤務している場合は、有給休暇が付与されているため、退職前に消化しておきたいところです。

退職代行サービスでは、退職を伝えるだけでなく、有給休暇の取得についても会社に相談してくれます。ただし、有給取得等の交渉には、弁護士か労働組合法人が運営しているサービスでないと難しいので、どちらかが運営しているサービスを受ける必要があります。

アルバイトやパートの退職代行であれば、裁判といった事態になることはないので、労働組合法人のサービスを探すようにしましょう。

有期雇用契約を結んでいると依頼を断られることもある

退職代行サービスは、パート・アルバイト・派遣社員でも問題なく利用できるサービスです。ですが、退職代行サービスによっては、有期雇用契約を結んでいる人の場合は、依頼を断られることもあります。

先ほども説明した通り、契約期間が定められている場合は、「会社・雇用主との同意」「やむを得ない事情がある」のどちらかに当てはまらないと契約期間中に退職できません。

契約形態によって、退職代行を断る業者もあるため、事前に確認しておきましょう。

有期雇用契約でも対応してくれる退職代行サービスを探そう!

【まとめ】退職代行は誰でも利用可能!

今回は、退職代行サービスをアルバイト・パート・派遣社員が利用するときの注意点について説明してきました。アルバイトやパート派遣社員は、退職代行サービスを利用できますが、正社員が利用するときと費用はほとんど変わりません。

また、派遣社員や契約社員の場合は、契約期間中だと退職代行サービスを使っても退職できないことがあるので覚えておきましょう。ただし例外として、会社との同意ややむを得ない事情がある場合のみ退職可能のため、一度退職代行サービスで相談してみましょう。

以下の記事で退職代行マイスターがおすすめする退職代行サービスを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの退職代行業者ランキング!安心して利用できる業者を厳選!!

退職代行サービスを利用されたことがない方は、併せて以下の記事も参考にしてみましょう!

厳選!おすすめ退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディアン
    東京労働経済組合(TRK)が運営。労働組合法人が運営しているため企業との交渉ももちろん可能、あなたの状況や意向に基づき円満退職に導いてくれます!
  • 退職代行SARABA

    退職代行SARABA
    退職代行SARABAは『株式会社スムリエ』と労働組合である『退職代行SARABAユニオン』がタッグを組んだ退職代行サービスです。
  • 退職代行EXIT

    退職代行EXIT
    退職代行企業の先駆けとなった、パイオニア的な退職代行サービス。数千件の実績で1度も退職できなかったケースはないという実力派!